カテゴリ:SKE48( 62 )

ミニライブ終了

ミニライブが終わりました。
やっぱSKE最高ですわ!
ちなみに観客は、ミニライブ過去最高の13000人だそうです。凄いな・・・

セットリストも誠に俺得な曲ばかり。
特に高田詩織センターの「抱き締められたら」と古畑奈和センターの「Glory days」は反則。
特に高田詩織の歌声は俺的にドストライクなので、聞いてて震えが走りました。
やっぱしーたんの声はいいわ・・・
誠に卒業が惜しい。

ライブで目立ったのは松井珠理奈でした。生で見るとオーラ半端無いです。
この後の握手、どうするべきか悩みます。

もう一度言いますが、ミニライブは最高でした。
握手会の前に、腹ごしらえしてきます。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-31 11:51 | SKE48 | Comments(0)

雨の握手会

SKEの握手会に来ています。
この前の11月同様、ミニライブが始まるのを待っていますが、覚悟していたとはいえ物凄い人手です。
ミニライブをより近くで見たいと前回より30分程度早く来ましたが、この時点で前回の人手を超えている気がします。

ネットの情報では、朝6時半で2000人はいたとか・・・
SKEの人気も凄くなりました。あの子達を好きな人がこれだけいるなんて、なんかうれしいですね。
この前と比べ、女性や家族連れが多いように感じます。また俺のようなおっさんもかなり多いです。

特に40代や50代と見受けられるような人もたくさんいます。あの一生懸命さ、潔さは老若男女に伝わるんですね。
これだけ人がいれば、知り合いの一人や二人いるんじゃなかろうか?というような感じです。
恐らく1万人は超えているでしょう。

この後の握手会、例によって握手件は3枚です。
まず、激混みは覚悟で今日が最後の秦佐和子の所には行こうと思います。
後は古畑奈和がいるレーンに行き、もう一枚はライブを見て考えましょう。

そして帰宅したらDMMで研究生公演と、SKE漬けの一日になりそうです。
4月のガイシも含め、たっぷりとエネルギーを充電したいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-31 09:56 | SKE48 | Comments(2)

総選挙開催決定

AKB48の総選挙、今年もやるそうです。
去年からの変更点は以下の通りとの事です。

・候補者は48G全員から、希望者による立候補制へ変更。
・4年以上在籍した卒業メンバーは立候補の権利有。
・劇場版(メンバー個人の握手券+CD)への投票権の追加。


去年の総選挙は、俺がSKEにはまるきっかけの一つとなったイベントです。
64位以内にSKEメンバーは15人も当選。
特にアンダーガールズ(17位~32位)には8人もランクインし、SKEが大躍進した選挙でした。
今年はというと、希望者による立候補制とというのが何とも言えないところです。

この総選挙はあくまで、「AKB48」のシングルの選抜メンバーを選ぶ選挙です。
すなわち、「SKE48」のメンバーが出馬しなくてはならない義理はありません。
ただ、全国に名前を売るのには非常にいい機会。ここをどう捉えるか。
一概に全員立候補すればいい、という訳でも無いような気がします。

今の所SKEで立候補を表明しているのは岩永亞美と松村香織、北原里英の3名。
北原里英は元々AKBのメンバーなので当然。
岩永亞美と松村香織は研究生という立場なので目立ってナンボ。これも当然と言えば当然です。

問題は選抜クラス。現在AKBとSKEを比べると、人気と知名度以外ではSKEの方が上。
そんな中、AKBの選抜を目指す事に一体どれだけの意義があるのでしょうか・・・
個人的には、SKEに関してはW松井クラスを含め「出馬しない」というのも有な気はします。

この辺の考え方をメンバーに任せたという事でしょう。
問題は、「出馬しないとやる気が無いように見えるから出馬する」という事がなければいいのですが・・・
48G全体のDD(誰でも大好き)と化しつつある小林よしのりさん曰く、「特攻隊の志願」と同じとの事。
俺も同じ事を感じました。例えは極端かもしれませんが色々物議を醸しそうです。

※特攻隊の志願 ・・・ 太平洋戦争末期の「特攻隊」は志願制。
ただ現場では志願しないといけないような雰囲気となり、事実上ほぼ強制だったそうです。
今回の総選挙もこうならなければいいのですが。


卒業生の立候補もイマイチ意味が分かりません。
恐らくお目当てであった前田敦子は(当然ですが)早々に不出馬を表明。
元SDNのメンバーを中心に何人かは出馬するようです。
今さら戻ってきてどうするつもりなのか・・・まあ何でもありなのがAKBではありますが。

AKB運営の考える事は解せませんが、去年同様無理をしない範囲で楽しみたいと思います。
立候補期間は来週日曜~4/7まで。まずは推移を見守っていきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-28 22:01 | SKE48 | Comments(0)

公演の出来 その3

チームE公演をチェックした後、同じようにチームKⅡ、チームSの公演もチェックしました。
チームKⅡは秦佐和子卒業を前にして久しぶりのフルメンバー。
チームSは女性限定公演、遠方限定公演と新たな試みでしたが、いつも通りの素晴らしい出来でした。

特にチームS。「制服の芽」公演は3年近くやっていますが、何度見ても飽きません。
冒頭の「恋を語る詩人になれなくて」で全てを吹き飛ばされます。さすがチームSです。

チームSはメンバーが変わろうが、環境が変わろうがいい意味でブレが全くありません。
常に全力を出し切ったいい公演を見る事ができます。S公演であれ?と思った事は一度も無いです。
逆に安定の出来が良すぎて、高田詩織の「枯葉のステーション」でウトウトする事はありますが・・・
(枯葉のステーションを高田詩織が歌うと、子守唄を聞いているみたいでなぜか落ち着きます。)

こうして公演にブレが無いという事は、メンバー一人一人のプロ意識の高さがなせる技だと思います。
チームEはまだ若い分、公演の出来に波が生じてきます。まだ成長過程なのでしょう。
こうした成長を見る事自体、48Gのコンセプト通りなのでそこが面白いんですけどね。

チームEもこのまま終わるようなチームではありません。レッスンで色んな意見が出ていると聞きます。
明日の公演では恐らくそれなりのパフォーマンスを出してくる事でしょう。
こうして切磋琢磨していき、どんどん成長していけばいいと思います。

こうした環境に身を置ける事って素晴らしいですね。
またそれを見続けて、色々考えるのが楽しいし勉強にもなります。
どうしたらもっとチームが良くなっていくのか。応用できる部分は自分にも応用したいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-24 18:48 | SKE48 | Comments(0)

公演の出来 その2

先日のチームE公演をチェックしましたが、なぜか面白くなく感じました。
そこで、この日休演していた都築里佳と古畑奈和がいた時の公演と見比べてみました。

2人がいる時の公演を見ると、周囲の動きまでもが全く違っています。
歌声はあの日の公演の1.5割増しで聞こえてくるし、ダンスも力強い。
俺の視界に、都築里佳と古畑奈和が何度飛び込んできたか・・・
「変に大人びた雰囲気」なんかは当然なく、いつもの勢いがあるチームEでした。

俺があの日の公演から感じた違和感はやっぱり本当でした。
毎日チェックしているとだんだん分かって来る事もあるんですね。
ここからあの日の公演が悪かった原因を導きだすと、

・直接的には都築里佳と古畑奈和の不在。
・この2人を除いたメンバーの、チームに対しての意識の甘さ。
・メンバーを統率すべきキャプテンのキャプテンシー不足


といったところでしょうか。やはり都築里佳の不在は大きかったようです。
それに加え、チームEで一番後輩の古畑奈和がここまでの存在感を出していたという事にも驚きました。
見比べてみた限り、完全に2人で公演を引っ張っていました。

都築里佳と古畑奈和は、たまに競い合っているかのように踊っている事があります。
お互い負けず嫌いな上にポジションは横同士。俺はこういうのを見ていると非常に楽しいです。
そんな2人がいなくなると、チームとしてここまで変わるのかと驚きました。
先輩でありチームEの中核である4期生、都築里佳を除きこのままでいいのでしょうか?

この日のチームEからは、チームとしての連帯感も感じませんでした。
例えば、スクランブル出演の市野成美は終始緊張気味。
市野成美はまだ13歳、慣れないポジションを2日で覚えて出て来てるから緊張するのは当たり前。
公演後は安心感から号泣したそうです。

そんな市野成美の緊張感を、公演中に和らげてあげようとしたメンバーはいたのでしょうか?
俺が見る限り、市野成美はあの小さくて細い体で、一人で一生懸命自分と戦っているように見えました。

公演中のちょっとした声掛けだけでも大分違うはずです。
何度も言いますが彼女はまだ13歳。敢えて突き放すのもSKEですがまだ早い。
市野成美は何とか乗り越えましたが、お姉さん達はもっとサポートしてあげるべきだと思いました。

この日の公演終了後、チームEのキャプテンである梅本まどかが、「今までの自分を覆されたような感じでした。」と、意味深な発言をGoogle+上で行っていました。
これは憶測の域ですが、あの公演の出来を考えるとキャプテンとして雷を落とされたのかもしれません。
梅本まどかは非常にいい子ですが、あの公演の出来ならば雷が落ちたとしても納得です。

俺の推しである古畑奈和はいませんでしたが、いない事で推しの魅力も再発見できた公演でした。
都築里佳はミュージカルの経験もあるし、ダンスはSKEの中でもトップクラスの実力の持ち主。
そんな都築里佳に、不器用で何の取り柄も無いくせに気持ちだけで向かっていく古畑奈和。
古畑ジャンプの可愛さではなく、この「気持ち」があるから古畑奈和を推すんだなと思いました。

俺も何の取り柄も無いし馬鹿だが、気合いだけでここまでやってきた自負はあります。
古畑奈和には失礼かもしれませんが、こうした部分にシンパシーを感じるというか・・・
彼女のブログを見ると1週間に1回はどこかに体をぶつけていますが、そんな鈍臭いところも俺と同じ。
MC中に「何だっけ・・・」と、今やろうとした事が頭の中から飛ぶのも俺と同じ。

俺に重なる部分が多すぎて、古畑奈和を見ていると自分を見ているような気になる事があります。
俺と同じならば、人と同じ事をするのに人よりも時間が掛かるはずです。
ただ彼女にはそれすらも達観しているのではないか、と思える時があります。

自信が無いからかもしれませんが物腰は非常に低いし、常に相手本位で物事を考えている感じがします。
それでいて甘えたがりなところもあるみたいなので、まだまだ子供なんでしょう。

この日の公演そのものは面白くありませんでしたが、色々考えさせられる公演でした。
ガイシホールが楽しみですね。それまで公演や握手会等、羽目を外し過ぎない程度に楽しみたいです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-24 18:21 | SKE48 | Comments(0)

公演の出来 その1

久しぶりにアイドルネタを。
来月のガイシホールコンサートの抽選も当たり、相変わらずSKEを満喫しています。
そんな中、今後のSKEを考える上で興味深い事があったので書かせて頂きます。

DMMの月額公演見放題パックに入ってから、公演は毎日チェックしています。
公演のダウンロードは23時から可能なので、仕事の日は前日の公演をチェックしながら晩御飯が日課。
先日も晩御飯を食べながら、チームEの公演をダウンロードしてチェックしていました。

この日は古畑奈和が休演で、目を患った都築里佳がユニット曲のみの一部出演。
代わりのアンダーは、江籠裕奈と市野成美の通称「えごなる」コンビ。

この日の見どころは、眼帯をつけたまま出てきた都築里佳の「愛の色」のパフォーマンス。
そして公演で非常に目立つ2人がいない中、他のメンバーがどれだけ存在感を示せるか。
またスクランブルで出てきた市野成美がそつなく公演をこなす事ができるか、というところでした。

早速冒頭の「掌」からチェックすると、なんだかいつもと雰囲気が違います。これは公演では良くある事。
16人のメンバーが1人違ったり、観客の反応が違ったりする事で、公演は全然別物になります。
これも公演の楽しみの一つなので、今日はこんな感じなのかと思い次の「逆上がり」へ。

「逆上がり」はチームEの勢いが伝わってくるので非常に盛り上がる曲です。
見ていてとにかく楽しくなる曲なのですが、この日はいつものパワーが伝わってきません・・・
みんな変に大人びて踊っているような気がしました。

これはこれで悪くは無いのですが、ダンスがなんだかAKBっぽいです。
SKEはダンスに勢いがあってこそSKEだと思っています。SKEの公演としてこれは違う気がしました。
チームEは若いチームで主力は高校生の年代なので、もっと勢いが欲しいところ。
なのにこの日は借りてきた猫のような感じでした。

その後公演が進んで行っても、冒頭で受けた「変に大人びた雰囲気」はそのまま。
眼帯をした都築里佳が出てきた「愛の色」や、山下ゆかりの「虫のバラード」はさすがでしたが、迫力不足を感じたままで、周囲が「えごなる」コンビを活かす事もできないままに公演は終了。
正直この日のチームE公演だったら、研究生公演の方が面白かったと感じました。

どうしてこうなったか。俺的にはこれを分析するのも非常に楽しいです。
長くて読み辛くなったので、分析は次にします。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-24 07:10 | SKE48 | Comments(0)

当選!

来月、名古屋でSKE48のコンサートがあります。
秦佐和子(3月卒業)を除いた9人の卒業コンサートであるため、プラチナチケットとなる事が予想されましたが、日曜昼の部に当選しました!

という事で、4/14に名古屋に行ってきます。
早速遠征計画を立てないといけませんね。

今回は遠征まで期間が1ヶ月あるので、移動費を抑える手段もありそうです。
日曜11時開演なので、朝ののぞみで移動して、そのまま日帰りが濃厚です。

これで楽しみができました。
この日をしっかりとたのしむ為にも、やる事はしっかりとやりたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-10 21:04 | SKE48 | Comments(0)

変革

3月からSKEの支配人が正式に芝さんに変わりました。
それからというもの、公演が徐々に改革されてきています。

・休日の2回目公演の開演が17時からに変更(30分前倒し)
・女性限定公演、遠方限定公演の開始(今までは無し)
・公演での「当て振り」の減少(生歌中心の公演へ変更)

まずは休日の2回目公演が17時開演になった事。
たった30分かもしれませんが、メンバー、遠方からのファン双方にメリットがあります。
2回目公演が17時開始ならば、公演終わりは19時。
関東、関西圏ならば、そこから十分日帰り可能な時間です。

19時30分終演でも日帰りは可能ですが、日付が変わりそうな時間の30分は大きい。
場所よっては終電に関わりますからね。何気に大きな変更だと思ってます。

また遠方、女性限定公演も今までSKEではありませんでした。(AKBでは普通)
これは俺らみたいな遠征組にとってはうれしいです。
遠征組が来れるのはどうしても土日に限られる為、通常の公演倍率もかなりのものと思われます。

そんな中遠方限定公演があれば、ファンの住み分けができる為少しは公演を見やすくなるかもしれません。
初回の遠方限定公演は3/23のチームS。早速応募、と行きたかったのですが恐らく当日は仕事。
残念ですがチャンスはまたある事でしょう。これもいい変更だと思います。

そして一番大きいのが、「当て振り」の減少。
「当て振り」とは、予め録音した音声(SKEの場合ボーカル)を流す事で、SKEだと激しいダンスで歌声が切れたりする事がある事の対策として使用されていました。
先日の研究生公演から当て振りが減り、ボーカルの声が明らかに変わりました。

それまでは録音された音源でCDを聞いているような感じでしたが、明らかに生歌になってます。
アーティストだと生歌は当然ですが、48Gで生歌はSKEぐらいでしょうか。
元々SKEは歌唱力のあるメンバーも多いので、生歌でも全然対応可能。
むしろ生歌の方がライブ感が増して迫力があります。

芝さんはチームKのマネージャーだっただけあって、公演の大事さをよく知っているようです。
生歌主体になる事によって、公演がここまで良くなるなんて思いませんでした。
また好印象を覚えるメンバーも大分変わりました。矢方美紀や佐藤実絵子とかもう絶品・・・!
支配人も変わった事だし、ひょっとしたら選抜メンバーも大分入れ替わるかもしれません。

また打つ手も全て理にかなってます。この人なかなかやり手ですね・・・この先も期待です。
やはり、定期的な人事異動等で新しい目線を引き出す事は大事なんですね。

そんな中、今日のKⅡ公演で秦佐和子の卒業が発表されました。
年齢的な事、声優という夢がある事、仲谷明香(元AKB)の卒業と声優挑戦・・・
確か本人にとって、にこのタイミングは妥当かもしれません。

秦佐和子は俺がSKEを好きになるきっかけといっても過言ではないメンバーです。
あのAKBINGOとshibuya deep-aは絶品でした。
卒業は寂しくなりますが、前向きな卒業なので背中を押してあげるべきだと思います。
声優も厳しい世界と聞きますが、頑張ってほしいものです。

メンバーの卒業発表はこれで10人目。6期生も20人入って来ます。
SKEも変革の時なんですね。組織はこうして変わり続けるものだと思います。

こうしていつまで出来るか分からない儚さがあるからこそ、アイドルは光り輝くんでしょう。
俺的には桜の花が綺麗なのと同じ感覚です。
こうして変わり続けるSKEを見つつ、色々勉強していきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-07 22:11 | SKE48 | Comments(0)

ガイシホールコンサート

来月の13,14日、SKE48の日本ガイシホールコンサートが決まったそうです。
卒業を発表している9人は、ここで卒業するとの事。
最後は地元である名古屋でやって欲しかっただけに、開催が決まってよかったです。

来月は25日に武道館でもコンサートがあるので、できれば両方とも行きたいです。
問題はプラチナチケットをGET出来るか否か。
何でも昼、夜の2公演行うそうなので、劇場公演よりかはチャンスがありそうです。

開催日は情報処理試験の前週ではありますが、移動中にたっぷり勉強もできます。
(今回は合格する気満々です。こうして歌舞く以上、やる事はやりたいと思います。)
なので、遠征できる事ならば遠征したいと思います。

チケット発売は来週木曜から。当たるといいですね。
当たった場合は全力で楽しんできたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-03 16:45 | SKE48 | Comments(0)

20/8000

先日、SKE6期生のお披露目がありました。
研究生公演の後「手をつなぎながら」と「1!2!3!4!ヨロシク!」の2曲を披露。
パフォーマンスは正直まだまだで、顔と名前が一致するのも5人ほどしかいません。
とはいえ、ダンスが秀でていると感じる子もいました。

何しろ8000人の中から選ばれた子達です。
北海道や神奈川から来た子もいるし、SKEに入る時点でかなりの覚悟を感じます。
一人一人についてはこれから色々と分かって来ると思うので、おいおい覚えていきたいと思います。

6期生の加入は5期生にとって、かなり刺激になっているようです。
その証拠に最近の研究生公演は非常に面白い!
二村春香や岩永亞美、宮前杏実、新土居沙也加等、最近の充実ぶりはすごいです。
そのうちチームE辺りを喰ってしまうのではないか・・・
最近の研究生の勢いだと、あながちあり得ない話でもないと思います。

こうして新しい子達も含め、皆で切磋琢磨していくのが「SKE48」というグループだと思います。
正直、こういう環境があるのが羨ましくて仕方ありません。
無いなら作るしかないのですが、どうやってこういう環境を作っていくか・・・
6期生加入に伴う影響も含め、これからも色々見て勉強させて貰おうと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-03-03 16:29 | SKE48 | Comments(0)