カテゴリ:SKE48( 62 )

考察3 名古屋遠征計画

1週間休暇は終わりましたが、1日仕事に行って今日は休み。
そこで、先日当選した研究生公演を見ながらブログを更新しています。
改めて見返しても、新土居沙也加の天然ぶりが面白い。
そして会場のボルテージが明らかに高い!この公演大当たりだったんですね。
こういう時マルチディスプレイは便利です。

さて、考察その3は名古屋への遠征計画について。
この前遠征したばかりなのに何を言っているんだ?と思うでしょうが、今後も行く予定なのでこれは大事。
となると、今後もSKEの公演に行く為にはどのようにすればいいか。
公演が当たる事はさておいて、まず神奈川から名古屋に行けるチャンスについて考えてみました。

のぞみを使えば、夜公演後に名古屋からの日帰りも一応可能。
ただ平日の公演は18時半開演の20時半終演。
ハイタッチ等が終わるのは21時過ぎで、そこから帰宅するのは23時過ぎになると思われます。

平日に連休が取れるのは1週間休暇の時だけなので、次の日の仕事を考えると23時帰宅はきつい。
それに名古屋は遠いので、新幹線が止まって帰れなくなったら次の日の仕事に穴が空きます。
こんな事で仕事に穴を空けるなんて社会人失格なので、今日みたいな休みでは名古屋遠征は不可能。
平日休みの遠征は1週間休暇のみしかできないという事になります。

となると遠征に行けるのは休日のみ。
休日は昼公演(13時から)もあるのでスケジュール的には余裕があります。
また夜公演も、3月から開演時間が17時半から17時に30分早まるようです。
これは何気にありがたい変更で、日曜夜公演が19時に終了するとして、21時過ぎには帰宅可能。
21時ならばまだ日帰りもありかな?という感じにはなります。

とはいえ、日曜夜公演は前述の理由でパス。となると可能性は土曜の昼、夜公演と日曜昼公演の3つ。
倍率は高くてなかなか入れないと思われますが、名古屋に移住する訳にもいかないので仕方ありません。

ちなみにSKEの公演倍率は、去年6月時点でチームSで平日50倍、研究生で平日30倍程度らしいです。
という事は、2/21の研究生公演に当たったのすら奇跡的な事だったという事でしょう。
今は当時よりも人気が上がっている為、もっと倍率は上がっていると思われます。
この前のKⅡ公演でも過去最高倍率を更新したと言っていたし・・・

AKBは倍率100倍と言われていますが、休日のチームSやKⅡはそれに近いものがあるかもしれません。
仮に倍率100倍とすると、週3回応募できるので当選するのは33週に1回。
1年が52週なので、半年に1回行ければいい方だという事になります。
となると、一番現実的なのは1週間休暇で集中的に申し込む事なんですね。

これぐらいの頻度だと、移動費はそこまで考えなくてもいいのかな?とは思います。
半年に1回の遠征ぐらい、のぞみでゆったり行ってもいいような気がしてきました。
ただ安く済ませられるのであれば越した事はありません。
そこで色々調べたら、ツアー形式だと使える新幹線は限られますが15000円強で往復可能。
あと1000円~2000円出せば1泊する事もできます。

この前の遠征は馬鹿正直に正規料金で行ったので、往復+1泊で25000円掛かりました。
このツアー、新幹線は早朝もしくは夜遅めののぞみかこだましか使えません。
なので移動に制約がありますが、1万円浮かせる事ができるのは大きいです。
こんな事ならばもっとちゃんと調べるべきでした。

しかも夜遅めののぞみが使えるのは大きいです。土曜夜公演日帰りの時なんかは重宝しそうです。
昼公演の時でも、うまく行けばのぞみを使う事が可能。(15:43名古屋発、結構ギリギリのライン)
頻繁に行くとなるとこの1万円の差はデカイです。しかも前日まで申し込み可能だし。
なので次行く時は、可能であればこのプランを使ってみたいと思います。

こうして色々書きましたが、一番の問題は公演に当たる事。
3/2(土)のチームE公演の遠方枠も応募しましたが見事に外れ。まあみんな見たいわな・・・
こんな事なら、4/24の武道館すら入れるかどうか怪しくなってきました。関東もSKEファン多いし。
人気があるのはいい事です。彼女達はとにかく一生懸命ですからね。

俺に出来る事は、めげずに打席に立ち続ける事だけです。振らないと話になりません。
名古屋遠征はお金が掛かるので、今ぐらいの頻度が実はちょうどいいのかもしれません。
下手に行けると通ってしまいそうだし、のめり込み過ぎると危険な感じもします。

まあ神奈川からSKEの研究生を見に行く時点で、十分ぶっ飛んでいる気もしますが・・・
自分にプラスになるように、ほどほどに楽しんでいきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-27 07:31 | SKE48 | Comments(0)

考察2 名古屋という街について

SKEがきっかけとなり、名古屋という所に初めて行く事となりました。
当然東京や大阪とは土地柄も違うでしょうから、どういう街なのだろうと興味を覚えていました。
公演前後にウロウロする時間もあったので、俺なりに感じた事をまとめたいと思います。

まず栄について感じた事は、人の歩くスピードがのんびりしているという事。
また街に出てからは、とにかく道路が広く感じました。
後から調べると、戦災を受けて道路を広く改修したようです。
道路が広く、人が歩くスピートも遅い。東京や大阪と比べるとのんびりした印象を受けました。
こういう印象、田舎者の俺は嫌いでないです。

次はみそかつを食べに「矢場とん」へ。みそかつに使われている味噌って、甘いんですね。
想像している味噌の味とは全然違った味で新鮮でした。もちろんこれはこれでおいしかったです。
薬味として唐辛子が置いてあったのも、この味噌の味ならば納得です。

その後もコメダ珈琲等、いかにも「名古屋」という所に行って感じた事は、人が純朴である事。
SKEのメンバーを見ても思うのですが、名古屋の人は奥ゆかしい感じを受けました。
ただSKEのメンバーを見ていると、一見奥ゆかしくても中には激情を秘めている感じがします。

また人の目が届かない所では、何をしているか分からない印象も受けました。
ホテルで夕方頃外出する為鍵をフロントに預けに行ったら、内輪で盛り上がっていて反応が無かったり。
帰り道栄から名古屋駅まで歩いてみたら、表通りの横断歩道はしっかりと信号を待つが、裏道では大阪並みにやりたい放題(車がきてもお構いなし)で横断していたりとか・・・
人の資質そのものもあるかもしれませんが、何となくこういう部分に土地柄を感じました。

こうして名古屋を観察していると気になったので、「愛知県物知り散歩」という本を購入して研究してみました。
すると、愛知県は日本の文化をなしている原点であるとの記載がありました。
確かに江戸(東京)を作った徳川家康は三河(岡崎)の出身です。
江戸幕府は260年続いたので、徳川家ゆかりの藩は各地にちらばっています。

また大阪を作った豊臣秀吉も尾張の出身。天下統一に動いた織田信長もそう。
だから日本全体に渡り、愛知県の県民性をどこかしら持っているのだという事でした。
ちなみに愛知県の県民性は「地味」、「控えめ」、「黙々と働く」、「金払いにメリハリがある」だそうです。

金払いはともかく、「地味」、「控えめ」、「黙々と働く」はSKEを見ていると非常に感じます。
改めてSKEは愛知のグループだなと思いました。また三河と尾張は全然違うという事も興味深かったです。
本によると、三河人はまじめで頑固、尾張人は気持ちのまま動くそうです。

確かに三河人と聞く松井玲奈は、まじめで頑固、且つ意思が非常に強い印象を受けます。
そしてSKEの子達は、気持ちのまま直情的に動く子も確かに多い。
俺は県民性(環境)が性格に与える部分は大きいと思っているので、確かになと納得する事ができました。

俺はこういう事から理解しないと物事を理解できる人間で無い為、こうした考察は重要です。
やはり現地に足を運び、直接感じる事に勝るものはないですね。「百聞は一見にしかず」です。
俺自身もっと幅広い人間になる為、機会があれば旅行してみるのもありですね。
こういう事も含め、いい勉強になりました。もっといろいろと勉強していきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-25 10:35 | SKE48 | Comments(0)

考察1 劇場公演について

今日で1週間休暇も終わりです。名古屋へも遠征し充実した休暇でした。
そこで自分なりに気付いた事、考えさせられる事も多く勉強になりました。
なので、自分なりの考えをいくつかまとめてみたいと思います。

まずは遠征の主目的であった「劇場公演」から。やはり公演は生が一番だと感じました。
特に感じたのはメンバーとの距離感が近い事。狭いだけあって臨場感は半端無いです。
と同時に、俺ら観客が感じる事はメンバーにとっても同様だという事に気付きました。
メンバーから見ても観客が近い為、観客の反応はしっかりとメンバーに伝わっています。

あの劇場はいい意味で狭いので、観客が盛り上がるとその熱気がメンバーに直接伝わります。
熱気がメンバーに伝わると乗ってきてテンションが上がり、笑顔が出てパフォーマンスがよくなる。
パフォーマンスがよくなると、観客はなお盛り上がる。
そうなると益々メンバーは乗ってくる・・・

いい公演では、こうした「好循環」が成り立っている事に気付きました。
と同時に、観客も一緒になって公演を作っているのだな、と・・・
現地で見た研究生公演も、こうした「好循環」が成り立っていて素晴らしい公演でした。

メンバーが観客を盛り上げる為には、それだけのパフォーマンスを見せる事が必要です。
いいパフォーマンスを見せると観客が盛り上がり、メンバー自身に観客から好反応が帰ってくる。
好反応が帰ってくると(女性は特に)嬉しくなる為、それが更なるモチベーションや自信に繋がる。
だから普段厳しい練習でもやっていける。

SKEのメンバーがキラキラしているのは、この劇場公演がしっかりしているからですね。
「48Gにとって劇場公演が基本」の意味がよく分かりました。
ただ今の48Gにとって、基本のはずの劇場公演はおろそかになっている分野です。

原因は風呂敷を広げ過ぎて、秋元康が完全にボトルネックとなっているから。
秋元康はAKB,SKE,NMB,HKTに加え、乃木坂や派生ユニット等、全ての楽曲の作詞をしています。
グループ全体だと2カ月に1回程度はシングルが出るので、秋元康はカップリング曲まで加えると膨大な数を作詞する事になります。

これだけでも明らかに一人でこなせる量を超えてます。秋元康は現状でもよくやっている方でしょう。
そうなると、劇場公演曲よりもシングル曲の作詞を優先せざるを得ません。
だから劇場公演にまで手が回らず、様々な事が破綻してきています。

新公演が3年半無いチームS。
結成2年以上経つのに、いまだオリジナル公演が無いNMB(特にチームN)とチームE。
ウェイティング公演でお茶を濁しているAKB。

ただその中でもSKEは、自分たちで色々工夫してやってきています。
だから3年半以上もやっている「制服の芽」公演が色あせないし、オリジナルでない「坂上がり」公演をするチームEや、「会いたかった」公演をする研究生も、見ていて非常に楽しいです。
オリジナルが無いなら、それを自分達の「オリジナル」にしてしまおう。SKEにはその心意気があります。

その心意気を持つ原点としては、「厳しさ」と「真剣さ」があったから。
牧野アンナの教えは後輩達にもしっかりと受け継がれています。
彼女達のステージからは、「次の保障は無い」という覚悟を感じます。
常に「これが最後」と思っているから一瞬に全力を出せるし、それが伝わるから非常に気持ちいい。

なので俺は「劇場公演」をもっと見に行きたいと思っている次第です。
本当SKEを見ていると色々な事を考える事ができ、非常に勉強になります。
それだけでなく、何かに必死に打ち込んでいる人の姿は非常に美しく感じます。
その対象がたまたま年端も行かぬ女の子であり、「SKE48」というグループにいたという事でしょう。

俺自身メンバーといい劇場公演を「作り上げる」為に、もっと勉強しないといけませんね。
そこまで劇場公演が当たるとも思えませんが、MIXぐらいはちゃんと覚えたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-25 09:46 | SKE48 | Comments(0)

名古屋遠征費

先に書いた通り、研究生公演を見て全チームの公演を見たいと感じました。
その為には少なくとも3回、名古屋まで遠征する必要があります。

名古屋は遠いですが、のぞみを使いさえすれば体力的は全く苦になりませんでした。
新幹線の指定席さえ取れれば、座ってのんびり行ける上道中はノンストップ。
サイクルモードで幕張メッセに行ったり、都心に出たりする方が体力的にはキツイです。

ただし往復の交通費は2万円。さすがに金銭的には二の足を踏みます。
とはいえ腰に爆弾を抱えている俺としては、こだま(3時間半)や高速バス(6時間)での移動は非現実的。
おっさんなの体力も無いので、移動で体力を消耗し公演を楽しめなければ元も子も無いです。
となると、名古屋までの移動は「のぞみ」一択ですね。

時間的には休日の公演であれば、日帰りでも十分現実的な選択肢です。
土曜の夜公演でも20時には終わるので、のぞみなら23時前には自宅に着くと思われます。
流石に日曜夜は翌日仕事なので無理ですが、次の日が休みであれば十分可能。

昼公演ならば15時には終わるので、18:30からの夜公演を自宅で見る事さえ可能です。
朝は11時に栄に着けばいいので、余裕を持って8時半頃出ればOK。
すなわち、のぞみさえ使えば東京都心に出るよりも楽に遠征できます。

ネックとなるのは、そもそも当選するかどうかとお金。
今週1週間、片っぱしから申し込んで当選したのは1公演のみ。
正直、20回応募して1回当たるかどうかという感覚かと思われます。
この分であれば、9人が卒業するまでに全チームの公演を見る事はまず不可能でしょう。

そしてお金。1回2万円×3=6万円はさすがに高い。
とはいえ公演は非常に見たいです。研究生公演であれだけ感動するんですから。
遠征費は仕方ないと割り切るのも手ですが、何かを得る為には何かを手放さないと無理が生じます。
なので、今の俺に必要が無いものを洗い出してみました。

最近SKEばかり見ているので、あまり見なくなったケーブルテレビ。
仮にWOWOWを解約すれば、月2000円×12=24000円浮きます。
浮いたお金で1回名古屋に行けますね。

最近は行ってもなかなか釣れないので、正直面白味を感じない釣り。
釣りに行く事自体1回1万円弱掛かる上、道具を全て売れば4~5万にはなると思います。
そうなると3回分の遠征費は軽くでますね。
年4~5回程度の釣りの為、沢村さん特製の5万円のロッドはもったいなさすぎる・・・

1回行くだけで1万円かかり、名古屋遠征の片道分が出てしまうゴルフ。
上司や役員と顔見知りになるのはありですが、仕事で正々堂々とアピールするのが正道。
となると浮いたお金で名古屋に行き、活力をもらって仕事に還元する方が理にかなっている気がします。

こうしてSKEに専念すると、結構出てくるものですね。
一時の感情で動いてもしかたないので、じっくりと考えてみましょう。
それぞれメリット、デメリットがありそうですし。

公演スケジュールありきなので早期予約が出来ないのが痛いですが、新幹線も色々ありそうです。
なので移動費については、もう少し調べてみたいと思います。
名古屋にはまた行きたい、否行きます。
まずは公演に当たる為、こまめに公演に申し込んでおきましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-23 11:46 | SKE48 | Comments(0)

帰ってきました

知多半島を周った後、昨日の夕方に名古屋から帰ってきました。
名古屋駅を出てからわずか2時間強で自宅。
のぞみを使えば名古屋って意外と近いですね。まあお金は掛かりますが・・・

ネットでの公演生中継開始時刻(18:30)に間に合ったので、早速チームE公演をチェック。
不思議な事に、おととい見たアンダーの研究生の方がよく映りました。
市野成美と岩永亞美のパフォーマンスが映える事・・・!

その後は、おととい生で見た研究生公演をアーカイブでチェック。
現地で物凄い盛り上がりを感じていたので、ネットで見るとどうなのかな?と思いましたが、いつもの研究生公演よりも明らかに盛り上がっていました。特に「沙也加」コール、正直うるさい・・・w
チームEよりも明らかに盛り上がっていました。やはりあの公演は大当たりだったようです。

生で公演を見る、という事は、ネットやDVDで見るのとは明らかに違います。
メンバーの鼓動、ステージを踏みしめる音、迫力、これはネットだと分からない部分でした。
劇場だと、いいなと思う基準からして全然違います。正直誰が推しなのかすら分からなくなりました。
そうなるとメンバー全員の再評価をする為、全チームの公演を生で見る必要がありますね。
その為に色々考えていますが、長くなるので次にします。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-23 11:14 | SKE48 | Comments(0)

喜楽屋旅館

c0001632_14202282.jpg


「羽豆岬」のロケ地巡りという事で、もう1つの目的地だった、「喜楽屋旅館」に行って来ました。
ここは羽豆岬のMVで小木曽汐莉がかき氷を食べていたり、アルバムの63人MVで高田詩織がやきそばを食べていた場所です。

中にはメンバーが書いたサインもあるとの事で是非見てみたかったですが、閑散期という事で閉まっていました。
まあ、目の前の海水浴場には人っ子一人いなかったので無理もありません。

c0001632_14195487.jpg


その代わり、海辺で波の音を聞きつつ、心行くまで佇む事ができました。
神奈川、特に湘南はどこに行ってもゴミゴミしているので、幸せな気分になりました。

これから名古屋に戻って、お土産を買ってから帰ります。
ロケ地巡りのついでに田舎も満喫できました。
後は帰るまでが遠足、気をつけて帰りたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-22 14:26 | SKE48 | Comments(0)

羽豆岬

c0001632_1274957.jpg

c0001632_1273139.jpg

せっかく名古屋に来たので、ただ帰るのももったいない。
という事で、SKEの名曲で歌われた「羽豆岬」に行って来ました。

来たからにはもちろん羽豆神社に参拝し、メンバーの幸せを祈って絵馬を奉納してきました。
他の人が奉納した絵馬を見ていると、心がこもっていて、胸がじんとくるメッセージが多かったです。

昨日の新土居沙也加の生誕実行委員の人達もそうですが、SKEのファンは温かい人が多いです。
俺もSKEファンの端くれとして、彼女達に恥ずかしくない行動をしなくてはいけませんね。

今はバスの乗り継ぎ待ち中で、その間に海鮮丼を食べてお腹一杯になりました。
羽豆岬はいい所でした。三浦半島もそうですが、やはり田舎は落ち着きます。
この後、もう1箇所寄ってから帰ろうと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-22 12:06 | SKE48 | Comments(0)

巡礼

昨日は公演の余韻がなかなか覚めず、寝つきがイマイチでした。
今日の新幹線で帰りますが、その前にとある場所に行ってきます。

とある場所とは、SKEファンならば巡礼地として有名な所です。
天気も持ちそうだし、いい所っぽいので楽しみです。
昨日の余韻に浸りつつ、のんびりしてきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-22 09:28 | SKE48 | Comments(0)

素晴らしい公演でした

c0001632_22114697.jpg

公演の余韻にひたりながら、この文章を書いています。
初めて劇場で見た公演は、新土居沙也加の生誕祭や研究生3周年のサプライズ等、盛りだくさんで素晴らしかったです。

普段ネットで見ていると、研究生は正規チームと比べてどうかと思うことが多い(とはいえ他GPの正規チームよりもハイレベル)のですが、劇場で見た研究生たちは凄い迫力でした。

劇場で見ると、表情を作っていわゆる「釣り」をしてくるメンバーよりも、ダンスと笑顔の「直球ストレート」で勝負してくる子の方が好印象を覚えました。
ネットだと、一瞬の表情がカメラワークで抜かれがちなので、「釣り」もありなんですけどね。

具体的に言うと、劇場で見て好印象を覚えたのは小林絵未梨と山田みずほ、そしてダンスに定評がある市野成美。

市野成美はともかく、山田みずほがあんなに一生懸命踊っているなんて、失礼ながら今日まで知りませんでした。
俺の中で、今回の遠征で一番株を上げた子になりそうです。

小林絵未梨も笑顔に自信が満ちあふれていて可愛く映りました。
卒業してしまうのが本当に惜しい。

逆にネットで見て気になっていた宮前杏実は、表情を作りすぎかなと思いました。
ネットだとチャンスがいつくるか分からないので、間違いではないと思います。ただ劇場ではちょっとしつこい感じを受けました。

宮前杏実は、骨折してしまうまでダンスの練習を続けてしまうような子。その根性が無いとSKEではやっていけないし、そういう気持ちは大好きです。

ただそういう部分が心配な子でもあります。何事もやりすぎず、ほどほどを意識して欲しいですね。
まあ加減が難しいのは重々承知ですが・・・

ネットと劇場で、ここまで印象が違うなんて思いませんでした。
研究生であの迫力ならば、チームSなんて一体どうなるのでしょう?
また今回の山田みずほのように、メンバーの新たな一面も発見できそうです。

土日の公演は当たらなかったので、今回の遠征は明日帰宅します。
とはいえ、研究生でこれなので正規チームは当然見たいです。

こればかりは根気よく応募し続けるしかないですね。のぞみ代さえ出せば日帰りは十分可能だし。
なので1週間休暇に限らず、行ける時はどんどん申し込んでみたいと思います。
休日は倍率が高そうですが、いつか見に行きたいです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-21 22:10 | SKE48 | Comments(0)

劇場内です。

プラチナチケットを購入しました。
いつもDMMで見ている所に今いるなんて、信じられない気分です。

印象としては、思ったよりもこじんまりとした感じを受けました。
定員299人ならばこんなものかもしれましせん。
これだけ小さいという事は、どれだけメンバーが近く見えることやら・・・

座席についたら、また感じる事もあるでしょう。
公演レポートは、終わってからゆっくりアップしたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2013-02-21 16:59 | SKE48 | Comments(0)