<   2007年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

1週間で3度目・・・困ったものだ。

1週間に3度もなってしまい非常に困っているものがある。
それは俺の持病とも言えてきた偏頭痛!
先日会社を休もうかと思うぐらいの激痛に犯されて以来、今日までEVEに頼る事2回。
都合1週間で3回も痛みに襲われた事になる。

原因は恐らくだが自律神経から来ていると思われる。
それに加え色々な所から言われるとおり寝すぎ。
俺は休み明けの時、どうしても若干寝すぎてしまうきらいがある。
昨日も休み明けだったが、夜中3時間+朝から晩まで都合10時間も寝てしまいました。
結果、夜8時に起きた時点で頭痛が・・・

起きた時に頭が痛いと物凄く憂鬱な気分になるんですよね・・・
「ああ、今日も偏頭痛との闘いか・・・」と。
痛くならないようにコントロールできればいいのだが、どうもうまくいかない。
どうしても寝てしまうんですよね、困った事に。
起きて少しは行動すればいいんだろうけど・・・

昨晩なんかはEVEで頭がぼ~っとして(夜勤)仕事もボロボロでした。
これじゃいかんな。何か対策を考えないと休日もオチオチ遊んでられん。
どうも休日→平日モードの切り替えがうまくできていない感じである。
その上この時期は日照時間も短く体調維持が難しいらしい。
恐らく複合的な原因なんだろうな。

先日寝すぎたお陰で、今日はこの通り真昼間に起きてブログを更新する始末。
結局2時間しか寝てません。非常に睡眠時間がばらついています。
困った事にたまにこういう状態になるんですよね。
周りの人みたいに平均睡眠時間を4時間とかにすべきなのだろうか?
それも人間らしさを捨てている感じがして嫌なのだが・・・

偏頭痛で異様な疲れを感じるよりかはマシかもしれません。
体質改善を考えていかないとね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-29 14:21 | 雑記 | Comments(0)

レストア第2弾 タイヤ&サドル交換

チャリンコのレストア、着々と進行中です。
今回はツーリングに行くにあたって一番重要なタイヤを交換する事にしました。
近所の自転車屋さんに行きタイヤを物色。
タイヤの太さを28Cにするか、それとも30Cにするか、敢えて太めにして32Cにするかで迷う。
(数字が大きいほどタイヤの幅が太い。)

当初の考えは32Cにして安定感とグリップを増そうかと思いました。
が・・・32Cのタイヤ自体があまりない。
35Cはあったがちょっと太すぎだよな・・・
となると30Cだが、シクロクロス(マウンテンバイクを平地仕様にした感じ)用のタイヤはあったがお値段が結構張る・・・
なのでタイヤが2000円台と安かった28Cのタイヤにしてみることにしました。

購入したタイヤはPanaracerのPasela。
2本購入して6000円弱。それにチューブも加えて7000円ちょい。
ついでに痛んできたサドル(セライタリア XO)も購入。
早速家に帰り、タイヤ交換をやってみる事にしました。

まずは自転車からタイヤを外します。
自転車を逆さにしてホイールを外そうとしたら、前回同様外れません。
少し様子を伺うと、原因はタイヤがブレーキシューにつっかえていたという事が判明。
なので空気を若干抜いてから再チャレンジすると、意外に簡単に取り外せました♪
そしてリア。リアディレイラーとチェーンがあるから難儀するかな?と思ったがこちらも簡単に外せました。
元々こういった自転車は自分でメンテするのが基本。
なので要領さえ得れば簡単にメンテナンス出来るようにできているのです。

タイヤを外したあと、盗難が怖いので一旦家に自転車を持ち込みベランダで作業。
だが今考えると自転車小屋の所で作業してもよかったな。
というか今後自転車小屋の所で作業をする事になるでしょう。
別に見られて困る物でもないし、7階まで自転車を持って上がるのもめんどくさいし。
第一ベランダにはアンカーが来た為スペースが・・・w

次はタイヤをホイールから外す。
タイヤレバーを使ってタイヤをホイールから剥いで行く感じで外していく。
3本あるうちの2本を固定して残り1本で外すと・・・これまた簡単♪
要は慣れだな。もっと難しい物だと思っていたが若干拍子抜けである。

そしてチューブとタイヤを交換して今度はホイールにはめる。
これが一番の難所。チューブを傷つけないよう慎重に作業していく。
仮にチューブがホイールとの間に噛んでしまったらバーストという事態を引き起こす。
そうなると下り坂とかならば命の危険すらあります。なので大事な作業です。
が・・・これぐらいは自分で出来ないと、出先でパンクした時に泣きをみます。
なので練習も兼ねてやってみましょう。

すると・・・途中まではすんなりとはまります。
問題は残り少なくなってから。どうしても最後の数cmをはめるのは力技になりがち。
最初は途方にくれかけたが、それまでにはまった部分を改めて整えていくとなんとかはめる事ができました。
空気を入れてテストもしてみたがどうやら問題なし。
チューブがホイールに噛んでいる様子もないので、どうやら成功したみたいです♪

ここまで大体30分ぐらい。手先が不器用な俺にしては上出来です。
そしてもう1個も交換し(バルブが出てないとかトラブルはあったが)タイヤ交換終了。
案外やれば出来るもんだな♪
この際ディレイラーとかチェーンとかも換えたくなってきました。
こうなるとイジリ欲が出てくるんですよね。クルマとか釣具と同じで・・・
お金がドンドン出て行きかねません。困った物だけど仕方ない。
放置していたからこんな状況になった訳だしね。

あとは組み立て。取り外しと同じくすぐに終了。
空気を入れて少し走ってみる。
すると・・・ペダリングが軽い!

タイヤを30C→28Cにしただけでここまで変わるとは思いませんでした!
クルマと原理は一緒で、タイヤの接地面が少なくなるとエンジンの負荷も少なくて済み、ペダリングが軽くなるのは知っていたがここまでとは・・・
その分安定感は減ったけど、これぐらいなら十分いけそうです。
ただし段差とか側溝、そしてマンホールのフタとかでのスリップには気をつけましょう。
タイヤが細い分、グリップはもちろん落ちるからね。

ちょっと感動したのち、今度はサドルを交換。
サドルポストにつけていた鍵と干渉して六角レンチをはめれなくてちょっと焦ったが、クルマの工具箱の中に先が曲がった六角レンチがあった為解決。
サドル交換なんかはタイヤ交換と比べたら簡単な物。
ただしサドルは必ず地面と平行に着ける事だけ注意しました。
そうじゃないとどんなサドルでもお尻が痛くなるらしい。
正直サドルに体重をそこまでかける訳じゃないが、お尻が痛いのは嫌というか苦痛だからね。
そんなこんなでサドルとタイヤ交換が完了しました。

c0001632_6425447.jpg


意外とレーシーな感じになってきましたな・・・
どちらかといえばMTBよりにシフトするつもりだったが、これはこれでいいか。
せっかくなので近所を一走りしてきましたが、特に問題はなさげ。
気になるのはやはりサドルの形状だが、これはサドル、お尻両方の慣れの部分が大きい。
使っているうちにサドルも馴染んでくるし、お尻も慣れてくるのでしばらく乗ってみましょう。
サドルを着ける位置(前後)も関係あるからね。

あとは駆動系だが、これはショップに持ち込まないとだめかな?
フロント、リアともギアが錆びてきているし。
なのでどうしてもカタカタと音がします。スプロケット換えちゃおうかな・・・?
走行している上での抵抗にもなるし、気分的にもよろしくない。
その上変速も一発で決まらないので、この辺も修理が必要そうです。

それともう一つ。ハンドルがもう少し高くてもいいのかな?
サドルが低ければ解決できるのだが、クロスバイクはシートの高さの調節は不可。
なのでハンドルで調整します。その為の部品も確か売っているし。
これは急がないけど細かい割に効果は大きそうなので、調べてみる事にしましょう。

これでとりあえずツーリングには行けるかな?
来週辺り、少し長距離を乗る事にしましょう。
週一の目標がなかなか守れていないから、距離だけでも稼いでおかないとね。
そして体重が減れば言う事無しなんだがな・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-28 06:50 | 自転車 | Comments(0)

濱中、吉野⇔平野恵、阿部健

阪神とオリックスとの間で2対2のトレードだそうです。

先日の金村⇔中村泰と比べれば妥当なトレードかと思う。
濱中はこのまま阪神にいても居場所が無くて勿体無いし。
吉野も往年のキレが無いので環境を換えて出直すのもいいだろう。

平野恵はオリックスでは怪我がちで出番が少ないらしい。
内外野守れて足もそれなりと、阪神にはいないタイプなのではまれば活躍できるでしょう。
阿部健は・・・今年1軍当番なしの為か正直印象はありません。
近鉄にいた、と言われればいたような気もするな、というぐらいの印象です。

この補強はまあ妥当かな?とも思います。
濱中も(使ってもらえたら)それなりには打てるかと思うし。
守備位置はレフトかファーストにしてあげてほしいな・・・肩の不安は依然としてあるからね。
できればDHだろうが、あのチームにはローズにラロッカがいる。
その上ラミレスやカブレラを獲ろうというのだから・・・。
そういえば「番長」もいたっけ。結局今年出てこなかったけど。
(もういい加減に引退したらどうか?とも思うが・・・)

今時時代錯誤な「重量打線」を作っているオリックス。
守りが主流の今の野球にあっていないが、こういうチームが一つぐらいあってもいいのかな?
まあ、あの守備と投手力ならば来期も間違いなく最下位だろうが・・・w
いいネタとして見ていきましょう。

それはさておき、濱中と吉野には頑張って欲しいですね。
吉野なんて貴重な左の中継ぎになる可能性もあるからね。
もちろん、平野恵と阿部健にも活躍してほしいものです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-26 17:06 | 雑記 | Comments(0)

タックル整理計画 第2弾

今年の釣りもあと1回いくかどうか・・・
自分の中での「釣り納め」が終わっていないので、気候と気が向けば12月に行く可能性も。
その場合の行き先は亀山ダムかな?
つい昨日も凄腕の先輩がいい釣りをしていたらしいので・・・

さてそれはさておき・・・
今年も気がついたらタックルの数が増えてきました。
今年のタックルの出入りを見てみると・・・

IN:(スピニングリール1,ベイトリール2,スピニングロッド2,ベイトロッド1)
ルビアス2004・・・ヴィゴーレ用として2個目の購入(中古)
メタニウムXT・・・パトリオット用として新品購入
メタニウムXT(赤)・・・中古を格安で購入
コブレッティ パトリオット・・・相模屋のセールで購入
コブレッティ ハニーフラッシュ・・・タックルベリーで発見し衝動買い
ヴィゴーレ GVIS61-L・・・ハニーフラッシュ発見までの間ライトリグ用として購入

OUT:(スピニングリール1,ベイトリール1,スピニングロッド1,ベイトロッド2,その他ロッド1)
カーディナルC301・・・2500番のリールが過多の為売却
カルカッタ50XT・・・あまりにも小型で使用機会無しの為売却
ラグゼスポーツ756S・・・スローテーパーのスピニングロッドを使いこなせない為売却
FVR4ピース・・・4ピースの使い道が無い為売却
スペシャリストB60ML・・・腰が抜けていてクランクぐらいにしか使えなかったので売却
パシフィックファントム・・・シーバスを諦めたので売却

結果としてバス用タックルは、シーズン前に比べてロッドの数はそのままで、リールが一つ増えた計算になりました。
現状の手持ちはベイトが4本、スピニングが5本の計9本の構成である。

ベイトの出番はほとんどがMHのスペクターとMのパトリオットに集中。
ラグゼ744MはTOP用としての地位を確立したのでいいものの、今シーズンのストラトフォートレスの出番は僅か。
高滝ダムでラバージグを投げて魚を掛けたがばらしたのが最大の見せ場では・・・?
正直言ってオーバースペックの竿を買ってしまったのでしょうか?
夏場のフリッピングとか、足場の悪いオカッパリとかに絶対に必要な竿だとは思うけどな・・・

だがベイトは棲み分けが出来ているのでいいです。
問題はスピニング。困った事に5本とも全てLパワーのロッドです!
なぜこうなったかというと・・・

① ガイドが壊れて且つ2ピースのブルーダーの代替としてロードランナーを購入。
② あまりにも安かったのでラグゼスポーツ(その後売却)とスペシャリストが追加。
③ ライトリグ用特化ロッドを探し、ハニフラを逃した後ヴィゴーレを購入。
④ その後ハニフラを偶然発見し衝動買い!
⑤ 結果、使用感の全て異なるLパワーのスピニングロッドが5本も・・・

というオチである。一言で言えば計画性が無いからこんな事になる。
②と④なんて正にその典型。
その上メーカーもバラバラなので、当然コンセプトも違うから持ち主自身も使い分けができずに混乱する事に・・・
今年釣り部で釣れなかった原因はこんな所にも出ているのかもしれません。

なので、スピニングロッド(及びリール)の整理を考えています。
この5本の中でブルーダーは戦力としてみていないが2ピースの為ライン巻き時に重宝。
よってこの竿は(思い入れもあるので)売る事はないでしょう。
そして残り4本のLパワーの竿の中では・・・やはりハニフラが1番手でしょう。
という事で、ハニフラの代替だったヴィゴーレは売却が濃厚です。
この竿、スモラバにはよかったのだがどうも俺にはピーキーな感じがして使いこなせん・・・
キャスタビリティとかもハニフラの方が上だし。

というか、パトリオットもそうだがコブレッティはいい竿です♪
なので統一性をもたせる為に、竿をコブレッティで統一しようかとも考えています。
(ただし品薄なので、同じダイコーのバロウズやドレットノート等で妥協するかもしれません。)
その為にもハニフラは売れません。第一買ったばかりだしね。

となると・・・スペシャリスト、ロードランナーも売却となる。
ただロードランナーもまたいい竿なんですよね。
コブレッティ程軽くも無いし、感度も無いが、この竿は掛けてからはバラす気がしない。
それにこの竿で獲った魚はワンランク大きい気がする。
去年の40cm、横利根の35cmとかがこの竿かな?

ちなみにロードランナーは(コンセプト的に)他の竿よりもワンランク強め。
なので表記はLでも、他のMLの竿ぐらいのパワーはあります。
扱えるルアーも1/16~3/8ozと他に比べて重いルアーも扱えます。
(例えばハニフラは1/16~3/16oz、ヴィゴーレは1/32~1/4oz。)
なので、コブレッティのML(エスパーかエアトリック)が手に入るまでは現役続行。
この竿の処分はその時に考える事にしましょう。
ロードランナーとバトラーも長年使ってきて愛着がある竿だからね。

スペシャリストはスプリット用にどうか・・・とも思ったが、ハニフラで十分にできます。
なのでこの竿はヴィゴーレと共に売却候補かな?
その上でMLのスピニングを購入まず購入し、ロードランナーをどうするか考える。
ロードランナーと違ってハリのあるMLの竿が欲しいんですよね。
候補は先にも書いたがコブレッティのエスパーかエアトリック。
コブレッティは中古市場に出回らないので、見つけ次第即購入でしょう!

その次に釣り部フィネス用としてULのロッドかな?
これはバロウズのソリッドモデルか、コブレッティのアンダープレッシャーが候補。
そうすればUL,L,MLと使い分けしやすいラインアップになるかと思います。
ただし色々な意味でULは必要ないかもしれないけどね。
どうしてもダウンショットをやりがちになりそうだし、そうなるとリズムが悪いからね。

ちなみにリールは、結局今年1回も使わずじまいだったフリームスは売却候補筆頭。
(ルビアスの軽さに慣れるとフリームスとかは重くて適わん・・・)
予備はバイオマスター1個あればいいのでエクシマも売却かな?
まあ二束三文かもしれんが、正直もったいないので誰かに使っていただきましょう。
その分でカルディアKIX用に2506シャロースプールを買うか・・・
贅沢言えば新型ルビアスの2506が欲しいんだけどね。

ベイトの方は恐らく現状維持だが、買うとしたらHパワーのロッド。
ストラトフォートレスとスペクターの中間域のロッドが欲しい。
候補はコブレッティだとチーピンになるのか?
ドレットノートだと意外に適していそうな竿が無くて残念。
バロウズ69Hとか、71Hとかも候補に入ってくるのかな?
バトラーならばハリアー(この前タックルベリーで15000円で発見!)でもいいんだけどね。
ちなみにベイトリールはメタニウムmgの復活により間に合ってますので今回は対象外。
スコーピオンも含め全て来年も使わせて頂きます。

売却益で資金調達し、適正な道具を揃えましょう。
ところでCDもそろそろ溜まってきたので、合わせれば竿1本分ぐらいにはなるかな?
この際使わないルアーやワームも処分しようかと思います。
釣具が部屋の中に占めているスペースもかなりのものだし・・・
来シーズンの荷物はアンカーもあるのでスリムにしたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-25 02:33 | 釣り | Comments(0)

SHE9501vsCX300

体調回復の為家にいた事もあって、ipodでのんびりと音楽を聞いていました。
なのでこの前買ったイヤホン(SHE9501)で聴いてみる事にしました。

まず音質。エージングしたら変わるかもしれないが、現状だと低音はCX300の方が好み。
CV300の場合、バスドラとかは音圧が効いていて迫力がある。
これがSHE9501だとただ叩いてるな・・・という感じになる。
決して出ていない訳では無いのだが、メタルを聴くと少々物足りない。
まあこれは分かっていて購入したので問題ない。
CX300の音圧が聴き疲れの要因の一つなのも間違いないし。

中音部もCX300の方が出ています。
ただしベースとかギターとかが良く聞こえるのはSHE9501の方。
CX300だとヴォーカルの声が太く感じる。ちょい前の俺好みの音である。
今は一つ一つの楽器の音が聞こえてくる方が好みなので、SHE9501の鳴らし方がいいかな?

高音部・・・CX300で気になっていたシャリツキがSHE9501だとありません。
ただしSHE9501はエッジが効いていないので、スラッシュメタルとかだと物足りません。
SLAYERとかのザクザクと抉ってくるリフとかを聞く分にはCX300。
ただしそれ以外はSHE9501の鳴らし方がいいです。
シンバルとかが「シャーン!」と刺さるのがCX300。
これがSHE9501だと「チン!」と柔らかい音になります。俺は聴き疲れしないこの方がいいな。

ある程度分かって購入したのだが、2つのイヤホンで得意分野が分かれました。
大まかな特徴として、CX300は高音部のエッジと低音部の音圧が魅力だが聴き疲れる。
SHE9501は低音が(CX300と比べて)物足りないが、全体的に音が綺麗に出る。
音質はSHE9501の方が上である。CX300は音量を上げると若干割れ気味になるし。
ただし音の迫力と音量の取れ方はCX300の方が圧倒的に上。
SHE9501だとipodのボリュームを上げ気味にしないといけません。
こうした特徴を考えて2つのイヤホンを使い分けるとすると・・・

CX300:メロスピ以外のメタル系全般、ハードロック
SHE9501:パンク、JPOP、メロスピ

といった感じになるでしょうか?
パンクなんかの軽いノリだとSHE9501の方がノレます。
CX300でパンクを聞くと少し重厚な感じである。(それがまたいいのだが・・・)
以外だったのがメロスピだとSHE9501の方が聴けるという事。
メロスピの場合、低音のアタックよりもメロディの旋律の方が重要だからだろうか?
これがメロデスになると、デスメタル特有のバスドラでのブラストビートが物足りない・・・
低音部のアタックが無いので、CX300じゃないと聴けなくなります。

あとはその時の気分と体調かな?
ストレス解消で音楽を聞くときには間違いなくCX300。
ただ体調が伴わない時には正直しんどいです。
こうしてブログを更新しつつ聞いたり、長時間のんびり聞くときにはSHE9501。
体調不良の時もSHE9501にしておいた方がよさそうです。

イヤホンが違うだけでここまで音楽の個性が違ってくるとは思いませんでした。
こうしてイヤホンスパイラルにはまっていくのね・・・
こうなるとこの2つの中間の特性を持つイヤホンが欲しくなってくる。
低音の音圧があり、且つ高音のシャリツキが無く、その上で聴き疲れしないイヤホン。
それを求めるのは贅沢なのかな?
SHE9501の音質には満足だけど、もう少し調べてみましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-23 09:07 | 雑記 | Comments(0)

治ったと思ったのに・・・!

先週俺を苦しめた風邪。
ようやく完治してやっとウロウロできる!と思いきや落とし穴が・・・!

実は昨日、会社を休もうかと思うぐらい体調が悪化。
会社勤めを始めて10年、休もうかと思うぐらい体調を崩したのは初めてである。
朝(といっても遅番の為昼前だが)起きた時にいきなり頭が痛い。
「風邪が治ったと思ったら偏頭痛かよ!」ぐらいにしかその時は考えていませんでした。

その後朝食をとるも・・・なんか食欲が沸かない。
それに加え寒気や脂汗まで出てくる。当然頭痛もそのまま。これはまずい。
朝食を半分ほど残し、会社に行く為支度していたが、その時洗面所で嘔吐。
汚い話で申し訳ないが、こんなの二日酔いの時を除けば初めてでした。

その時は会社を休む事も考えたが、たまたま健康診断があったのと、吐いたら少し楽になってきたので出勤する事に。
健康診断でお医者さんにその事を相談すると、「自律神経を疑った方がいいですね。」との事。
自律神経か・・・確かにおかしいかもしれん。
汗のかき方とかも尋常じゃないし。
なので実際に、「自律神経失調症」について少し調べてみました。

すると・・・日頃のストレスや不規則な生活など、複合的な原因だという事が分かりました。
俺に当てはめると、すぐに焦る、最近物覚えが悪い、交代勤務の為の不規則な生活、寝過ぎによる過度のリラックスなど、当てはまる要因が次々と出てきました。
今回はそれに加え、風邪の治りかけで抵抗力が弱まっていた事が症状に拍車をかけたのでしょう。

お医者さんには軽い運動を進められました。
なので交代勤務の時の寝る前に、体操など軽く運動をしてから寝るように心がけてみます。
確かに家ではこうしてNETを見たりしつつゴロゴロしている事が多いので、その生活習慣も気をつけてみる事にしましょう。

だが今日一日はしっかり体調を回復させる為にも家で休養だな・・・。
今シーズン最後の釣りに行こうかとも思っていたが、とてもそれどころじゃない!
今シーズンの釣りももう終わりかな?
前日の余波も若干残っているような感じだし、ゆっくりとする事にしましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-22 09:09 | 雑記 | Comments(0)

気持ち軽くなった?

自転車で町田のヨドバシカメラに行ったついでに、ウィルスバスターのアップデート及び更新パックを購入してきました。
ついでにイヤホン(SHE9500)も購入したのだが、まだ聞いていないのでこれはまたの話にしましょう。

ウィルスバスターを更新した理由は、従来よりもメモリの使用量が50%少なくなるから。
本当にそうかは知らないが、今のウィルスバスターはあまりにも重過ぎるので、ちったあマシになるかな?と思い、あと1年使ってみることにしました。
家に帰ってからインストールしようとすると、ブラウザの設定等で先に進めなかったりしたが、なんとかインストールする事ができました。

インストールしてみて速度はというと・・・気持ち軽くなったのかな?
今までみたいにいきなりポップアップが出てきてブラウザがほぼ固まる事は無い。
それに通常の動きも軽くなった感じはある。
この分ならばあと1年は使えるが・・・要求するスペックが高くなってきましたね。
使用メモリの推奨が512MB以上なので、スペックギリギリである。
そろそろPC自体の買い替え時なのかな?もう買って5年ぐらい経つし。
来年の冬辺りには考えないといけないかもね・・・
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-21 00:58 | 雑記 | Comments(0)

江ノ島には行かなかったが・・・

体調も回復したので、久しぶりに自転車に乗ろうという事で、まずメンテを行いました。
具体的にはスポークや駆動部の錆落としや拭き掃除に加え、ハンドル周りがゴテゴテしていたので、それらをスッキリさせる事が目的である。

まずスポークを錆取りクリームを塗りながら掃除。
スポークはきれいになるのだが、中まで錆びてしまったホイールの止め具とかの錆は落ちきれませんでした。
駆動部も状態は似たようなもの。
ディレイラー(変速機)の細かい錆やチェーンの汚れは落としきれません。
フィニッシュラインとかで何度となくチェーンを外しながら洗ったんだがな・・・
今までの放置期間が長かった分、仕方ないといえばそれまでなんだけどね。

ハンドル周りは大分スッキリとさせました。
今までは夜間時の安全確保のためライトを2個(LED、ハロゲン)つけていました。
その為のスペース確保の為、スペースグリップなるT字型のバーを装着していました。
が・・・正直言って邪魔なので取ってしまいました。
それと同時に過去の遺物(使わなくなったサイクルコンピュータのブランケット等)も処分。
ライトが一つとサイクルコンピュータのみのシンプルな形に落ち着きました。

しかし・・・放置の影響は色々な所に出ていました。
まずライト。一応点灯はするが、接触が悪いらしくなかなかつきにくい。
且つ、電池を交換する所の開け方を忘れてしまったのか、それともバカになってしまったかのいずれかで電池が交換できません。
これでは夜間走行ができないな・・・なのでライトを取り急ぎ購入。
相模大野の自転車屋さんで2000円強。多少暗いが最低限の明かりは確保。
無灯火は自分でもロープが見えずに前転しかけた経験があるだけに本当に危険だからね。

そしてタイヤ。サイドウォールにひび割れが走っています。
このままではいつパンクしても仕方ありません。早急に交換が必要です。
が・・・今日もホイールを外すのに挑戦したがあえなく失敗。
理由はメンテナンススタンドが無い為に自転車を固定できないから。
という事は・・・メンテナンススタンドも必要です。
そしてタイヤも。レストアする為に買う物は多いな。
タイヤを外すやり方も練習しておかねば・・・
サドルも破れかけているから要交換だし。まあここは急がないけどね。

そんなこんなで(一応の)メンテナンスを終えた後、自転車屋に行きました。
が・・・自転車だとこれだけの荷物を持ちきれないのと、定休火曜日の壁(行った店が2件連続で火曜定休・・・)に阻まれた為なし崩し的にサイクリングに突入。
結果大和→相模大野→町田→境川→桜ヶ丘→大和と約20km程度を走行。
久々の夜間走行も含め、結構な距離をウロウロしていました。

車だとこうもフットワーク軽く移動とはいかないからね。
この点は自転車が有利でしょう。
しかし・・・当然ながら積載性では圧倒的に車が有利。
自転車のパーツも車で買出しに行く事になるでしょう。
メンテナンススタンドなんて自転車で背負うにはちと重いからね。

次はタイヤ交換だな・・・
自転車屋で見る限りだと合うサイズ(700×30C)が無かっただけに、少し調べてみないとね。
少しずつレストアしていって、見栄えと走り心地が良くなるようにしていきましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-21 00:01 | 自転車 | Comments(0)

やっと完治か?

寒い中釣りに行ったせいか、なかなか風邪が治りませんでした。
喉の痛みや発熱は治まったが、鼻詰まりがなかなか抜けず・・・
ここ1~2日も、ぼ~っとしている状態が続いていました。

仕方が無いので銀のベンザをもう1度投入し、今は鼻詰まりも無い状態。
やっと完治する事ができた・・・かな?
という事で、今日は自転車に乗ろうかと思います。
その前にチャリンコを洗わないとね。
チェーンとかスポークとか錆びだらけだし。

気が向けば江ノ島まで行っちゃおうかな?
暗くならないうちに帰ってきたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-20 10:18 | 雑記 | Comments(0)

釣り部だと釣れない?

最近釣り部の先輩から、「お前は誰かと一緒に船に乗るよりも、一人で乗った方が釣れるんじゃないの?」という意見をよく聞きます。
実際釣り部の時には釣れていないが、果たしてそうなんでしょうか?

確かに一人の時は自分の思うままに釣りができるし気分も楽。
その上一人の時は平日にしか行かないので魚に掛かるプレッシャーが違う。
釣り部になると点数計算が入るので、そのプレッシャーが人間にかかるのもあるのだろうか?
平日と土曜日のプレッシャーの差などを考慮すると一概に比較は出来ないが、一応釣行記が残っている3年間の比較をしてみましょう。

2005年 釣り部 6本 最大33cm 釣果率 3/9  .333 平均釣果 0.67本/回
       その他 8本 最大36cm 釣果率 4/15 .266 平均釣果 0.53本/回

2006年 釣り部 7本  最大39cm 釣果率 5/9  .555 平均釣果 0.78本/回
       その他 16本 最大40cm 釣果率 9/16 .562 平均釣果 1本/回

2007年 釣り部 5本  最大31cm 釣果率 4/7   .571 平均釣果 0.72本/回
       その他 36本 最大37cm 釣果率 12/16 .750 平均釣果 2.25本/回


こうして見ると2006年ぐらいから、徐々に釣り部とそうでない時の釣果に差が出てきている。
今年は特に顕著に現れているが、木崎湖や放流直後の山中湖とかが含まれている。
なので純粋に釣り部の主戦場である高滝ダム、亀山ダムだけで比較してみると・・・

2005年 釣り部 2本 最大22cm 釣果率 2/4  .500 平均釣果 0.5本/回
       その他 4本 最大36cm 釣果率 2/4  .500 平均釣果 1本/回

2006年 釣り部 4本 最大39cm 釣果率 4/5 .800 平均釣果 0.8本/回
       その他 5本 最大40cm 釣果率 3/7 .428 平均釣果 0.72本/回

2007年 釣り部 1本 最大10cm 釣果率 1/4 .250 平均釣果 0.25本/回
       その他 5本 最大37cm 釣果率 3/5 .600 平均釣果 1本/回


2006年以外は亀山・高滝の釣り部ではキーパーを取れていない事実が判明しました。
すなわち2006年以外は釣り部換算上、高滝・亀山の8戦では俺はいなかった事になる。
これは丸1年ノーカウントだったのと同じ事である。
ちなみに全ての年で高滝ダムで最大魚を獲っているので、明らかに釣り部の影響が出ていそうな感じである。

では2006年はなぜ釣り部でもプライベートとほぼ同じ数字を残せたのだろうか?
釣果率を見ると釣り部の方が上なぐらいである。
ちなみにこの年の4本に関しては全てキーパーをGETしている。
理由がイマイチ分からんが、この辺にヒントが何かありそうである。

これは単なる偶然なのか、それとも・・・?
その時の釣行記を読み返してみると・・・やはり自分の釣りを貫いていたようです。
これをやらずに周りと同じ事をしてもいい結果になった試しは無い。
なので己の釣りを貫く事・・・これが釣り部での釣果UPに繋がるのではなかろうか?

さて、2名乗船の中でどうやって己の釣りを貫くか。
釣り部はチームプレイなので己だけを通す訳には行かない。
ポイントしかり、釣りのやり方しかりである。
だが、やるリグとかつけるワームとかは己を貫く事は出来る筈である。
周りがマイクロクローラーならば俺はデスアダーとか、周りがダウンショットならば俺はラバージグをやるとかは出来るはずだ。
移動中にクランクを投げ倒したり、お馬鹿なルアーを投げて気分転換をしたりとか、やり方はいろいろとある筈。
実際2006年の時もビックバドを投げてみたり、春先にビーフリーズを投げ切ってみたりしていて、実際にそれが釣果に結びついている。
亀山の時のスプリットも誰もやっていなかったからこそ釣れたのだろうし。

それと比べて今回の釣りはどうだったのだろう?
とにかく1本を獲りに行ってダウンショットを多投。
ルアーもパインシュリンプ2インチ、カットテール3.5インチ、ハンハントレーラー等極小ワームのオンパレード。
こういう時は得てして坊主になりがちで、案の定今回も完全試合を喫してしまいました。
こうしたデータ分析から、己の反省点も見つけていくべきでしょう。

来年でアンカーを返上する為、オフシーズンで色々と考えていこうと思います。
その前に今年のいい締めくくりをしに行かないとね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2007-11-18 00:15 | 釣り | Comments(0)