<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

やせてきた?

先月に交代勤務から基本日勤に変わって1ヶ月強。
不規則な生活から開放された俺の体に、若干の変化が生じてきたようです。

一番顕著なのは体形。体重を量ってはいないが、若干痩せてきたように思えます。
勤務が変わる前に買った時計。この時バンドは若干余裕がある程度にしてもらいました。
ところが今はバンドがゆるゆる。あまりブラブラさせたくなかったんですがね・・・
1ヶ月前には入らなかった指が隙間に入るようになりました。

そしてベルトの穴が1個内側になりました。
それも「ちょっときついけどいける」感じから「普通に締めたらたまたまこの穴」という感じに。
メタボへ一直線だったお腹周りも少しはへこんできたような気がします。

それに加えて食も細くなりました。
食の細さは勤務が変わる前から実感はしてましたが、変わった後顕著に。
朝は頑張って食べるものの昼はそばとかで十分です。

交代勤務の頃は、夜勤で朝帰宅した直後に食事を食べ、しかも結構お腹が空くので多めに食べるパターンが多かったです。
今は夜もそんなに食べず、生体リズムが合っているせいか寝るまでにちょっと間があります。
なので満腹→即就寝というパターンが無くなったのもやせてきた一因かもしれません。

体重を量っていない、というのは単に家で体重計をどこにやったか分からなくなったから。
勤務が変わる前の11月に測った体重が84kg。
それが今何kgになっているか、ちょっと楽しみです。
少なくとも最近太ってきた後輩の体重は下回っている気がします。

特別な事といえば必死こいて仕事しているぐらいなんですがね。
運動なんかはむしろやらなくなったし・・・
強いて言えばキムチをチョコチョコと食べているぐらいかな?
それもやせよう、と思うよりもスタミナをつけよう、と思って食べている感じです。
ご飯に合っておいしいんですよね。

どうやら他の人から見ても目に見えてやせてきているようなので心配される事もあるみたいですが、本人は楽しみにしているので大丈夫です。
このまま70kg、60kg台と落ちてきたらいいですね。
理想は高校時代の50kg台後半まで戻ればいいのだが・・・それだと痩せすぎかな?
ほとんど残ってないが、ひょっとしたら昔の服とかが着れる日がくるかもしれません。
体重計を探し出して測ってみる事にしましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-28 06:43 | 雑記 | Comments(0)

アウトドア派→インドア派?

近頃休みの日は外に出ず、家で本を読んでたりしている事が多いです。
なぜかというと休日が土日中心となり、よって外へ出ても人だらけだから。
ならば家で本を読みつつ、土日に多いスポーツ中継を見ている方がリラックスできますね。
(最近だと女子バレーや駅伝に全豪テニス。面白いですよ♪)

平日の休みだと釣りに行ったりとか、ウロウロしてウインドーショッピングをしたりとかものんびり出来るが、土日だとどうもやる気がおきません。
土日に釣りに行くとすれば、帰りの渋滞を覚悟しなくてはいけないし・・・
買い物をするにしても、土日だとレジに10分ほど並ばなくてはいけないし・・・
そもそも近くのオークシティに車で行くだけでも30分ぐらい掛かってしまうし・・・
平日ならば車で5分で行ける事を考えると、時間がもったいなくて仕方ありません!
人だらけで息も詰まりそうになるので、それならば家にいた方がいいです。

なので、買い物とかはなるべく平日の休みで済ませるようになりました。
幸いにして平日の休みがなくなる訳ではない(月2~3回程度)ので、その日をいかに使うか。
1人で釣りに行ったりするのも平日の休日に限られる事でしょう。
且つ連休が取れないので、行き先も高滝/亀山になりそうです。
(水郷は次の日仕事だと辛い。)
といってもこの調子だと、シーズンインまで釣りには行かなそうですが・・・
寒い中、貴重な平日休みを釣りで潰す(しかも坊主の確率大)のは正直辛いです。

そんなこんなで、近頃はアウトドア派からインドア派に鞍替えしそうな勢いです。
今日もブックオフのセールで古本を大量購入。
吉川英治の「三国志」とか、司馬遼太郎の「国取り物語」とかを含め計12冊。
それだけ買ってCD1枚分よりも安い2300円(セールで半額)なのは大きいですね。
これで一月ぐらいは次何を読もうか悩まなくて済みそうです。

それに加えて、近頃はゲーム機も欲しいです。
PSPかDSのどちらにすべきか今迷ってます。
布団に寝転びながらゲームをするのも悪くないが、ますます引きこもりへまっしぐらですね・・・
ちょっとダメ人間っぽい気もするが、それでいいのでしょうか?

対してアウトドアはというと、フットサルは怪我をしてから一度も行けてません。
(今週は治りかけたとはいえ風邪気味だったため辞退しました。)
自転車も近頃乗っていないし、釣りも11月以降行っていない。
ひょっとしたら、休みの変化をきっかけに趣味・趣向が変わってきたのかもしれません。
体を動かすと気持ちはいいのですが、もしかしたらひじの怪我で懲りたのかもしれません。
もう無茶が効く歳でも無くなってきている筈ですからね。

今はとにかく本の虫になりつつある感じです。
これだけ小説やら読むのは中学→高校時代以来かな?
その頃に退化しているのか、それとも三十路を迎えて進化しているのか・・・
それは分からないが、気分転換だけはしっかりと図っていきましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-24 23:09 | 雑記 | Comments(0)

今日の読書

昨日海を見に行ったせいか、多少風邪気味です・・・
なので体力を回復する為、今日の休みはひたすら家で読書に当てていました。

今日読んだのは戯れで買った「戦国武将の通知表」という本。
軽く読み飛ばすつもりで買ったのだが意外と面白い本です。
他にもブックオフで買った松井秀喜(ヤンキース)の「不動力」とか。
ヤンキースとか巨人は嫌いだが、松井選手の野球に対する真摯な姿勢は見習いたい。
よって(105円だったし)買ってみたのだが、これもなかなか面白いですね。

たまにはこういうのもいいものです。
ただし、風邪は今のうちにしっかりと治しておきましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-21 18:06 | 雑記 | Comments(0)

なぜか分かりませんが…

c0001632_15544318.jpg

ふと海に来たくなったので、湘南海岸まで来てみました。
こうして海岸にいても寒いのに、海にはたくさんのサーファーが浮いています。
今は1月ですよ。寒くないんですかね?

海にはたまにしかこないが、波の音を聞くだけでもいいですね。
ただ寒いので、風邪をひかないうちに引き上げる事にしましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-20 15:54 | 雑記 | Comments(0)

段取り力

俺という人間は、「段取り」を考えるのが凄く苦手な人間です。
今までかなり行き当たりばったりだったという事でしょう。
しかし・・・30にもなってこのままではいけません。
大体今の仕事も「段取り」がきっちりとしていないととてもこなせない仕事。
「段取り」が甘いおかげで苦労もするし、迷惑も掛ける事になります。

そこで段取りを向上させるべく、「段取り力」という本を購入。
しかし・・・正直言って理解できたかどうか怪しいです。
これはもう1回読み直してみるべきでしょう。

そんな中でも理解できた事柄は、「全てを段取りという視点から見る」という事。
例えばテレビのニュース番組でも、ニュースを伝えるという「アウトプット」が出るまでに、色んな「段取り」を踏む必要があります。
まず記者がネタを取材する、それを編集して原稿に起こすディレクター、そして視聴者に伝えるニュースキャスターなどなど、細かくすればやるべきステップはいくらでもある筈です。

時間にすればたった15秒程度の記事でも、15秒テレビで伝えるまでにどれだけの人と手間が掛かっているか・・・そういう視点で物事を見ていると、確かに見方が変わる気がしました。
それを自分に当てはめてみると・・・いかに「段取りを作る」という段階が無いか。
だから後手を踏む事も多いし、結果的に作業が遅くなってしまうのである。
目の前の作業を片付ける前に、「その日やる事」というのを整理する時間を作るべきですね。
せっかく朝早めに来ているのだから、10分ぐらいはそういった時間に使ってみましょう。

そうすれば少しは自分に余裕が持てるのでは?と思います。
あとは作業の優先順位と期限ですね。
この辺はまたスケジュール管理になるから別かもしれないが、それにしても「段取り」が必要。
「段取り8分」とはよく言ったものですね。
恐らくできる人達はこのステップを普通にしているのでしょう。

俺には課題だらけだが、一気にやろうとしても無理です。
できる事からコツコツとやっていくしかないですね。
少しずつでいいから、着実に成長していきたいものです。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-18 08:11 | 雑記 | Comments(0)

近頃のマイブーム?

近頃、暇な時にチョコチョコとやっている事があります。
それは家のユニットバスの掃除。
特にタイルの目地のカビ取りとか、暇な時にチョコチョコとやっています。

なぜかは分からないが、たまにやると気分転換になるんですよね。
相手も頑固な汚れなのでなかなか落ちないが、ハンズで見つけた「おそうじ消しゴム」なる物でしこしこと汚れをこすってます。
この消しゴムなかなかの優れもので、水垢なんかがきれいに落ちるんですよね。
お陰でカビが生えてきていたドアとかも大分綺麗になってきました。

あとは結露取り。これも結構やってますね。
あっという間に水がたまってくるのでこれまた意外と面白いんですわ・・・
掃除もやってみるものですね。意外と気持ちいいし。
書いていたらまたこすりたくなってきたので、ちょっと掃除してきましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-15 08:26 | 雑記 | Comments(0)

SHM-CDコレクション?

最近CDを購入する際に、SHM-CD盤を購入する事が増えてきました。
理由は音質。SHM-CDで聞くと全体的に音が明瞭になります。
そして音場も広がる感じがするので臨場感もUP。
特に車の中で聞くのが中心になるので、低音が強化される部分も大きいです。

SHM-CDだとウーファーで低音を追加したのでは?という音が出てきます。
この前買ったCHILDREN OF BODOMのHate Crew Deathrollなんかだとバスドラやベースの音がズンズン響いてきていい感じです♪
これでウーファーを入れると・・・一体どうなっちゃうんでしょうね。

ただ問題が一つ。SHM-CDが高い事。
しかし一旦聞いてしまうと通常のCDに戻り辛くなる事も事実です。
ただSHM-CDも賛否両論あるみたいだし、一度サンプラー盤を聞いてみようかと思います。
このサンプラー盤、1000円で通常のCDとSHM-CDの2枚組のアルバム。
2枚とも同じ曲が入っているので、純粋に音源を聞き比べる事ができます。
実際に通常のCDと同じ音楽を聞き比べた事はないので、ちょっと興味深いです。

ただ(俺の主観として)いえるのは、SHM-CDの音楽のほうが迫力があります♪
よってMETALLICAとかGuns N' RosesとかSUM41とか、SHM-CDがどんどん増殖。
いまやSHM-CDが家に6枚もあります。
これらのCDは売る気も無いのでリセールバリューも期待できない。
となると・・・お金の使い方を良く考えないといけませんね。

ただし、通常版と比べて1000円程度でこの音が手に入るので(俺にとっては)SHM-CD盤に手が出てしまいます。
一番辛いのは過去の名作がSHM-CD化される事。
Hate Crew Deathrollもそれで買った1枚です。
町田のユニオンに久々に行ったら発見してしまったのでつい購入してしまいました。

今は主に車で聞いているが、家でもCDが聞ける環境を整えたいです。
オーディオシステムの構築を少しずつ考えていきましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-12 19:34 | 雑記 | Comments(0)

連敗脱出!

この前久々に徹マンをしていました。
といってもその前に送迎やらなにやらで出来たのは半荘3回。
その3回を1、1、2着といい着順で乗り切る事ができました。

チートイツの待ち牌がうまくはまったのが勝因ですね。
地獄の北とか、8索がカンされた後に9索で待ったりしたのがうまくいきました。
半荘3回でチートイツを何回上がったか分かりません。
その上(半荘3回と短かったせいもあるが)いつものポカも今回はありませんでした。

お陰で+120と見事連敗を脱出。幸先のいい打ち始めとなりました。
この調子で連勝を続けて行きたいですね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-12 17:25 | 雑記 | Comments(0)

やってみようと思う事

この前読んだ本に、「自分が楽しい事を見つけるには、子供の頃していた事を思い出す事」という事が書いてありました。
理由は「子供の頃やっていた事というのは自分が純粋に興味を持っていた事」だから。
確かに子供の頃はあまり深く物事を考えずに物事に取り組んでいました。
それだけに本当に興味がある事しかやっていなかったと思われます。
じゃあ俺が子供の頃夢中になった事とは何か?自分を楽しませる為にも思い出してみました。

ガキの頃から記憶を追っていくと・・・1人遊びが大好きな子でしたね。
野球盤を1人でやっていたりとか、ミニカーで遊んだりとか。
三輪車で近所をうろついてよくこけてたりとか。
小学生に上がると・・・4年生ぐらいの時に本を読みだしました。

あの頃はまっていたのは推理小説。
といっても怪人20面相とか怪盗ルパンとかシャーロックホームズとかでしたね。
今はミステリーはさっぱり読みませんね。大抵歴史小説かドキュメント(吉村昭とか)かな?
そしてミリタリーも同時期に好きになりましたね。たしか戦艦大和から入ったんですよね。

中学から高校2年ぐらいまではひたすら本を読んでましたね。
あの頃は・・・田中芳樹とかに代表されるSFやファンタジー小説を読んでました。
銀河英雄伝説にアルスラーン戦記、創竜伝とかを読んでいた記憶があります。
推理小説も赤川次郎を中心にまだ読んでましたね。
そしてこの頃から歴史小説や伝記物も若干読みだしました。
戦国武将の伝記とか、司馬遼太郎とかもちょこちょこ読みだした気がします。

そういえば中学時代は「ニュートン」という科学雑誌を読んでましたね。
こういうのって小難しいことばかり書いているが、意外と面白いんですよ。
宇宙がどうだとか、恐竜がどうだとか、結構面白がって読んでいた気がします。
未だに「ニュートン」はたまに立ち読みしたりしますね。

あとなぜか好きだったのが地図帳。あれで地理を大分覚えた気がします。
なぜ地図帳が好きだったか・・・我ながら理由は良く分かりませんね。
もしかしたら旅をしたいという欲求がどこかにあるのかもしれません。

だいたい高校までこんな感じの事をやっていました。
こうして振り返ってみると、俺という奴はつくづく「ひとり遊び」が好きな奴ですね。
ガキの頃から1人で遊んでいたし、ちょっと成長したら本にのめりこんでいたし。
要は「自分の世界」に入り込んで誰にも邪魔されたくないんでしょう。
釣りにしてもそうした部分というのが往々にしてありますからね。

となると・・・俺が楽しむ為には「ひとり遊び」をもっと充実させる事、という事になります。
例えば一人旅に出るとか、もっとおひとりさまを楽しむ術を身につけるとかになるのか?
しかし・・・確かに一人の時間は大好きだが、本当にこれでいいのでしょうか?
人としてちょっと間違っているような気がするのはなぜでしょう?

これでは暗い人ですね。そうでなくても最近「暗い」と言われる事が多い俺。
ちったあ明るい人間にならないと自他共に良くないです。
周りの人達にとっても暗いよりも明るい方がいいに決まってるし。
俺自身も暗く考えるとろくな事がありません。
落ち込んでいたところで何も始まらないので、そこは変えていきたい部分です。

となると・・・もっと人との関わりを大事にしていく事で楽しめる事を探していきたいですね。
何かの集まりに飛び込んでみるとか、環境を変えてみる事も一つの手かもしれません。
後は・・・推理小説、久々に読んでみましょうか?
今売れているとなると東野圭吾になるのかな?
まあミステリー作家はかなりの数になるので、面白そうなのを一冊読んでみる事にしましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-08 05:18 | 雑記 | Comments(0)

今年のテーマ

漫然と釣りをしていても面白くないので、今年は何かテーマを立てて釣りをする事にしました。
そのテーマを何にするか…やはり行きつくところはいい加減にチャンピオンの連覇を止める事。
それならチャンピオンに勝つためにはどうすればいいのか?を正月休みを使ってじっくりと考えてみました。

まずはチャンピオンの勝ちパターンを振りかえると、アンカーを打ってじっくりとライトリグで釣るパターン。
俺らが同じ事をやると大抵チャンピオンに釣り負けてしまいます。
それを阻止する方法は二つ。一つはチャンピオンに自分の釣りをさせない事。
もう一つはチャンピオンを上回るライトリグの腕をつける事だと思いました。

前者のやり方は、例えばライトリグをやりたいチャンピオンと同船し、アンカーを撃たせずに巻物を投げ倒す、といったやり方。
アンカーを撃たせたら勝てる気がしないが、巻物ならば五分五分の勝負にはなるかもしれません。

しかしこの形の釣りでチャンピオンが楽しめるかどうか…?
あの人も巻物は好きだが、一ヶ所に腰を据えて釣るのが好きな人だけに何か違う気がします。
だいたい釣り部というのはみんなが楽しめてナンボ。
いくらアンカーがかかっていると言っても、勝てば何でもいい!というのは違うと思います。

よってこの案は却下。
となるとチャンピオンを上回る腕をつけるしかありません。
ならばどうすればいいか?と考えていたら、なかなかいい教材になりそうなDVDがあったので、この前の福袋と共に買ってみました。

早速見てみると、亀山ダムでライトリグを使い、ボコボコ釣りあげています。
これは非常に参考になりそうです。
実際に試してみたいやり方もあったので、シーズンインが楽しみになる内容でした。

このDVDではULのロッドを使っていたが、やはり3ポンドラインにUL、そして感度を重視してソリッドティップのロッドが必要かもしれません。
開幕までには時間があるので、手持ちのロッドも含めていい選択肢がないか、探していく事にしましょう。
メーカーもダイコーに拘らす、色々見ていい選択をしたいですね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-01-04 19:54 | 釣り | Comments(1)