<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハイシーズンだというのに・・・

体調を崩したり、時間が無かったりで釣りに行けてません。
じゃあここ最近何をしていたかというと・・・ひたすら読書。
3月から読んでいた昭和史発掘、3カ月かけてやっと読み終わりました・・・

「帝国ノ軍隊ハ皇軍ニシテ・・・」といった感じのカタカナ文体とか、難しい文章がびっちりと9巻。
小説というより辞書を読んでるといった感じでした。
おかげで2・26事件についてはよ~く分かりましたけどね。さすがは松本清張です。
その後は司馬遼太郎の「播磨灘物語」を読んでます。
昭和史発掘を読んだ後だからかもしれませんが、快適に読み進める事ができます♪
やはり行間が多いと楽ちんですね。

ただ体は夏カゼを引いたりしてイマイチ・・・
やっと良くなったかと思ったら偏頭痛が出たりする今日この頃です。
しかしなんとか大丈夫にはなりましたので、明日からバンバン頑張れそうです。

いいシーズンなので、1回ぐらいは釣りに行きたいですね。
亀山もどうやらガンガン釣れているみたいだし。
それよりもまたカゼを引かないよう、体調管理には気をつけたいと思います。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-06-21 11:16 | 雑記

ダウンショットで2本

土曜日は野尻湖まで釣りに行っていました。
今年の野尻湖は例年と違い1日勝負。
なので釣れなければ来年までリベンジの機会はありません。
その為、是が非でも釣っておきたい1日となりました。

今年の野尻湖は好調なせいか、例年よりもさらに人が多いような気が・・・
プレッシャーによる活性低下が懸念される中、朝一は水道局前のドラッキングからスタート。
しかしこの時点で10m置きにボートがいる過密状態。
野尻湖とこのプレッシャーを考えると、ライトリグで拾っていく釣りが中心になりそうです。

ドラッキングを1時間ほど試みるもノーバイト。
その後同船した先輩がダウンショットでノンキーを1本揚げたのみで移動。
YMCAワンドを打った後、琵琶島周りを攻めてみる事にします。

しかし琵琶島は水道局を上回る大船団が出来ていました。
半径50mほどの琵琶島の周りに50艇を優に超えるボートが集まっている状態です。
そんな船団のへりにつけた先輩の第1投!いきなり40cmがヒットしました。
こんな大船団の中で一発で釣れる事もあるんですね・・・

その後はチャンピオン艇もドラッキングでポツポツとあがる状態。
同船した先輩とチャンピオンは結構いい勝負になりました。
今年好調の先輩はその後も2本追加。
俺は・・・同じような事を試みているのだがノーバイトの状態が続きました。

そこでドラッキングに見切りをつけダウンショットで1本の釣りにシフト。
ドラッキング用のスピニングロッド(バロウズ63L)にもダウンショットをつけて2本体制に。
バロウズ63Lの方は若干シンカーを重めにして、遠投できるようにしてみました。
風も強くなってきたので、GWT62SULJ-KTFでダウンショットをするよりも使いやすかったです。

その甲斐あってか、YMCAワンドの隣の岬でようやく26cmをGET!
この時すでに1時過ぎと、今回も我慢の釣りを強いられました。
とにかく野尻湖まで強行軍で来たので、釣れてよかったとほっと一安心。
その後琵琶島の船団で35cmを追加して、この日の釣りは終わりとなりました。

最終結果は先輩が逃げ切って今期2勝目。
この先輩、普段はあまり釣れない(失礼!)が、今年は非常に釣果が安定しています。
この2本も先輩のガイドが無いと釣れていない2本でした。
ちなみにチャンピオンはドラッキングで41cmを筆頭に3本、カープ君も33cmをGETと、無事全員安打となりました。
自分は3年連続で経験があるが、ここまで来て坊主というのは辛いですからね。

これで俺のポイントランキングは3位と、ドベ(アンカー来年保持?)は脱出しました。
しかし、今年の釣果は全てダウンショットというのがイマイチ納得できません。
今年は釣り部で周りに釣り勝つためダウンショットを極めようとし、一定の結果は出ているようです。
が、ダウンショット中心の釣りになっている分テンポが遅い為なかなか釣れない。
やっと魚の位置を掴んだ頃には終了間際・・・という事になっているのでしょう。

今年は同じライトリグをするにしてもダウンショット8割という感じになっています。
ダウンショットは1本を絞り出す時、すなわち高滝や今回の野尻湖の船団では有効かもしれませんが、魚の位置を把握する為には他の釣り方も混ぜた方が良さそうです。
よってジグヘッドやノーシンカー、スモラバ等ももっと混ぜていく必要がありそうです。

その為にはGWT62SULJ-KTFの他に、もう1本スピニングロッドを用意する必要があります。
バロウズ63Lもその役目は果たしてくれていますが、中弾性ロッドの為感覚が違います。
今回の2本はいずれもバロウズ63Lで釣った魚だが、中弾性で食いこみがいいのが裏目に出たのか、35cmについてはおもいっきりフックを飲まれてしまいました・・・

中弾性のスピニングロッドも悪くないのですが、繊細な釣りを行うとこれがあるんですよね・・・
(早い話俺が下手くそなだけではありますが、魚にダメージを与えるのは辛い)
俺は元来鈍感な人間なので、どうしても道具に頼りたい部分になってしまいます。
かといってこの2本はGWT62SULJ-KTFで獲れたかどうか・・・

土曜日の野尻湖は昼からそこそこ風が出てきた為、3/32oz+3.5ポンドラインのダウンショットだと、風に流されてうまく投げにくい状況になっていました。
そこで若干重いシンカー(1/16oz)+4ポンド、そして若干大きめのワーム(といってもリーチですが)にして、遠投できるようにしたら的中した訳です。
ならばGWT62SULJ-KTFよりも少し強いパワーで、且つ高弾性/軽量のロッドが必要なのかな?と・・・

そう考えたら、ゴールデンウィングのLパワーのロッドが欲しくなってきました。
リールもいままでのルビアス2004ではなく、2500番手のリールでも良さそうです。
理由はスプール径が大きい分飛距離が出て、且つラインに掛かる負荷が小さいから。
候補はGWT62SLP+JかGWT63SLJ、もしくはGWT60SLJ-K.T.Fになりそうです。
GWT60SLJ-K.T.F以外は秘密の店で触れそうなので、今度見に行ってみる事にしましょう。

大分話はそれましたが、釣れてよかったです。
人は多かったですが、空気もうまいし人は穏やかだし・・・長野はいいですね♪
今年の難点としては6月に休暇が取れない為木崎湖にいつ行くか。
普通の土日で考えると、祝日を挟まないと厳しそうですね。
7月の3連休辺りで行けないか、考えてみる事にしましょう。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-06-07 16:34 | 釣り

野尻湖釣行 速報

釣り部毎年恒例の野尻湖戦から、今しがた帰ってきました。
結果は何とか2本絞り出しての3位。
昼過ぎまで釣れず、はるばる野尻湖まで来て坊主という最悪の事態も覚悟したが、今回も耐えたかいがあって、午後に釣る事ができました。
お陰で楽しい遠征となってよかったです。

今日はくたくたなので、詳しくは明日更新する事にして寝ます。
おやすみなさい。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2009-06-06 22:17 | 釣り