<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年も終わり

今日は大みそか。
走り納めに行こうかと思いましたが、前日の納会の影響で昼まで寝てました。
よって午後ローラー台で1時間汗を流し、今年の走り納めとしました。
今年1年も大過なく過ごす事ができてよかったです。
これも周囲の方々に支えて頂いたお陰です。来年もよろしくお願いいたします。

今年はとにかく、自転車三昧な1年でした。
趣味は完全に釣りから自転車に入れ替わった感じです。
去年の暮れにRSR-Fを買って以降、こうなるとは思いませんでした。
まさか車を売りロードバイクを買って山中湖箱根熱海に行くようになるとは・・・

今年の走行距離は5000km弱です。
クロスバイクで2000km弱、ロードバイクでは3000kmを走りました。
ロードを買って半年で3000km・・・我ながらよく走ったものです。
その割に体重は減りませんでしたが、ローラー台導入でどこまで効果がでるか。
これは来年に期待です。

仕事の面でもある意味充実した1年でした。
上司が変わり、自分で色々考えなくてはいけなくなり、非常に頭を使いました。
今までで一番頭を使った1年だという事は間違いないですね。
使い方が合っていたかどうかは自信がありませんが・・・
まあ大過は無かったので、それなりには合っていたのでしょう。

読書の方はというと、恐らく年間で100冊は読みました。
ビジネス書、心理学、自転車本、街道をゆく、禅、寝る前に最適な雑学本などなど・・・
ただ積み本も何冊かあるので、この正月休みで読み切りたいです。
本屋に行くと面白そうな本に目移りして、まだ読んでいない本があるにも関わらず新しい本をついつい買ってしまうので、来年はなるべく読み切ってから本屋に行くようにしましょう。

自転車、仕事、その他諸々と、来年に向けた課題は山積みです。
が、少しは1年間で成長できたのかもしれません。
来年も色々な事があり、色々と考える事でしょう。
そうした物事を通して、自分を高めていきたいです。

それでは、よいお年を・・・
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-12-31 21:40 | 雑記

箱根アタック!

c0001632_18493867.jpg


箱根駅伝をより楽しむ為、芦ノ湖まで行ってきました。
道中はもちろん箱根のコースである国道1号を登坂。
山中湖より距離短いし何とかなるだろう・・・と思いきややはり箱根。
勾配はきつい、距離は長い、ずっと上りっぱなしなので休めない・・・
ヤビツや道志よりもずっときつかったですね。
改めて思いました。柏原はバケモンですわ・・・

しかも鬼のごとく寒かったです。
平地も寒けりゃ、箱根はもっと寒いですよね・・・
道中の小涌谷の温度計は-2℃を指してました。芦ノ湖に着いても気温は1℃。
あまりの寒さに、写真を撮って早々に退散しました。
もっと暖かい時期に来なければダメですね。

そして下り坂。気持ちよくダウンヒルと思いきや・・・
上り返しを上りたくない、混雑の中下りたくないと、敢えて旧道から行って失敗しました。
旧道は10%を超える勾配の坂がこれでもかとありました。
よってブレーキを握っていても止まり切れそうになく、あまりの恐さに押して下ってきました。
上り坂は1回休んだだけで足を着かずに上り切ったのに、下りで押す羽目になるとは・・・

このタイムロスが響き、帰ってきたのは真っ暗になってからでした。
寒いわ、暗いわ、下りで押すわ・・・正直言って箱根をなめてました。
完全な失敗ですね。もっと暖かくなってからリベンジしましょう。

さて、まともに下れなかった訳を家に帰ってから調べてみました。
すると、下りのブレーキング方法がそもそも間違っていたようです。
俺は下りでもブラケットを握ってブレーキングしていました。
その為握力が無くなり、坂を押す羽目になった訳です。

正しい下り坂のブレーキングとは、

・ハンドルは下ハンドルを握る。
・重心はサドルの後ろへ。

が基本との事。確かに下ハンドルを握った方がブレーキは強く握れます。
考えてみればテコの原理で単純な事です。
だが、これまで散々峠に行っておきながら、考えてもみませんでした。
確かに下りは怖いな・・・と思っていましたが、今まではここまで強烈な下りを経験していなかった為、何とかなっていたものと思われます。

じゃあ道志は?となるが、実は道志のダウンヒルはたまに上り返しがあります。
よって一つ一つの下り坂はそこまで距離がありません。
裏ヤビツも長い距離をダラダラと下る感じなので、それなりに下れていたと思われます。
しかし箱根で完全に打ちのめされました。
本来下りは自転車にとって(危険だが)楽しいはずなのに、押して下るとはね・・・

ただ、下りの恐怖の原因は分かりました。
上りが登れるようになっても、下りが不安なままではいけません。
上ったら必ず下らなくてはいけませんからね。
とりあえずは津久井や宮が瀬等、行き慣れた所で練習しましょう。
まずはゆっくりと下りつつ、試して行きたいと思います。

今週は土曜日(環状4号→環状3号)も含め、不完全燃焼でした。
しかしはっきりとした課題を見つけたので、まあ良しとしましょう。
今年走れそうなのはあと大みそかだけ。
天気が良ければ、走り収めとして下り坂の練習をしに行こうと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-12-26 19:10 | 自転車

普段乗り用物色中

相変わらず、観音崎とか津久井とか城山に行っています。
今月の走行距離も300kmを超えました。年末までに月間500km走れるでしょうか・・・
今週末時間があれば、箱根駅伝をより楽しむ為にも芦ノ湖へアタックしたいと思います。

それはさておき、普段用の足としてもう一台自転車が欲しくなってきました。
今俺の手持ちの自転車は、まずパナソニックのロードFRC03。
買って半年、走行距離はまもなく3000kmに達しそうです。
我ながらよく走りましたね・・・今年中に3000kmを突破したいものです。

そしてルイガノのフラットバーロード、RSR-F。
買ったのは去年の今頃。現在はローラー台用となりました。
去年の今頃は、まさかこんな事になるとは思ってもいませんでした。
よりによって車を売ってロードに乗り換えですからね。
RSR-Fを買った頃はレーパンなんてとても着れないと思っていたのに・・・
何がどうなるやら、知れたものではないですね。

そしてクラックが入り使えなくなったアンカーのクロスバイク。
未だに玄関前に鎮座してます。ただし取れる部品は全て取ってます。
再生できればいいのだが、クラックの修理はめんどくさいし高い。
よって半分ゴミ状態と化してます。思えば可哀そうな自転車かもしれません。
ただ、今ロードに乗っているのもこれのお陰です。
これに乗らないと自転車の楽しさも分からなかったでしょうからね。

という事で、手持ちの自転車は3台ありますが、それぞれロードレーサー、ローラー台用、事実上廃車である為、普段の足がありません。
これでは色々と不便なので、普段の足となる自転車を物色中です。

条件は会社の通勤用に使える事。ちなみに会社の駐輪場は完全に雨ざらし。
雨の日は乗らないが、仕事中の不意の雨もある為、高い自転車は止めれません。
そんな自転車は室内で保管して、錆びさせたくないですからね。

よって、高い自転車は選択肢から外れました。
理想はBD-1なんですけど・・・雨ざらしの駐輪場には止めれません。
次の条件は普段使いに便利な事。
まずスーツでの通勤となるので、泥よけとチェーンカバーは必須。
そして買い物用として使いたいのでカゴも欲しいです。
それから外に気にせず置ける事。これが一番重要かもしれません。

普段乗り用の自転車は、マンションの前に普通に止めるつもりです。
以前RSR-Fを普段乗り用にしようと目論みましたがうまくいきませんでした。
やはり、普段乗り用を室内保管はちょっと面倒です。
それに加え、細いタイヤは高圧が必要な為、1週間に1回は空気を入れないといけません。
ロードならば走り心地が違うので当然なのだが、普段使いでこれはキツイです・・・

という事で、RSR-Fには乗らなくなってしまいました。
会社で雨ざらしにするにはちょっと高すぎますからね。
よって中途半端な状態となり、結果ローラー台用となった訳です。
スタイルが綺麗で買った自転車だから、これでよかったのかもしれません。

そういう用途ならば、ずばりママチャリじゃん!となるのですが・・・
乗っていてそれなりに走れないと嫌、というか危険です。
二束三文のママチャリだと、重くてすぐ壊れそうなのでとても乗る気にはなれません。
ブレーキもちゃんと効くかどうか怪しいし・・・
よって選択は難航しています。今のところの候補は

・ブリジストン サブナードスポーツ
・ミヤタ クオーツエクセルライト

の2台が有力ですが、小径車も捨てがたいです。
DAHONのメトロP6とかも悪くありません。ただ小径車は荷物を乗せると辛いかな?
ちなみに上記の2台はママチャリ。
ただ重量はサブナードスポーツが16kgと普通のママチャリより3kgほど軽め。
クオーツエクセルライトは高いが、重さは13kgを切ってます!
13kg切りって・・・下手なクロスバイクよりも軽いです。

ただ、サブナードスポーツの方が快適装備は充実してます。
近所の買い物、通勤に使用するには十分です。
ただクオーツエクセルライトの軽さも捨てがたい・・・
いや、そもそもマークローザのようなクロスバイクっぽいのもありなのでは・・・?
という事で、堂々巡りを続けているところです。

何はともあれ。普段使い用を買えば、月間走行距離が延びるのは確実です。
会社帰りにオークシティとか、グランベリーモールに寄れるのも便利でしょう。
普段の買い物も、行く範囲が増えて便利そうです。
得られるメリットも大きいので、色々と考えていこうと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-12-22 22:00 | 自転車

富士山が見たくなったので・・・

今週末もいい天気でした。
よって自転車に乗りましたが、土曜日は飲み会明けで境川往復のみとなりました。

午前中は前日の酒が抜けきらずゆっくりと休んでいました。
中途半端に乗るぐらいならばローラーか?とも考えましたが、せっかくのいい天気なので外へ。
午後からだったので、日没までの時間を考えると境川往復が精いっぱいでした。

しかし・・・休日の境川は人だらけで非常に走りにくいです。
ランナー、ウォーキング、犬の散歩、ママチャリからロードまでと千差万別な自転車・・・
特に歩行者がいると、徐行していても危ない事があります。
土曜日も逆走して来たママチャリを避けようと右によけた時、右側を進行方向へ歩いていた歩行者が、後ろを全く見ずに横断してきて、危うくぶつかりそうになりました。
逆走のママチャリ+後ろを全く見ずに横断してくる歩行者と、完全にはめられているのは俺。
しかしぶつかったらこっちの責任ですからね。全くもって割にあいません。

こんな事がいつ起きてもおかしくないので、歩行者がいるとどうしても徐行します。
その分周りの自転車にはバシバシ抜かれていきますが、仕方ありません。
みんな状況判断がうまいのか、怖い物しらずなのか、俺が中途半端に減速するからいけないのか・・・
この出来事で、やっぱり休日の境川は走るものじゃないな、と実感しました。
いずれケガをするか、加害者になりそうで仕方ありません。

まあ普通の人からしたら、自転車が時速30kmで走ってくるなんて思いません。
だから予測がつかない、というのは分かるんですけどね・・・
それにしても、明らかに危ないタイミングで進路変更される事は日常茶飯事です。
サイクリングロードの歩行者しかり、交差点での右折車然り。
だから交差点やサイクリングロードでは非常に気を使います。
もっと声をかけるなり、服装やラチェット音でアピールする事も必要かもしれません。

悲しい事に、相手はこちらを意識していない事がほとんどです。
例えば交差点で、こちらが優先だと何も考えず直進したら、命がいくらあっても足りません。
俺が交差点を直進しようとしている時に、車がいなかったら右折車はほぼ曲がってきます。
そのまま行くと確実に轢かれるので、大抵俺がブレーキをかける羽目に。
自転車だってれっきとした軽車両なのだから、直進優先は当たり前なんですけどね・・・

気がついたら不満をぶちまけてました。このような事を書いた本はいくらでもあります。
日本の自転車行政は明らかにおかしいですからね。
この話はこれぐらいにして・・・最近は脚力がついてきたので、峠に行く事が多いです。
峠ならば信号も無いし、交差点も少ないし、歩行者もいないし・・・
下りの怖さと上りのしんどさはあるが、サイクリングロードよりよっぽど安全です。
こうして自転車乗りは坂馬鹿になっていくんですね・・・

前置きがかなり長くなりました。
要するに、土曜日ちょっとさぼりつつ、境川で嫌な思いをしたので、峠へ行きたくなりました。
という事で、標題にある通り富士山でも見ようかと・・・

c0001632_2035762.jpg


山中湖へ行っちゃいました!

釣りでしか行った事の無かった山中湖に、ついに自転車で来てしまいました。
案外行けるものですね。ちょっとシュールな感じです。

ちなみに道中は道志みちを通ってきました。
道志みちには道中山伏峠という峠があり、そこまで40km強の8割方が上り。
勾配もそうですが、上っても上っても続く上り坂が一番きつかったです。
その為上り終わった山伏トンネル前では思わず「ヨッシャー!」と声をあげてました。
そしてトンネル前で記念撮影。

c0001632_2094444.jpg


かなりしんどかっただけに、今まで上った峠で一番うれしかったです。
その後上った疲れからか、右ひざとか、左の太ももとか、普段だとあり得ない所が吊りそうになりましたが、何とか山中湖までたどり着く事ができました。
その分帰りの下りは気持ちよかったですね。路面の悪い所は怖かったけど・・・
朝7時半に家を出て、12時半に山中湖へ着き、日没寸前の夕方4時に帰宅。
走行距離は154kmを指していました。土曜日さぼった分がっつり走れて満足です♪

問題は体の張り。腰に少し張りが出てきたので、ちょっと休む事も考えてます。
やはりローラーを週1、ロングライドを週2の週3回が無理のないペースみたいです。
今週は水・木と時間があり、ローラーに2回乗ったのが失敗だったかもしれません。
ローラーを乗ると週末乗った時の足の回りが全然違いますが、どこかを痛めたら意味がありません。

休んで体を回復させる事もトレーニングのうちです。
3日おきに鍛える「超回復」をうまく取り入れつつ、体を絞っていきたいです。
それにしても・・・道志みち+山中湖は気持ちよかったです。
今度は日が長い時に、もっと長距離(河口湖等)を目指してみましょう。
その為にも、足をしっかりと鍛えようと思います。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2010-12-05 20:16 | 自転車