<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

節電対策

c0001632_18131510.jpg

今日は休みだったので、例によって朝自転車で一流ししてきました。
コースは朝比奈→鎌倉→茅ヶ崎→サザンビーチ→境川の80km。
日曜日に攻め込んだので、今日はLSDペースでのんびりと走りました。
鎌倉の裏道でまた立ちゴケしたものの、足の回りも良く順調でした。
(それにしても、PRO3に変えてから立ちゴケしやすくなったような・・・気をつけねば。)

c0001632_18363742.jpg

朝5時半に出発したお陰で、10時帰宅と涼しいうちに走る事ができました。
その後シャワーを浴びて食事を取り、さて日曜の試験勉強、と思ったのですが・・・
外は快晴、気温も真夏日だった為非常に暑い。
その上節電対策としてエアコンはなるべく使いたくない・・・

仕方ないので扇風機を当てて勉強していましたが、どうも集中できません。
会社でもエアコンの設定温度が高い為、午後になると非常に暑くなります。
その為仕事も捗らないのですが、同じ状況に陥ってしまいました。
エアコンを入れてもいいのですが、東電のサイトを見ると電力推移も高めです。
皆考える事は同じ筈。さてどうしたものか・・・

このままでは集中できないので、エアコンが効いていそうな喫茶店に行く事にしました。
その為参考書を持ち近所の喫茶店へ。一人で喫茶店に行くのも随分久しぶりです。
午後4時前だった為人が多いかな?と思いきや幸い空いていました。
室内も空調が程良く効いていて、集中して参考書を読む事ができました。
ただ近所のおばさまの溜まり場になっていて、話し声がにぎやかな事・・・
まあ、チェーン店だからある程度仕方ないですね。

正直、喫茶店には今まで苦手意識がありました。
特にスタバとかに行くと、なぜか強烈なアウェー感を感じるというか・・・
ですが今日行った所では、幸いにしてアウェー感を感じずに済みました。
一体スタバと何が違うのか分かりませんが、これなら喫茶店で勉強や読書をするのもありですね。

何より自分の家の電気を使わない分、少しは節電対策になりました。
都心に買い物に行った時の休憩や読書等、使い道は色々ありそうです。
あとはもう少し落ち着いた喫茶店があればいう事ないですね。

試験が終われば、節電対策としてガンガン自転車に乗り、「避暑」としてお山に行こうと思います。
家にいても暑い分、余計な電気を使うだけですからね。
山中湖なんか夏でも寒い時があるぐらいだし、道志でトレーニングにもなるので一石二鳥です。
一番暑い時間帯は山の上にいて、そこから下って帰ってくる。
そして夕方にシャワーを浴びて一服、最高ですな・・・w

節電は今年だけの問題では無く、これからしばらく続きそうです。
こんな事を言うと不謹慎かもしれませんが、ライフスタイルを変えるいい機会です。
なのでとにかく楽しみながら、柔軟に生き様を考えていきたいものです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-22 18:42 | 自転車

100km-100km

来週の情報処理試験まで、勉強時間を確保する為自転車は午前中までとしています。
その為、100kmを遥かに超えるロングライドは自粛中です。
ただこの時期、雨がちではありますが幸いにして日が長い。
という事で、朝4時ぐらいに起床し、5時、6時スタートで午前中に100km程度走っています。

という訳でまずは昨日。
c0001632_155951100.jpg

LSDペースでのんびりと観音崎まで行ってきました。
ただ観音崎だとちょっと距離が足りない為、夏島の工業地帯で距離を稼ぎ103km。
天気も午前中はなんとか持ってくれたので、いいサイクリングになりました。

そして今日。まずは大垂水峠を越え相模湖へ。
c0001632_1614420.jpg

相模湖の次は行った事がなかった牧馬峠へ。
ただ途中道を外れたのか奥相模湖の方へ行っていました。

c0001632_1625362.jpg

峠道のダウンヒル中に、突然こんなダムが現れたのでびっくりしました。
よくぞこんな山奥にダムを作ろうと考えましたね・・・
また牧馬峠に至る道は、所々に集落がありびっくり。
神奈川にもこんな秘境みたいな所があるんですね。

奥相模湖を超えたら今度は宮が瀬へ行き羊羹を食べ休憩。
c0001632_166093.jpg

この後ダウンヒル中に雨に降られましたが、本降りにはならずに済んでよかったです。
ただ自転車は泥まみれだったので、帰ってから裏返して念入りに拭き掃除をする羽目に。
まあ今日は大垂水峠も路面が濡れていた上、山の天気は変わりやすいので仕方ないですね。

結局今日はヒルクライム三昧で110km。
昨日、今日と100km走ったのは、自転車旅行に行った場合をシュミレーションしてみました。
自転車旅行だと、今日程度の距離を数日間連続で走る事になります。
そこでワンデイで100km走るのと違い、2日続くとどうなるのかと思ったからです。
100kmだと午前中で終わるので、距離的にもちょうどいいかな?と・・・

結果は・・・意外としんどいです。昨日も今日も、走った後ぐったりです。
さすがに早起きのしすぎでしょうか・・・まあ潔く昼寝すればいいのですが。
実験結果から、次の日に影響が出ない距離は、今の俺だとせいぜい80kmぐらいと思われます。
今日も昨日の疲れが完全に抜けきってはいない感じがしました。
足の回りもイマイチだし、最後の宮が瀬の登坂では足が売り切れ気味になっていました。
今日の結果を踏まえて今後どうするか、明日の疲労度合も見つつ考えたいと思います。

ところで、登り坂でダンシングをする際に、軋むような異音がしだしました。
この音、土曜日から鳴り出したので、日曜日備え心当たりのある部分を増し締めしてみました。
するとフロントディレイラーの調整ねじを増し締めしてしまい、インナーに入らない事態に。
大垂水峠を前にした公園で、調整に四苦八苦する羽目になりました。
インナー無しの峠越えは、俺にとっては悲劇以外の何物でも無いですからね。

修理が出来なければ峠越えを断念して引き返すつもりでした。
ただ幸いにしてなんとかインナーに入るようになったので、計画通り走りきる事ができました。
ただ異音は消えず、且つ素人調整では不安も残ったので、帰りがけに自転車屋さんへ。
ペダルの装着部分をグリスアップして貰い、フロントの変速も調整してもらいました。
こういう時、自転車屋さんで買っていると助かります。

調整後に平地を乗った感じだと、異音は完全に消えてました。
ただ上り坂でダンシングしてみるとやはりギシギシといいます。
まあメタボな俺が登りで思いっきり負荷を掛けている訳ですから、無理も無いかもしれません。
今のところ走行には全く影響はありませんが、注意していく事にしましょう。

こういう異音、意外な部分から出ている場合もあるので、今度乗る時じっくり点検してみましょう。
梅雨の合間にこれだけ走れて満足です。
すっきりしてきたので、試験勉強の方も頑張っていきたいものです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-19 16:23 | 自転車

梅雨と試験勉強の合間に

c0001632_1941575.jpg


週末を狙い撃ちしたかのように梅雨空が続いています。
しかし、日曜の午前中は雨は降らないとの事。
という事で、夜からの雨で濡れた路面が乾くか乾かないかの内に小田原まで行ってきました。

試験勉強や雨予報もある為、朝5時にスタートし小田原へ。
この時期、4時には明るくなるので早起きして自転車に乗る事ができます。
朝は車も走っていないから気持ちいいんですよね♪
その気になれば平日でも出来るかもしれません。

今回はいつもよりも遠回りして小田原まで行く事にしました。
通常であれば、小田原へ行くのであれば境川を南下します。
しかし境川のサイクリングロードは路面が乾ききっていない可能性がありました。
路面が極端に濡れていると、泥が跳ねて自転車が汚れるから嫌なんですよね。
よって境川よりかは路面状況が良さそうな環状4号を選択。
環状4号も路面状況は完璧ではありませんでしたが、まあ許容範囲内でした。

よって小田原へは、環状4号→朝比奈→鎌倉→江の島経由で行くことにしました。
朝比奈→鎌倉経由としたのは、由比ヶ浜の海が見たかったのと、鎌倉までの坂を登ってみたかったから。
坂は短いながらも登り応えがありました。思わず笑えるぐらいに面白かったです。
今後もっと走ってみましょう。勾配も8%程度と手頃だし、逆側からも面白そうだし。
いつもの環状4号の部分(トンネルまでの登り)とは大違いでした。
当初はあれでも結構きつかったのですが・・・俺も少しは成長しているようです。

朝比奈を登った後は若宮大路に入り由比ヶ浜へ。
ただ日曜だからか、朝7時だというのに由比ヶ浜はサーファーだらけでした。
道路も渋滞していたし、みなさん好きですねえ・・・
まあ俺も人の事を言えたたちでは無いか・・・

その後はいつものルートで小田原へ。
足が回る分心拍数は高めでした。これはこれでいいトレーニングになりそうです。
心肺機能を鍛えるにはうってつけでしょう。
下りで休めてしまう山と違い、平地を延々走るのも意外とキツイものです。

小田原へは朝9時すぎに到着し、堀を見ながら羊羹を食べ、冒頭の写真を撮って帰宅。
ちょうど昼前に戻り、走行距離は129kmとなりました。
早起きしたお陰でこれだけ走ってもまだ昼前。試験勉強や買い物もしっかりする事ができました。

ところで、今日は先日購入した新しいタイツを履いて行きました。
購入したのはパールイズミの「コールドブラック」というビブタイツ。
やはりロングライドにはお腹の締め付けやタイツのずれが無いビブが楽です。
ただトイレはめんどくさかったですね。まあ仕方ありませんが・・・

問題はこのタイツにしても尿道の圧迫感が出たこと。
このタイツはパッドがいいので尿道の圧迫感は出なくなると思っていました。
しかしそうはいかず・・・これはサドルの問題と思われます。
今俺が使っているアリアンテはお尻をしっかりホールドする為角度がついています。
どうもそれが災いし、尿道の圧迫感の原因になっているっぽいです。

俺はサドルに座る際、坐骨の骨盤で体重を支える乗りかたをしています。
アリアンテだとサドルの後ろに角度がついている分、骨盤が前倒し気味になります。
そうなると尿道に体重が乗り、それが圧迫感の原因なのでは?と感じました。
俺は正座をする家で育ったせいか、骨盤をまっすぐに立てやすいっぽいです。
となると、サドルに角度がついていない物の方がいいのでは?と思いました。

家に帰り、自転車を掃除する際とりあえずサドルのセッティングを弄ってみました。
しかしこのサドルだと、元々角度がある分セッティングを平行にするにも限界があります。
もしかしたらうまく行くかもしれませんが、俺はサドルの上で頻繁に腰を前後に動かします。

峠道のアップダウンでは後ろに重心を掛けるし、平地では前乗り気味になるし・・・
なので、角度のついた後ろの部分をどうしても使わないといけません。
そうなると骨盤が倒れ尿道に圧迫感が・・・
じゃあ後ろ乗りをやめれば?となるとどうしても前荷重になる下りが危険です。
なので俺の場合、後ろ乗りは絶対にやめられません。

となると、サドルの交換を考える必要がありそうです。
サドルは難しいんですよね。今回のアリアンテみたいに座ってみないと分かりません。
アリアンテも自分の体の固さとか、色々考えて選んだだけに、こういう事態は予想できませんでした。
サドルはみんな好みや骨盤の形が違う為、絶対的な正解はありません。
なので出てきた問題点を考慮して、自分の尻に合うのを探すしかありません。

今のところ、同じフィジークのアリオネか、セライタリアのフライト、SLRが有力候補。
俺の骨盤の形状を考えると、案外レーシーなモデルでもいいかもしれません。
実際結構レーシーなセライタリアのトランザムでそんなに違和感もなかったし。
サドルも含め課題は多いです。まあこれが面白いんですけどね。

なにはともあれ、今回もいいサイクリングでした。
今後は埼玉方面も攻めてみたいと思います。
サドルについてはおいおい考えていきましょう。
もっと遠くへ楽に行けるよう、平均速度や走れる距離をどんどん上げていきたいです。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-12 20:12 | 自転車

山の後海へ

c0001632_1820529.jpg

ステムとバーテープを変えて美しくなりましたね♪
それはさておき・・・

c0001632_18213280.jpg

今日は宮が瀬に上った後、

c0001632_18215235.jpg

サザンビーチまで行ってきました。

なんでこんな事になったかというと、宮が瀬の後に行くつもりだった半原越に行けなかったから。
早起きして朝6時に出発し、宮が瀬で写真を取ったのが午前8時。
日曜の朝6時の座間街道、いつもは混むけどさすがにガラガラでした。
宮が瀬まで車も少なく、非常に走りやすかったですね。

今回宮が瀬にはいつもの逆方向(津久井方面)から上りました。
所々きつい場所もありましたが、土山峠から上る方が全然きついです。
この後半原越に挑むつもりでしたが、道に迷いパス。
結局麓まで降りてきましたが、宮が瀬の上りが案外楽だったので不完全燃焼。
時間もまだ朝9時だし・・・という事でもう少し走ることにした訳です。

一旦麓まで降りたので、同じ津久井方面に戻るのも面白くないと考えました。
なので次なる目的地は・・・サザンビーチが距離的にも妥当かな?と。
そして厚木から129を南下しサザンビーチへ10時過ぎに到着。
1日で山と海、両方を楽しんできました。

やはり山と海は雰囲気が全然違いますね。
静かな感じの山に対し、海はどことなくにぎやかで開放的というか・・・
1日で両方行ってみる事で、雰囲気の違いが良く分かりました。
山には山の、海には海の良さがあります。
そのどちらも走れるとは、ちょっとした贅沢ですね。

そんなこんなで、今日の距離は109.5kmとなりました。
いつぞやの190km以来の100km越えです。その割には余力がありました。
宮が瀬からの下りで休んだのが大きかったかもしれません。
上体の疲れもそれほどではなかったので、ステムを変えた効果もあったかもしれません。

久々に土日しっかりと走りこめました。早くも先月の距離は更新です。
もっとたくさん乗りこみたいので、来週も天気に恵まれるといいですね。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-05 19:34 | 自転車

久々+ステム交換

c0001632_19103336.jpg

釣りが中止となり、やっと自転車に乗れる日と天気がリンクしました。
という事で、早起きしてヴェルニー公園まで行ってきました。

途中信号待ちでボトルを取ろうとしたら、前輪が意図しない方向に曲がり久々に立ちゴケ(爆)
さすがにちょっと恥ずかしかったですね。
幸い俺にも自転車にも大したダメージ無く済みました。
どこに落とし穴があるか分からないものです。それ以外は行きも帰りも快調でした。

c0001632_19151599.jpg

「ひゅうが」は三陸沖に行っているのか不在でしたが、ちょっと変わった軍艦も見れました。
いつもいる船とは明らかに塗装が違います。どうやらオーストラリア海軍の船のようです。
遠くからわざわざご苦労様です。お陰で珍しいものを見れました。

ところで、サイクリングは午前中に切り上げ、午後にステムを交換して貰いました。
まずは今までのステム周り。
c0001632_19185089.jpg

購入時についてきた90mmのステムです。
下ハンを重視しブラケットを調整して貰ってからというもの、長距離を乗ると腰が痛くなってきました。
ハンドルも遠く、上体に余計な力が入ってしまう気がする為、今回20mm短くして貰う事にしました。

交換後はこんな感じです。
c0001632_2084434.jpg

交換ついでに奮発し、上位グレードのPearl(SX)にしてみました。
ロードバイク用は70mmが無く、ツーリング用をチョイス。
ついでにバーテープも、気分転換を兼ねて色を変えてみました。
クラシックなスタイルであるの俺の自転車には、こうした茶系統の色が映えますね。

ちなみに俺の自転車のステムは、ロードバイクでは絶滅危惧種のノーマルステム。
最近のピストブームで少し盛り返しているものの、ロードバイクでは見かけないステムです。
ロードバイクでは簡単に取り外せるアヘッドステムが主流。ローラー台用のRSR-Fもこれです。

アヘッドステムだとステムを交換するだけなので素人の俺でも全然可能。
ノーマルステムだと変更する時にバーテープを外して、ハンドルを通さないといけません。
なので素人だと時間がかかるので、自転車屋さんにお願いした次第です。
バーテープ巻きの工賃も馬鹿にならないんですけどね。

でも俺はこのノーマルステムの形が好きで、この自転車だとアヘッドステムは考えられません。
ホリゾンタルのフレームと合わせ、自分の自転車ながら見てて惚れ惚れします。
だから工賃がかかるのも仕方ありません。自分でやると確実に日が暮れるし・・・
ここは素直にプロに任せてしまうべき部分でしょう。

ピストも似た形なので格好は好きなのですが、シングルスピード(変速無し)が理解できません。
やはり色んなところを走ってナンボなので、俺に変速は絶対に必要です。
ピストにはピストの良さがあるんでしょうけどね。
ただピストのお陰でノーマルステムが作られているようなものです。
だからこうしてステム交換をお願いできる訳です。ピストブームに感謝ですね。

交換後、自転車屋さんからの帰りに少し乗ってみました。
坂を登ってみたところ、20mm近づけただけあって自転車を引き付けやすくなってます。
これは上りで効果大です。それに加えて通常時の腕のポジションにも余裕があるし。
明日午前中に走りに行くつもりですが、その時が楽しみになってきました。

こうして少しずつ理想の形に近づいていきます。
次はクランク交換を考える順番になりそうです。
軽めのギアを使う事が多い為、俺にはコンパクトクランクの方が効率が良さそうです。
リアのスプロケットのギア比も含め、色々と考えていきましょう。
[PR]

by YRV9985-2450 | 2011-06-04 20:32 | 自転車