<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

風邪の治り

久しぶりの投稿です。前回から1ヶ月半。
MRIの結果も11月に出て現在再発の兆候なし。注射にもだいぶ慣れてきました。

ただ冬が本格化してきたせいか、今年既に2回風邪をひきました。1回目は11月中旬ごろ。
喉が痛くなり数日間のど飴が手放せませんでしたが、いつも通り普通に過ごしているうちに解消。
毎年季節の変わり目にこういう事はあるので、まあいつものことかと思っていました。

2回目は今週。寒かったせいか水曜からそこそこ熱も出て、金曜日の夕方まで下がりませんでした。
今度は木曜日病院に行くとやはり風邪。
無理せず会社に行ける状況だったので普通に仕事はしていましたが、同僚から「病人の目をしている」と言われ心配される始末でした。

ちなみにこの時は熱が下がるまでの木、金曜日に昼間コートリルを1錠ずつ頓服。
特に熱が38度まで上がった木曜日は、夜結構だるかったですね。
これも風邪のだるさか、コルチゾール不足のだるさか分かりませんが、結果頓服して正解だったと思います。
万が一、動けなくなればそこで終わりですからね。

ちなみに熱が38度を超えた場合、コートリルは普段の3倍増(朝2錠、昼1錠、夜1錠、就寝前0.5錠)でいいらしいので、38度に上がった夜にはもう1錠コートリルを頓服したほうがよかったかもしれません。
このへんの加減は、いろいろ経験していくしか無さそうです。

結局土曜日には何とか収まりました。フラシーボかもしれませんが病院の風邪薬は効きます。
ただ症状は以前よりも重くなった気がします。
熱が出続ける事もあまりなかったし、体力の落ち込みもかなりか感じました。

これが年齢のせいか、ホルモンの分泌のせいなのかは分かりません。
ただ一つ言える事は、去年と比べ変化が出てきているように思えます。

例えば今年、今までより体が冷えやすくなったような気がします。部屋を暖めないととにかく寒いです。
1シーズン、それもひと月の間に2回風邪を引いたこともそうです。今までこんなことありませんでした。
思えば「感染症には気を付けて」とは予め言われていました。

抵抗力に関係すると言われている、甲状腺ホルモンの値は正常値との事でした。
ただ術前と比べた増減をしっかりと把握しているわけではありません。
と思い甲状腺ホルモン低下症のパンフレットを見返してみたら、「寒がりになる」とか「代謝が悪くなる」と書いてます。症状的にビンゴです。かなり思い当たる節が出てきました。

俺は半端ない汗っかきで、冬でも汗をすごく掻く人でしたが、最近そうでも無くなって来ています。
今回の風邪の時も、初日の夜はあったかくしたのに汗はほとんど掻きませんでした。
(ただ汗を掻かない間、尿崩症は落ち着いていたような。これもよく分かりませんが…)

以前より風邪を引きやすくなったというのもそうかもしれません。
甲状腺ホルモンは現在正常値でも、手術により「正常値の範囲内で下がった」というのは十分考えられます。

と、このブログを編集していて気が付きました。やはり振り返りは大事ですね。再開した意味がありました。
ちなみに男性ホルモン治療の方は至って順調です。
ゴナーフエフという不妊治療用の注射を打ち出してから、なんとなく普段から元気になってきました。
集中力と意欲が増したというか…これは男性ホルモン(テストステロン)が分泌された結果のようです。

人体、特にホルモンって不思議ですね。
甲状腺ホルモンも含め、俺の症状を見て先生も首をかしげるような事が多いので、完全には分かっていないのでしょう。(「まあ、この値は正常なのでいいんですけどね。」という事を聞くことも多いです。)

なぜ尿崩症で冷たい飲み物が飲みたくなるのか。なぜ不妊注射用の注射を打ちだしたら元気になるのか。
考え出したらきりがありませんが、自分の体をもっと知るためにも、先生とよく話してみたいと思います。

[PR]

by yrv9985-2450 | 2017-12-17 08:01 | 闘病記 | Comments(0)