最終日にやっと・・・!

c0001632_15335262.jpg


俺の夏休みも今日で終わりです。
秋雨前線のお陰でなかなか自転車に乗れませんでしたが、やっと最終日に天候が安定しました。
という事で、朝4時に起床し、5時半出発でロングライドへ出かけてきました。

当初は山中湖にでも行こうかと思いましたが、山梨方面は天候が不安定との事でパス。
よって行き先に選んだのは真鶴。
真鶴は去年熱海に行く際に135号線で通過はしましたが、真鶴半島へ行った事がありません。
せっかくの夏休みなので、神奈川県内では数少ない未踏の地に行ってみる事にしました。

真鶴へは小田原までいつものルート(境川→134号線)で行き、そこから135号線を西へ行きます。
そして真鶴駅前から半島に入り1周してきました。
真鶴半島は小さい半島なので1周するのにだいたい5km程度です。
とはいえ意外とアップダウンがあり、走り応えのある道でした。

c0001632_15265667.jpg


港の近くの休憩所で一服していると、「写真を撮ってください。」という青年に遭遇。
なんでも東京から仲間3人で、泊まり込みで自転車で来ているとの事。
とにかく元気な青年でした。撮ってあげた写真も両手にピース、若いっていいですね。
受け答えもハキハキしていて好青年でした。なんだか青春って感じでしたね。

その後はハンガーノックになりそうになりながらもなんとか帰宅。
真鶴までの往復で142km。この距離を走るのは久々です。
ハンガーノックになりそうになったのは、いつもの感覚で適当に補給をしていたから。
最初花水(30km強)で補給して、次の補給が復路の小田原(80km程度)じゃあダメでしょう。
このぐらい普通に走れるや、と140km超という距離と暑さをちょっとなめてましたね。

お陰で小田原の後は2度ほどコンビニでピットインする羽目に。
境川CR出口の100円ローソンでおにぎりを買ってハンガーノックだけは回避しました。
しかし固形物(おにぎり等)を補給するタイミングとしては遅すぎです。
この時点で120kmも走っていたので、おにぎりを消化するのは簡単ではありません。
お陰でこの後は失速し、環状4号をゆっくり流すのが精いっぱいでした。

いくら朝方涼しくて快調だったとはいえ、ちょっと調子に乗りすぎましたね・・・
花水の後は真鶴(70km弱)でしっかりと補給すべきでした。
そうすれば復路の失速も防げたのではなかろうかと思います。

とはいえ、120kmまで失速が来なかったのはちょっとした驚きでした。
いつもなら80kmを超えた辺りから失速する事が多く、ちょっとした壁だと思っていました。
ところが今回は簡単に壁を超え、100kmを超えても快調そのものでした。

原因は前半涼しくて抑え気味に入れたのと、シューズを変えた為だと思われます。
前のシューズより足とペダルにフィットしている分、パワーロスが少ないんでしょう。
その為ちょっとした上り坂で失速する事やもがく事が少なくなりました。

よって体力の消耗も少なく済んだ為、120kmまでは足が持ったのだと思われます。
シューズを変えただけでここまで変わるとは思いませんでした。
初めからこれを買っておけばよかったですね。まあ最初は何も分かりませんでしたが・・・

本当は夏休みの前半にこれをやりたかったですね。
この休みで200kmとか、東京湾1周とかにチャレンジしたかったです。
まあ天気はどうにもならないので仕方ありませんが、これはこれで楽しい1日でした。
明日から仕事、やる事は恐らく山積みですが頑張っていきましょう。
[PR]

# by yrv9985-2450 | 2011-08-28 16:02 | 自転車

物々交換でGET!

秋雨前線の活動の合間を縫って自転車に乗る1週間となっています。
そんな中、SPDシューズとサドルが欲しくなってきました。

SPDシューズは1足持っているが、最近緩くなってきました。
自転車ダイエットの効能か、1年前キッチリだった靴が若干緩めになってきています。
シューズはビンディングでペダルに固定される為、フィット感が重要。
なので、よりフィットするシューズへの買い替えを考えていました。

サドルはアリアンテの代わりを探しています。どうも俺にはアリアンテは合いません。
なぜなら俺は状況に応じ、サドルの上で腰を移動させつつ乗る事が多くなってきたからです。
アリアンテはサドル自体に角度がついており、腰を固定させて乗るコンセプトの元作られてます。
よって、今の俺の乗りかたにはマッチしていません。

じゃあ腰を動かさずに乗れば?となりますが、そうなると坐骨の痛みや尿道の圧迫感が出てきます。
それに同じ筋肉を使いがちになるので、100km超の長距離になると疲労も早いです。
以前のサドル(トランザムXO)ではこうした問題は出てきませんでした。
最初はレーパンも疑ったのですが、こうなるとサドルの問題ですね・・・

という事で買い替えを検討していましたが、最近散財気味で先立つものがありません。
さてどうするか・・・こういう時はいらない物を売るべきでしょう。
幸い本と釣り具がだぶつき気味という事で、部屋の整理も兼ねいらない物を売る事としました。

まずは本。ブックオフの「宅本便」サービスを利用。
どうせブックオフだし二束三文と思いきや、8000円強とそれなりの売り上げ。
明細を見てみると本を101冊も売っていました。段ボール2箱売ればそれぐらいにはなるか・・・
というか、どれだけ俺は本を買いこんでいるんだ?という話ですね。

という事で、不要な本が意外と高収入になりました。
最初から買わなければホイールぐらい買えると思うが、本代は惜しみたくないので仕方ありません。
本を読む事は自分の成長に繋がりますからね。色々な知識や見方も増えるし。
ただ読めば読むほどアホになっているような気もしますが・・・まあ元がアホなので仕方ないと思います。

お次は釣具。車を売って以来一人で釣りに行かなくなった為、眠っている釣具が大分あります。
数年前、一人で木崎湖まで行っていた事を考えると隔絶の感がありますね。
それだけ釣りに情熱を傾けていたのですが、今は完全に自転車に行ってしまいました。

その情熱の遺産として、竿が11本、リールが7つもあります。
釣り部はほぼパターンが決まっている為、それだけのタックルはいりません。
となると、家で飼い殺し状態にしているのも勿体ないし、タックルに失礼な話です。
飼い殺しにするぐらいならば、しかるべき所で働いて貰う方がタックルも喜ぶでしょう。

という事で、昨日久々につり人天国へ行き、竿3本とリール1個を売却。
まあ1万ちょいぐらいかな・・・と思いきや2万円で売れました。
さすがつり人天国ですね。某チェーン店では絶対に出ない値段だと思います。

よって、2万8000円ほどの臨時収入が入りました。シューズ+サドル代としては十分です。
という事でつり人天国にいったその足でサガミサイクルへ行きシューズを購入。
購入したのはSHIMANOの「RT-81」というモデル。(SHIMANOですが釣具ではありません。)
ついに釣具を売って自転車道具を買う日が来ました。まあいずれ来るとは思っていましたが・・・

RT-81のお値段はクリート込みで15000円強。釣具代で十分黒字となりました。
早速今日の午前中にサザンビーチまで行きテスト。
以前のシューズよりもダイレクトに踏みこめるようになりました。
お陰で上り坂が今までよりも楽です。ただ足はしっかりと使わされる感じかな?

RT-81は全般的にはいい買い物でした。
ただ右足がちょっとキツイ感じがした上、小指の付け根が圧迫され痛くなりました。
よって帰ってからクリ―トの角度を調整。これで様子を見たいと思います。

後はサドル。腰を動かす乗りかたにはフラットのサドルが合うらしいです。
という事で色々と物色し、サンマルコのロールスとフィジークのアリオネに絞りました。
どちらのサドルも似たようなタイプのサドルですが、見た目が大きく異なります。

ロールスはロングセラーのサドルなのでクラシックなスタイルです。
同じくクラシックな俺のクロモリロードと合う事でしょう。
対するアリオネは最近はやりのサドルなだけあってレーシーなスタイル。これはこれでいいんですよね。

後は使用感だが、アリオネは合わないという人もちらほら。
それに対しロールスは合わないから変えたという人が少ないです。
変えた理由は格好が今のカーボンロードに合わないとか、今時のサドルを試したかったとかが多いです。
という事は・・・アリオネよりもロールスの方が万人受けするサドルなのでしょうか?

今のところ6:4でロールスに気持ちは傾いていますが、アリオネも捨てがたいです。
こういう時は一旦冷却期間を置いてみましょう。どうせ明日も雨だし・・・
ちなみにサドルはイギリスに発注しようと思います。日本で買うよりも4~5000円は安いので。
ロールスとアリオネ、どちらをポチるか明日じっくりと考えたいと思います。

--- 追記 ---
その後、イギリス宛にロールスの発注をかけました。
お値段も8000円強、と本の売却益で賄えました。
試しに日本の値段をチェックしてみるとイギリスの倍以上の16500円。
いったいどれだけボッタくっているんだか・・・

やはり自分で取り付けできるパーツなら日本で買うものではないですね。
恐らく来週には届く筈なので、乗り味がどんなものか楽しみです。
[PR]

# by yrv9985-2450 | 2011-08-26 22:51 | 自転車

やっと乗れました♪

c0001632_16102559.jpg


やっと天候が回復し、朝から自転車に乗れる日となりました。
早速横須賀方面へ行き、久々にヴェルニー公園まで行く事としました。

c0001632_16113833.jpg


ヴェルニー公園では「ひゅうが」がお出迎え。正面からみると凄い存在感でかっこいいですね。
乗るのは久々だったので足も回らないと思ったのですが、ローラー台効果かかなり調子は良かったです。
ローラー台に乗るととにかく良く回るというか、息が持つというか・・・
軽くでも乗っておく事って改めて大事だなと思った次第です。

ところで、サドルのポジションについて試行錯誤を続けています。
まずはサドルが遠い感じがして、上り坂が苦痛に感じた為ポジションを前に移動。
結果、ヤグラの取りつけ角度の問題で前上がりなサドルのポジションとなってしまいました。
正直かっこ悪いし、乗っていてもあまり快適ではありません。

という事でこの後ポジションを変更。ヤグラを少し前に出してみました。
すると前上がりのポジションは改善。今度は高さが不足に感じました。
俺の自転車のシートポストは角度が着いており、ヤグラを前後に動かす事で角度を調整します。
その為、ヤグラを少し前に出した事でサドルの高さが低くなった訳です。

その差はわずか3cm程度でしたが、たった3cmでもペダリングが変わり気持ち悪くて仕方ないです。
サドルの高さが低くなる事で、ペダリング中にひざを曲げる形となる為効率が悪いです。
当然ひざを曲げる為ひざへの負担も感じます。これだと長距離は持ちません。
という事で、コンビニにピットインしてサドルの高さを調整しました。

この後は調子も良かったので、テストを兼ねて朝比奈→鎌倉→江の島経由で帰宅する事に。
朝比奈の登りも134号の巡航も問題なく、これでちゃんと走れるようにはなりました。
ただ帰りの境川で股間に圧迫感が・・・
境川まで70km強と、俺の中でそれほど距離を乗っている訳でもないので、サドルの問題かと思われます。

俺は路面の斜度により、サドル上でもポジションを頻繁に変えます。
なぜなら重心が斜度で変化する為、その方が楽だからです。
となると、アリアンテはサドルに角度がついていて、スイートスポットが狭い感じがします。
だから長距離になると一点に負荷が集中し、股間に圧迫感が生じるのでしょう。

もう少し試してみるつもりですが、フィジークだと俺にはアリアンテよりもアリオネが合うのかもしれません。
もしくはセライタリアのフライトとかみたいに、平らなサドルの方がいいと思われます。
なぜなら、平らなサドルだとサドル上のポジションの自由度が高いから。
よくよく考えてみたら、前着けていたサドル(セライタリアのXO)も平らなサドルでした。
お尻や股間の圧迫感は、ポジションを変更する事で分散させる事ができます。
なので俺には平らなサドルの方が、乗り型的に合っているのかもしれません。

結局走行距離は93km。思ったほど暑くもならず、走りやすい1日でした。
やはり外を思いっきり走れるのはいいですね。明日からも似たような天気になると思われます。
せっかくの休みですので、ヒルクライムも含め、じっくりと走りこみたいですね。
[PR]

# by yrv9985-2450 | 2011-08-24 16:34 | 自転車

RSR-F セカンドバイク化

1週間休暇だというのに雨に祟られ、自転車に乗れない日々が続いています。
しかも雨はやんでいるのだが、ロードバイクを出せる路面状況でないのが歯がゆいところ。
何か対策は無いものか・・・という訳でRSR-Fのセカンドバイク化を思いついたのは先の通り。
という事で、ローラー台に乗った後町田のイトイに繰り出し、色々パーツを物色してきました。

セカンドバイク化するにあたり、まず必須なのは泥除け。
これが無いと路面が濡れていたら泥だらけになってしまいます。
ロードバイクに泥除けを着ける気にはならないが、RSR-Fならもはや何でもありです。

お次はチェーンカバー。どうせなら普通の服で気兼ねなく乗りたいです。
その為にはチェーンが巻き込まないようにカバーがあるといいです。
もちろんバンドで裾をしばってもいいのですが、ちょっとダサいというか・・・
普段乗り用にするのであればこの改造も必須ですね。

あとはサイクリンクを装着できるようにする為の小道具やポンプとかを買い足して帰宅。
その後は夜までかかり汗だくになりながら取り付け作業。
英語で訳のわからない説明書やチェーンリングのネジに苦戦しつつ、結局こうなりました。

Before
c0001632_21143769.jpg


After
c0001632_2115381.jpg


チェーンカバーと泥除けが着いたのがお分かりでしょうか。
泥除けは説明書とは大分違う形で着きました。
タイヤへどうにか干渉せずに済みましたが、実走してみてどうか・・・
チェーンカバーもディレイラーと微妙に干渉します。
まあこれは紙やすりでも持ってきて干渉しないようにすればいいでしょう。

後はローラー台だからと外していたライトや、サイクリンクのマグネット等を足せばお外に行けます。
タイヤも雨の日を考え、敢えて25CのEXTENZA(RR2)のままとしました。
23Cを履く手もありますが、セカンドバイクだし安定感を求めるのもいいかな、と。
この自転車で峠に行く事もないだろうし。

とはいえ、中距離(横浜、藤沢、厚木)のサイクリングや買い物には十分使えそうです。
大型のサドルバックを買うだとか、キャリアを着けるだとか、色々構想はあります。
まずは雨上がりに乗れるよう、準備を整えていきたいと思います。
RSR-Fもうまく使いつつ、乗れる日が増えたらいいですね。
[PR]

# by yrv9985-2450 | 2011-08-23 21:22 | 自転車

せっかく早起きしたのに・・・

今日は雨もやみ、自転車に乗れる日となる予報でした。
よって前日のうちにチェーンにオイルを差し、ドリンクを作って早く寝て準備万端。
案の定、3時半ごろに目を覚ましましたが、残念ながら雨音で目が覚めてしまいました・・・

雨雲の動きをチェックすると、どうやらゲリラ豪雨だったようです。
30分ほどでしたが、しっかりと降っていました。
この時間にこれだけ降られると朝一からの自転車は無理。なぜなら路面が乾かないから。
路面が乾かないと泥除けの無いロードバイクでは泥まみれになってしまいます。
俺が汚れるのはまだいいが、自転車が泥だらけになるのが忍びありません。
よって、路面が濡れてしまうと乗れなくなってしまうのです・・・せっかく早起きしたのに残念です。

とどめとして、7~8時頃にもう一回雨が来そうな感じです。
そうなると路面が乾くの早くても昼頃・・・今日も自転車は難しそうです。
となるとまたローラー台か・・・いいかげんローラー台も飽きてきました。
せっかくの休みなのに自転車に乗れないと、フラストレーションが溜まって仕方ありません。
全く、何のための夏休みなんだか。本当に旅行に行った方が良かったかもしれません。

ここまで雨が続くと、雨上がりでも気兼ねなくサイクリング出来る自転車が欲しくなってきます。
それなりに走るママチャリはあるが、乗るのも楽しいが正直もう少し遠くへ行きたい。
やはりママチャリはお買い物自転車であり、これでサイクリングは物足りないです。

となると、泥除けが付いて50~60km程度のサイクリングはこなせる自転車が欲しいです。
という事は・・・RSR-Fに泥除けとチェーンガードを付けるのも手か?
ローラー台から引っ張り出すのは面倒ですが、こうしたケースは半年に1回程度。
であれば、この改造を施して引っ張り出すのもありなのではなかろうか・・・という気がしてきました。
セカンドバイクがプロンプトンとかだという事ないが、今のところこれが一番現実的かと思われます。

RSR-Fのセカンドバイク化、考慮の余地ありでしょう。
ローラー台だけではちょっともったいないですからね。
色々と調べてみたいと思います。
[PR]

# by yrv9985-2450 | 2011-08-23 04:29 | 自転車

また雨・・・

今週は年1回の1週間休暇です。自転車乗り放題・・・のはずが雨だらけです。
土曜こそ昼は持ったが、日曜雨、そして今もしっかりと雨が降っています。
お陰で1週間休暇の自転車走行距離は今のところゼロ。
ローラー台でお茶を濁す日々が続いています。

長い休みですので、いっその事どこかに旅行に出かけるのもいいのかもしれません。
が、どこにいくのか計画はちっとも立てていません。
こういうぶらっとしたのに俺は弱いんですよね。
何事も計画を立てたがるというか、ある程度の筋道が出来ていないと嫌だというか・・・
結局色々変更になる事も多く、それはそれで楽しい事ではあるんですけどね。

という事で、この週末はPC机の横に置く脇机を物色していました。
脇机が欲しくなったのは、PC机が手狭なのと、PCがある部屋に物を書く机が無かったから。
PCのある部屋(兼寝室)はプチ書斎と化しているので、こういう物が欲しくなった訳です。
ナイトテーブルとか、天板が木の収納ボックスとか色々見ましたが、結局どこのホームセンターにもある小さな折りたたみのテーブルを買ってきました。

ナイトテーブルは収納も兼ねてよさげでしたが、6000円からと予算オーバー。
収納ボックスは安かったのですが、プラスチック制で安っぽいのがちょっと・・・
一応書斎気取りの部屋ですからね。収納ボックスはやはり押し入れの収納向きでしょう。

ちょっと小さくて高さも低いか?と思いましたが、小回りが利くので意外といい感じです。
色合いもシックな黒で、値段の割に安っぽくないのも良かったです。
まあ、1200円ならこんなものでしょう。その割には使えそうです。

後雨の中でする事はといえば、やはり読書になります。
いま読んでいるのは、夏目漱石の「こころ」を読んでます。久々の小説です。
今のところ可もなく不可も無くといった感じです。少なくとも三島由紀夫よりは読めます。
この後どうなっていくか・・・電車の中辺りでボチボチ読んで行こうと思います。

三島由紀夫は・・・申し訳ないが途中で投げてしまいました。
あまりにも極端というか、難解すぎるというか・・・俺には理解不能でした、ごめんなさい。
俺の好きな「葉隠」を好きな作家だという事で期待したんですけどね。

とにかく雨が降っていると自転車に乗れません。
涼しいのはいいんですが、まずは雨がやんでほしいですね。
そして暑くならず、自転車日和になれば何よりなのですが・・・
せっかくの休暇、これからの事も考えしっかりとリフレッシュしたいと思います。
[PR]

# by yrv9985-2450 | 2011-08-22 06:42 | 雑記

お盆休みの隙間に

c0001632_16242260.jpg


世間はお盆休みの真っ只中です。
よって、街を歩いていても普段より人が閑散としている感じがします。
東京という大都会も、自分も含め結局は田舎者の集まりですからね・・・

ただ俺の仕事は盆も正月も無い仕事。よってこの時期だからと休みになる事はありません。
今年は来週夏休みを頂きますが、それは仕事の都合上たまたまそうなったもの。
社内でプロジェクトに絡んでおり、今の時期でないと休めない為こうなりました。
という事で来週は自転車に乗り放題。しかしながら暑いのが問題。
暑いとこの前みたいに脱水症状気味になるので、涼しくなるといいのですが・・・

それはさておき。世間がお盆休みなので、街はゴーストタウンと化します。
それならば、今日の自転車は都心に出てみるのもありかな?と思いました。
都心がゴーストタウンと化せば、自転車で走りやすい事この上ないですからね。

という事で、いつもは絶対に行かない東側へ行くこととしました。
目的地は皇居。内堀通りを1周して帰ることにしました。
これならば距離も70km程度なので、6時出発で10時には帰宅できる筈。
先日のように、炎天下の中を走るのは体に良くないので避けることにしました。

従って、246を東京方面へと東上。数年前アンカーのクロスバイクで行って以来です。
普段は絶対に行く気が起らないルートなので、新鮮な気持ちで走れました。
案の定246にしては車の量も少なめ。お盆休みの効果大です。

ただ246は多摩川を超えるまでアップダウンの連続。
数年前行った時は、見事にこのアップダウンにやられヘロヘロになった記憶があります。
今回もこのアップダウンには苦戦しましたが、自転車の性能差や走りこみ量の違いは歴然。
あの時みたいにヘロヘロにはならず、楽しく乗る事ができました。
朝10時ぐらいまで曇りがちで、比較的涼しかったのも幸いでした。

c0001632_16251528.jpg


いつもよりも車の少ない246を抜け、桜田門に着いたのは8時半過ぎ。
都心は信号が多い分、平均速度が上がらなかった為時間が掛かりました。
桜田門で休憩した後は内堀通りを1周し再び246で帰宅。
11時頃の帰宅となりましたが、本格的に暑くなる寸前に帰宅できてよかったです。
お陰で脱水症状にもならずにすみました。

都心を自転車で走ると、地名の位置関係が分かっていいですね。
渋谷の次が表参道、そして青山、赤坂、永田町といった感じに・・・
また田舎物で普段都心に近付かない俺は、スカイツリ―や国会議事堂など、テレビの中でしか見た事の無い建物をたくさんみれたのも面白かったです。
まさに「おのぼりさん」そのものでしたね・・・w

しかし今日は色々な事がありました。
渋谷で「ヒッチハイクで関西方面に行きたいが道はどっちか。」と聞かれたり・・・
途中の自動販売機でお茶を買ったら、お釣りの500円玉が出てこなかったり・・・
日本でヒッチハイクする人なんて本当にいるんですね。もちろん関西方面はどちらか教えてあげました。
彼(大学生ぐらいの若者でした。)はちゃんと関西まで行けるのでしょうか?

今日の走行距離は77km。距離の割には結構きつかったですが面白かったです。
もっと都心方面に走りに行くのもいいかもしれません。
いつかは東京湾1周もしたいと思っているので、次回自転車で都心に行くのははその時でしょうか。
来週の休暇で、気候に恵まれたら考えようと思います。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-08-14 16:41 | 自転車

炎天下はダメ

今日は休みで、久しぶりに自転車に乗れる日となりました。
ここのところ雨であったり、タイミングが合わなかったりで2週間以上間が空きました。
その間自転車に乗れなかった事によるストレスといったらもう・・・
という事で、今日は思う存分乗ってくる事にしました。

朝6時に出発。今日は暑くなる予報、且つ2週間ぶりの自転車なので山は対象外。
となると、茅ヶ崎辺りで様子をみるのが無難でしょう。
という事で例によってサザンビーチへ。

c0001632_14344670.jpg


この時点では正直ちょっと物足りない感じがしていました。
久々だし、この2週間の間色々な事があってストレス溜まりまくりだし・・・
溜まったストレスを発散させるのはやはり自転車しかないでしょう。
という事で、小田原城まで距離延長する事にしました。

c0001632_14411066.jpg


小田原城に着いたのが9時過ぎ。この頃はまだ若干涼しかったです。
しかし復路の暑さをなめてました。
いくら猛暑日になるとはいえ、午前中で切り上げれば大丈夫かと思っていました。
しかしいくら水分を補給してもあまりにも暑いです・・・

気がつけば心拍数も150前後をキープしてなかなか落ちません。
脱水症状気味になると、こうした状態に陥るみたいです。
もちろんこまめに水分補給は行っているが、俺の場合体格が大きいうえ汗をかく量があまりにも多い。
よって夏場は脱水症状気味になりがちです。

なので対策としてコンビニ等を利用し、3.5ℓ程度の水分を補給しました。
それでもこの状態に陥ります。こうなると炎天下はダメですね。
素直にサザンビーチで引き返すべきだったのかもしれません。

復路では例によって飯田牧場によりジェラートを食べてから帰宅。
帰宅時の境川CRは暑さの為、異様に長く感じました。
道中でお茶をがぶ飲みしつつなんとか帰宅。
今日の距離は112km。暑い中結構走りましたね・・・
帰宅後水風呂に入り、プロテイン+牛乳を補給して何とかおちつきました。

この時期猛暑日になると、走れるのはせいぜい10時ぐらいまでですね。
それも山では無く平地にしておくのが無難でしょう。
となると行き先も江の島や津久井湖等限られてきます。
ただ脱水症状や熱中症を防ぐ為、考えて乗りたいと思います。

とはいえ、久々に思う存分自転車に乗れてすっきりしました。
そういう意味では小田原まで行ったのは正解だったかもしれません。
熱中症に気をつけつつ、乗り続けていきたいと思います。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-08-11 14:50 | 自転車

ポチっとな

今週は土日とも雨。涼しいのはいいんですが自転車には乗れません・・・
そのせいか、仕事の疲れ?がどっと出てきて、昨日はほぼ寝てました。
今日もしとしとと雨が降っていて、一日走れそうにありません。
仕方ないので、夕方あたりにローラーに乗ろうかと思います。

それはさておき。PRO3に交換して1500km程度は走った為、あと2カ月程度の寿命と思われます。
その為、タイヤのストックをそろそろ買っておくべきかな?と考えました。
しかしPRO3は1本5000~6000円程度と結構なお値段がします。
しかも近所に自転車屋さんはなく、電車で行く為電車代も馬鹿になりません。

そこで、もっと安く買う方法は無いかと検索していたら、通販という手を見つけました。
イギリスの通販サイトだと、PRO3が1本3000円ちょいで買えるというのです。
通販は正直抵抗がありましたが、時間を有効活用する考え方もあります。
実際先週自転車屋さんに行った時も、欲しい色のタイヤが無く空振りに終わりました。
自転車屋さんに行くのは楽しいが、時間と労力、電車代を無駄にしていると言えなくもありません。
その上、自転車屋さんで買うよりも安いのは大きな魅力です。

クレジットカードの番号を入力するリスクも考えました。
しかし、よくよく考えてみたら情報処理試験の時もクレジットカード決済をしています。
いちいちコンビニ振り込みもめんどくさいですからね。
家賃だってクレジットカードから払っているし、銀行通帳だってWEB上に作っています。
この前の義援金振り込みだってSMBCダイレクトから行っているし・・・
家のパソコンは一応ウイルスバスターでガードしているし・・・

という事は、通販もあまり変わらないんじゃないかと思いました。
後は国外のサイトという事も考えましたが、実際に利用している人も多く、且つ日本語で対応ができます。
他にも関税、送料等、外堀を一つ一つ埋めていった結果、日本で買うのが馬鹿らしくなってきました。
何せイギリスから買う場合の倍近くしますからね。代理店はいくらぼったくっているのかと・・・

という事で、PRO3を4本、ラテックスチューブを2本、ポチっとしてしまいました。
一定以上の料金だと送料が無料になるのと、使用頻度を考えてまとめ買いした次第です。
ラテックスチューブは使ってみたかったのでついでに購入。乗り心地が激変するらしいです。
その分パンクのリスクは高まるが、空気圧のチェックをしていれば大丈夫でしょう。

ただ、ホイールやコンポーネントを買う時は自転車屋さんから買う事にします。
なぜなら俺は不器用なので、これらの取りつけは自転車屋さんなしでは考えられません。
まして俺の稚拙な取り付けに命を預けられるか・・・無理です。
自分で何とでもなるタイヤやサドルはともかく、こういうのはプロに任せるべきだと思います。
その分お代は高くつきますが、技術料と安全への保険と考えれば真っ当なお代だと思います。

こんな感じに、良し悪しを考えたら通販は非常に有効かと思われます。
ついでに通販のメリットをもっと活かせないか考えてみました。
例えば重たい物を家に持ってきてもらう事。例えば米とかビールのケースだとか・・・
YRVを売って以降、米やビール、水のまとめ買いがやりにくくなりました。
近所のスーパーから買い出しをする際、荷物がどうしても重くなります。
人力だと、持ってくる量というのにも限界があります。

その分通販ならば家まで持ってきて貰えるので楽です。車の必要もありません。
第一、米とかビールは買い置きしていても腐る物でもありません。
鮮度とかも気にする必要もないので、通販で持ってきて貰うのに適していると思われます。
後は水とかもまとめて購入しておけるし。水道水はカルキ臭いので何かと便利です。
特に自転車のドリンクを作る時とか重宝していますが、買い出しをすると重いんですよね。
通販ならば持ってきて貰えるので、これもありかな、と・・・

という事で、イトーヨーカドーのネットスーパーで買い出しをしてみました。
米10kg、ビール24本×2ケース、トイレットペーパー4ダース等、自分でとても持てない量を注文。
ネットスーパーは配送時間も指定してくれるから便利ですね。

後は商品がちゃんと届くか。イトーヨーカドーはともかく、イギリスのサイトはちょっと心配です。
ちゃんと届きさえすれば、これほど便利な物はありませんからね。
そうなったらアマゾンや楽天、ヤフーの活用も考えていきましょう。
使い過ぎには中止しつつ、有効活用していきたいと思います。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-07-31 10:01 | 雑記

サイクリングロードのルールとは?

c0001632_1282563.jpg


昨日和田峠に登ったので、今日は軽めにサザンビーチまでリカバリーラン。
道中心拍数が上がり過ぎないよう、ペースを抑え目にしてのんびりと行ってきました。

途中久々に境川CRから江の島へ。
日曜の境川CRは相変わらずの人の多さでしたが、今日のように運動強度を抑えるにはうってつけ。
車の心配が無い分、のんびりと走る事ができました。

しかし・・・境川で心配なのは車よりも歩行者やママチャリの動きです。
俺も何回も走っているが、車道とは違う意味で注意が必要な道です。
その為、「マナーを守ろう!」という事で、こんな張り紙がされていました。

自転車は「左側」、歩行者は「右側」を通行しよう。

この張り紙をした人、サイクリングロードの実情を分かっていないと思われます。
歩道なら歩行者は「右側」通行でいいのですが、サイクリングロードだと「左側」が安全です。
「右側」通行だと、サイクリングロードでは色々と危険が生じてきます。

例えば対向から自転車が来ている時に、右側を歩いて来た歩行者とすれ違う場合。
左側を走ってきた自転車からすると、進行方向の両側から歩行者と自転車が近づいてくる事になります。
この場合、歩行者には左側を通行して貰った方が、はるかに危険が少ないのです。

どういう事か説明します。
歩行者が前に歩いていた場合、当然自転車は歩行者をよけなくてはなりません。
この場合、左側を走行してきた自転車が右側によけると、当然対向の自転車と向き合う事になります。
お互いロードバイクだとしたら、相対速度は40km/h程度となり非常に危険です。

なので左側の自転車は停止して、対向の自転車をやり過ごした後で歩行者を避ける事になります。
この時、右側通行の歩行者から見ると、「正面から来た自転車が止まってくれた。」となります。
当然歩行者は、自転車が止まると左側へ避けようとします。
そりゃそうですよね。進行方向から向かってきた自転車が止まってくれたんですから。

そうなると歩行者は意図せずに、対向を走ってきた自転車の通路を塞ぐ形になります。
歩行者は後ろから来る自転車をそこまで意識していない為、後方確認もおろそかになりがちです。
結果、対向の自転車と歩行者がぶつかり事故となってしまいます。

事故を避けるには、左側の自転車が対向の自転車とぶつからないように歩行者を避けなくてはなりません。
自転車がお互いにロードバイクだった場合、相対速度も高くなるので結構危険です。
どちらかが状況を読み間違えたら最後。これも事故の元となる可能性が非常に高いです。

では、仮に歩行者が左側を歩いていたらどうなるか。
歩行者の後ろから近づいてきた自転車が止まる事に、当然ながら歩行者は気付きません。
仮に気付いても、自分の後ろで止まっているだけなので特にリアクションを起こさなくて済みます。
もちろん対向の自転車は歩行者から見えているので、いきなり道をふさぐなどありえません。
その間に対向の自転車はお礼をしつつ通過する、なんて事が出来る訳です。
誰も何も苦労しない。非常に安全且つスムーズです。

ちなみに俺も、境川CRで右側通行の歩行者とぶつかりかけた事があります。
この時は逆走のママチャリがいて、右側に歩行者、そして左側に出口があるというパターンでした。
逆走のママチャリを避けようとした俺。その時に右側通行の歩行者が、後ろを見ずに出口めがけて左へ。
結果、俺は歩行者に進路をふさがれ、あわや事故になるところでした。
その時は速度を出していなかった為幸いにして止まれましたが、こういう事が起こりえます。

根本は、ロードバイクと歩行者が同じ道をシェアしなくてはならない事が問題なのです。
まあそれは現実的ではない(国が無策なだけですが・・・)のでここでは置いておきましょう。
もちろんサイクリングロードは歩行者優先です。自転車は歩行者に気をつけて走行しなくてはなりません。
しかし、歩行者が認識している自転車の速度と、ロードバイクの速度はあまりにも違います。
なので我々ロードバイク乗りからすると、歩行者は動きが読めないので危険なのです。
歩行者からしても、25km/hぐらいで自転車が来ると恐怖感を感じると思います。

だから俺は、今日のような流す時でないと、境川CRを走らなくなりました。
歩行者と自転車の事故があまりにも多い為張り紙がされたのでしょうが、これでは逆効果です。
せっかくいいサイクリングロードなんだから、歩行者と自転車のお互いが共存できるようにしてもらいたいな、と走りながら考えさせられる張り紙でした・・・

長くなりましたね。今日はそんな事を考えつつサザンビーチ往復で67km。
時間が早かったので、飯田牧場のジェラートはまたの機会としました。
これで次の土日に乗った時の体調がどう変わるか。
今週の体の具合も含めて、しっかりと様子を見ようと思います。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-07-24 13:38 | 自転車

今日も涼しかったので・・・

ここ数日、台風6号のお陰で7月とは思えないぐらい快適な日が続いています。
前日会社からの帰宅時は、半袖だと多少肌寒いぐらいでした。
という事は、土曜日は絶好の自転車日和になりそうだな、と・・・

案の定、今朝もちょっと肌寒く、ロングライドには絶好の天気になりました。
この時期、こんな涼しい天気になるのはそうありません。つまり・・・

今日ならば山に登っても体への負担が少ない!

という事です。しかも明日からはまた暑くなるというし・・・
となれば、もう行くっきゃないでしょう!

c0001632_18131984.jpg


という事で、和田峠に行ってきました♪
和田峠は相模湖から奥多摩方面に入った所にある峠です。
この辺は峠道の宝庫。いろんなお山に行く事ができます。
いずれは風張峠→奥多摩湖も考えているのですが、まずは腕試しとして和田峠に行く事にしました。

途中は大垂水峠を通ってウォーミングアップ、のつもりでした。
しかし、フロントギアをアウターに入れたまま登ってしまい、大分体力をロスしてしまいました。
インナーに入れて走っていたつもりが、大垂水峠は斜度がそれほどでもない為登れてしまいました。
それでも一応走れていたので、「今日は調子が悪いのかな?」と。

峠を越えた後の下りで、フロントをアウターにしようとした時に気付きました。そりゃギア重いわ・・・
それでもゼイゼイ言いながら登坂はできたので、少しは脚力が上がっているかと思われます。
しかし明らかに非効率な乗りかたです。もう二度とやりたくないですね・・・w

大垂水峠で無駄な体力を使った為、相模湖を見ながら少し休憩を入れた後和田峠へ。
最初は緩やかな登りでしたが、峠道に入るとかなりの急斜面でした。
勾配も12%、13%とかが連続して表れ、何度心が折れそうになった事か・・・
インナーローで立ちこぎ(もはやダンシングでは無い)しつつ、這うように登っていく感じでした。
やっと登った所で富士山を見つつ休憩。ここまで登ってきたごほうびです。

c0001632_188110.jpg


峠道のあちこちに水が流れており、ジャージと自転車を泥まみれにしながら登ってきた甲斐がありました。
この後も若干の登り(12%含む!)を走りやっと峠の頂上へ。和田峠は噂通りの強烈な峠でした。
箱根(国道1号)やヤビツ峠でも、ここまで急な勾配はないです。
我ながらよく12~13%を登りきったと思います。少しは自信になりました。
まあギアはギリギリでしたが・・・このレベルだとやはりコンパクトクランクですね。

頂上で一休みした後、八王子側へ下りました。
八王子側は路面も悪く、ダウンヒルを楽しめる感じでなかったのが残念でした。
ダウンヒルならば土山峠が一番楽しいですね。道はテクニカルな上スピードも乗るし。
ただ周囲の自然は非常に豊かだったので、お山のおいしい空気をいっぱい吸って帰ってきました。
やっぱりお山に行くと癒されますね・・・♪

今日の走行距離は102km。前回に続いて100km越えです。
明日も朝のうちは涼しそうですが、オーバーワークを避ける為軽めにします。
先月100kmを2日続けて乗った後、明らかに調子が狂いました。
それを避ける為、明日はサザンビーチ辺りにしようと思います。

帰りは飯田牧場でジェラートを食べてくる事にしましょう。
暑さとうまく付き合いつつ、じっくりと乗り込んでいきたいです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-07-23 19:25 | 自転車

涼しかったので小田原まで

c0001632_16271684.jpg


涼しいうちに自転車に乗ろうと5時半に早起きしたが、なでしこジャパンの決勝を見てしまいました。
いい試合でしたね。優勝おめでとうございます。

それはさておき。朝ごはんを食べたらすでに7時半。
最近は後に響くので、炎天下の中走らないようにしています。
何せ体力の消耗度合が甚だしく、会社の節電で夏バテ気味の俺にはキツイです。
今年から電力を好き勝手に使えない分、失った体力を回復するのも至難の技ですし・・・

なので、7時半からだとせいぜい昼ぐらいまでしか走れません。
となると、距離も5~60km程度かな?と思っていました。
しかし台風の影響か、炎天下にならず薄曇りという走りやすい天気に。
若干風は強かったが、これならばとロングライドに行く事としました。

最初は横須賀方面を考えていましたが、ふと違う道を行ってみようと長後街道へ。
その後用田→寒川→平塚→渋田川→七国峠→二宮→小田原へ。
あまり走らない道へ行ってみたら、予想外の峠(七国峠)まであり、走り応えのあるコースでした。

7月は体の事を考えて抑え気味にしている分、あまり距離を乗れていません。
それに加え暑いので、心拍数が高めになってしまいます。
なので峠は避けていたのですが、偶然通ってしまったら仕方ない(爆)
小規模な峠だったとはいえ、ヒルクライムは楽しかったですね。

とはいえこれ以上山に行く余力は無く二宮へ。
体力に余裕があれば、この後中井→松田方向に行くのも面白そうです。
あの辺は坂だらけですからね。気候が良くなれば開拓の余地ありです。

少し遠回りしたお陰で、小田原に着いたら67km。
小田原ではいつもの城ではなく、海が見たかったので海岸線へ。
体力に余裕があれば真鶴行きも考えたが、曇りとはいえ暑くて向かい風だったので断念。
真鶴もいずれは行ってみたい所です。熱海よりも近いし。
これも気候が良くなってからですね。

小田原で海を見ながら、野尻湖土産の栗ようかんで補給。
栗ようかんはまんま栗の味でした。そりゃそうか・・・
まあまずくは無かったので、これはこれで良しとしましょう。

その後はいつもの道(国道1号→134号→境川)で帰宅。
途中でこの時期恒例と化しつつある飯田牧場でジェラートを食べて占め。
暑い中でこれを食べると幸せな気分になりますね。
ジェラートは初めて食べてみましたがおいしかったです。
味もたくさんあるので、次は違う味にしてみたいと思います。

比較的涼しかったお陰で、久々に100km越えの123kmも走る事ができました。
釣りの翌日の昨日、完全休養したのも大きかったと思います。
同じ事を炎天下でやったら体力がどれぐらい消耗するか・・・
単日ならともかく、何日か続けてやれるだけの体力はなさそうです。
自転車で仕事に使う分の体力まで消耗し、影響を与える事だけはしたくないですからね。

これで7月の走行距離も300kmを超えました。
最近、たくさん走った次の月に走れなくなる事が増えていたが、今月はそれなりに走れそうです。
オーバーワークや夏バテに陥らないよう、よく考えて走りたいと思います。
その上で体力を増進していけるといいですね。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-07-18 16:46 | 自転車

恒例の野尻湖戦

昨日は毎年恒例の野尻湖へ釣りに行っていました。
今年はスケジュールが合わず、例年の泊りがけとは違い日帰り。
2時出発、22時帰宅とハードな1日になりましたが楽しかったです。

釣果は41cm、37cmの2本+ノンキー1本、全てダウンショットでの釣果でした。
午前中は全然釣れず坊主も覚悟しましたが、午後に巻き返せて良かったです。
せっかく長野まで来て、「景色を楽しんで」帰っただけというのも寂しいですからね。

野尻湖にいる、「スモールマウスバス」(以下スモール)は、通常釣っている「ラージマウスバス」より小さいのですが、泳ぐ力が強い為、同じ体長であればスモールの方がよく引きます。
今回釣った41cmも、それに違わずよく引きました。
ネットに取りこむまで3分程度は格闘していたでしょうか。
久々にスモールの引きを堪能できて楽しかったです。

その他の部員も1~3本を挙げ見事全員安打。
近頃、うちの釣り部も坊主になりにくくなってきました。腕が上がってきたのでしょうか?
ただ、同船した凄腕の先輩のグループは45cm程度の良型を含め、一人5~6本挙げていました。
上には上がいるという事ですね。さすがです。

今年は日帰りでしたが、初めて野尻湖を楽しめたような気がします。
それまでの野尻湖の歴史はというと・・・

・まぐれで41cmを挙げたはいいが余裕が無く右往左往。
・船を乗り移ろうとした際、ボートでバランスを崩しリールのハンドルを破壊。
・2年、4日連続坊主
・木崎湖でいい釣りをした後に行き、耐える釣りを強いられた。
・アフターの麻雀で大負け


など、あまりいい思い出がありませんでした。
それから考えると、今回も耐えたとはいえ、一番楽しめたいい結果だったと思います。

それもこれも、沢村プロスペシャルのGWT62SULJ-KTFのお陰です。
この竿で魚を掛けたら、俺みたいなへたれでも安心してやり取りできます。
なので、スモールの強烈な引きも冷静に楽しめる余裕がありました。
いい道具というのは使っていて幸せになりますね。
色々な意味で今の俺には過ぎたる竿ですが、大事にしていきたいと思います。

今回はとにかく楽しかったです。いい釣りでした。たまには自転車から離れるのもいいものですね。
ハードな1日だったので、今日はゆっくり休んで体力回復を図ろうと思います。
しっかり休んで、明日から自転車も頑張っていきましょう。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-07-17 13:07 | 釣り

急がば回れ?

先週、宮が瀬に行った後に頭が痛くなりました。
その時は足も回らず、調子もイマイチ・・・
なんとか帰ってきた後、久々にバファリンのお世話になる羽目となりました。

よくよく考えてみたら、その週は前の土日合わせて200km。
そして水曜日休みだったので80kmと、280kmも走っていました。
それに加えて宮が瀬ヒルクライム。さすがにやりすぎだったようです・・・

遠くへ行きたい、早く体重を絞りたいのはやまやまです。
しかし「限度」というものがあるみたいで、体がついていけず悲鳴をあげる時があります。
次の週の月曜日も何となく心拍数が高いような感じがしました。
階段や坂道でも簡単に息切れするし・・・明らかにオーバーワークの兆候です。
こうなったらとにかく休養して、体の調子を元に戻すしかありません。
という事で、今週はローラー台を飛ばし、土日の距離と強度を控えめにする事にしました。

昨日はまあこれぐらいならいいか、と足慣らしに三増峠へ行き58km。
そして今日は横須賀のうみかぜ公園までLSDペースで行き86km。
c0001632_16432440.jpg

帰りは飯田牧場のソフトクリームを食べて帰ってきました。
1週間しっかりと休んだお陰か、調子もまずまずでいいトレーニングになったと思います。

最近取り組んでいるのは、「LSD」というトレーニング。
LSDとは、「ロング・スロー・ディスタンス」の略で、長い距離をゆっくりと走るトレーニングです。
心拍は最大値の60%程度で、それを3~4時間程度続けるのがいいそうです。
LSDの効果は、

 ①脂肪燃焼の効率が一番高い運動強度である為、減量が期待できる。
 ②長い時間無理なく有酸素運動をする事により持久力が上がる。
 ③ゆっくりとした速度で走る為、フォームをしっかりと固める事ができる。


との事で、今の俺にはぴったりのトレーニングです。
ただ難点は運動強度を抑えないといけない為、坂とか峠には行けなくなる事。
俺の場合、ちょっとした坂や峠に行くと、すぐ最大値の80~90%の心拍数になってしまいます。
なので、LSDで行ける所となると、横須賀か小田原、湘南の平地に限られてしまいます。
もはや「坂バカ」と化しつつある俺にとっては、正直辛いトレーニングです。

しかし、峠の行き過ぎでオーバーワークになってしまっては何にもなりません。
今の俺には、峠に頻繁に行くだけの体力はまだ無いという事でしょう。
確かにデブが相模湖→裏相模湖→宮が瀬なんてのを頻繁にやっていたら体にも来るわな・・・
坂に行きたければ、今は我慢して体重を落とすのが先という事でしょう。

LSDばかりやっていても体力が低下するそうなので、月に1,2回は山やロングライドもいいでしょう。
ただ普段は、小田原とか横須賀の平坦地をLSDでじっくりと乗り込んだ方が良さそうです。
南に飽きたら埼玉や都心方面を開拓するのもいいでしょう。ただし平地で。
所沢とか、川越とか、浦安とかを目指してみるのもいいかもしれません。

ちなみに帰ってから、PRO3の前後をローテーション。
交換後1000km弱走って、リアが少し平らになってきたので替えてみました。
この状態からさらに1000km程度走ってみて、様子を見ようと思います。
このタイヤ、柔らかいと言われていたがさすがに2000kmは持ちそうですね。
これならば安心して使う事が出来そうです。

オーバーワークにならないように気をつけつつ、トレーニングに励もうと思います。
この前の健康診断でも内臓脂肪はかなり減っていたので、もう少しですね。
ただこの時も血圧が高めで、オーバーワーク気味だったと思われます。
自分の体を壊さないよう、少し力を抜いて楽しみつつ乗りたいですね。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-07-03 17:08 | 自転車

節電対策

c0001632_18131510.jpg

今日は休みだったので、例によって朝自転車で一流ししてきました。
コースは朝比奈→鎌倉→茅ヶ崎→サザンビーチ→境川の80km。
日曜日に攻め込んだので、今日はLSDペースでのんびりと走りました。
鎌倉の裏道でまた立ちゴケしたものの、足の回りも良く順調でした。
(それにしても、PRO3に変えてから立ちゴケしやすくなったような・・・気をつけねば。)

c0001632_18363742.jpg

朝5時半に出発したお陰で、10時帰宅と涼しいうちに走る事ができました。
その後シャワーを浴びて食事を取り、さて日曜の試験勉強、と思ったのですが・・・
外は快晴、気温も真夏日だった為非常に暑い。
その上節電対策としてエアコンはなるべく使いたくない・・・

仕方ないので扇風機を当てて勉強していましたが、どうも集中できません。
会社でもエアコンの設定温度が高い為、午後になると非常に暑くなります。
その為仕事も捗らないのですが、同じ状況に陥ってしまいました。
エアコンを入れてもいいのですが、東電のサイトを見ると電力推移も高めです。
皆考える事は同じ筈。さてどうしたものか・・・

このままでは集中できないので、エアコンが効いていそうな喫茶店に行く事にしました。
その為参考書を持ち近所の喫茶店へ。一人で喫茶店に行くのも随分久しぶりです。
午後4時前だった為人が多いかな?と思いきや幸い空いていました。
室内も空調が程良く効いていて、集中して参考書を読む事ができました。
ただ近所のおばさまの溜まり場になっていて、話し声がにぎやかな事・・・
まあ、チェーン店だからある程度仕方ないですね。

正直、喫茶店には今まで苦手意識がありました。
特にスタバとかに行くと、なぜか強烈なアウェー感を感じるというか・・・
ですが今日行った所では、幸いにしてアウェー感を感じずに済みました。
一体スタバと何が違うのか分かりませんが、これなら喫茶店で勉強や読書をするのもありですね。

何より自分の家の電気を使わない分、少しは節電対策になりました。
都心に買い物に行った時の休憩や読書等、使い道は色々ありそうです。
あとはもう少し落ち着いた喫茶店があればいう事ないですね。

試験が終われば、節電対策としてガンガン自転車に乗り、「避暑」としてお山に行こうと思います。
家にいても暑い分、余計な電気を使うだけですからね。
山中湖なんか夏でも寒い時があるぐらいだし、道志でトレーニングにもなるので一石二鳥です。
一番暑い時間帯は山の上にいて、そこから下って帰ってくる。
そして夕方にシャワーを浴びて一服、最高ですな・・・w

節電は今年だけの問題では無く、これからしばらく続きそうです。
こんな事を言うと不謹慎かもしれませんが、ライフスタイルを変えるいい機会です。
なのでとにかく楽しみながら、柔軟に生き様を考えていきたいものです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-06-22 18:42 | 自転車

100km-100km

来週の情報処理試験まで、勉強時間を確保する為自転車は午前中までとしています。
その為、100kmを遥かに超えるロングライドは自粛中です。
ただこの時期、雨がちではありますが幸いにして日が長い。
という事で、朝4時ぐらいに起床し、5時、6時スタートで午前中に100km程度走っています。

という訳でまずは昨日。
c0001632_155951100.jpg

LSDペースでのんびりと観音崎まで行ってきました。
ただ観音崎だとちょっと距離が足りない為、夏島の工業地帯で距離を稼ぎ103km。
天気も午前中はなんとか持ってくれたので、いいサイクリングになりました。

そして今日。まずは大垂水峠を越え相模湖へ。
c0001632_1614420.jpg

相模湖の次は行った事がなかった牧馬峠へ。
ただ途中道を外れたのか奥相模湖の方へ行っていました。

c0001632_1625362.jpg

峠道のダウンヒル中に、突然こんなダムが現れたのでびっくりしました。
よくぞこんな山奥にダムを作ろうと考えましたね・・・
また牧馬峠に至る道は、所々に集落がありびっくり。
神奈川にもこんな秘境みたいな所があるんですね。

奥相模湖を超えたら今度は宮が瀬へ行き羊羹を食べ休憩。
c0001632_166093.jpg

この後ダウンヒル中に雨に降られましたが、本降りにはならずに済んでよかったです。
ただ自転車は泥まみれだったので、帰ってから裏返して念入りに拭き掃除をする羽目に。
まあ今日は大垂水峠も路面が濡れていた上、山の天気は変わりやすいので仕方ないですね。

結局今日はヒルクライム三昧で110km。
昨日、今日と100km走ったのは、自転車旅行に行った場合をシュミレーションしてみました。
自転車旅行だと、今日程度の距離を数日間連続で走る事になります。
そこでワンデイで100km走るのと違い、2日続くとどうなるのかと思ったからです。
100kmだと午前中で終わるので、距離的にもちょうどいいかな?と・・・

結果は・・・意外としんどいです。昨日も今日も、走った後ぐったりです。
さすがに早起きのしすぎでしょうか・・・まあ潔く昼寝すればいいのですが。
実験結果から、次の日に影響が出ない距離は、今の俺だとせいぜい80kmぐらいと思われます。
今日も昨日の疲れが完全に抜けきってはいない感じがしました。
足の回りもイマイチだし、最後の宮が瀬の登坂では足が売り切れ気味になっていました。
今日の結果を踏まえて今後どうするか、明日の疲労度合も見つつ考えたいと思います。

ところで、登り坂でダンシングをする際に、軋むような異音がしだしました。
この音、土曜日から鳴り出したので、日曜日備え心当たりのある部分を増し締めしてみました。
するとフロントディレイラーの調整ねじを増し締めしてしまい、インナーに入らない事態に。
大垂水峠を前にした公園で、調整に四苦八苦する羽目になりました。
インナー無しの峠越えは、俺にとっては悲劇以外の何物でも無いですからね。

修理が出来なければ峠越えを断念して引き返すつもりでした。
ただ幸いにしてなんとかインナーに入るようになったので、計画通り走りきる事ができました。
ただ異音は消えず、且つ素人調整では不安も残ったので、帰りがけに自転車屋さんへ。
ペダルの装着部分をグリスアップして貰い、フロントの変速も調整してもらいました。
こういう時、自転車屋さんで買っていると助かります。

調整後に平地を乗った感じだと、異音は完全に消えてました。
ただ上り坂でダンシングしてみるとやはりギシギシといいます。
まあメタボな俺が登りで思いっきり負荷を掛けている訳ですから、無理も無いかもしれません。
今のところ走行には全く影響はありませんが、注意していく事にしましょう。

こういう異音、意外な部分から出ている場合もあるので、今度乗る時じっくり点検してみましょう。
梅雨の合間にこれだけ走れて満足です。
すっきりしてきたので、試験勉強の方も頑張っていきたいものです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-06-19 16:23 | 自転車

梅雨と試験勉強の合間に

c0001632_1941575.jpg


週末を狙い撃ちしたかのように梅雨空が続いています。
しかし、日曜の午前中は雨は降らないとの事。
という事で、夜からの雨で濡れた路面が乾くか乾かないかの内に小田原まで行ってきました。

試験勉強や雨予報もある為、朝5時にスタートし小田原へ。
この時期、4時には明るくなるので早起きして自転車に乗る事ができます。
朝は車も走っていないから気持ちいいんですよね♪
その気になれば平日でも出来るかもしれません。

今回はいつもよりも遠回りして小田原まで行く事にしました。
通常であれば、小田原へ行くのであれば境川を南下します。
しかし境川のサイクリングロードは路面が乾ききっていない可能性がありました。
路面が極端に濡れていると、泥が跳ねて自転車が汚れるから嫌なんですよね。
よって境川よりかは路面状況が良さそうな環状4号を選択。
環状4号も路面状況は完璧ではありませんでしたが、まあ許容範囲内でした。

よって小田原へは、環状4号→朝比奈→鎌倉→江の島経由で行くことにしました。
朝比奈→鎌倉経由としたのは、由比ヶ浜の海が見たかったのと、鎌倉までの坂を登ってみたかったから。
坂は短いながらも登り応えがありました。思わず笑えるぐらいに面白かったです。
今後もっと走ってみましょう。勾配も8%程度と手頃だし、逆側からも面白そうだし。
いつもの環状4号の部分(トンネルまでの登り)とは大違いでした。
当初はあれでも結構きつかったのですが・・・俺も少しは成長しているようです。

朝比奈を登った後は若宮大路に入り由比ヶ浜へ。
ただ日曜だからか、朝7時だというのに由比ヶ浜はサーファーだらけでした。
道路も渋滞していたし、みなさん好きですねえ・・・
まあ俺も人の事を言えたたちでは無いか・・・

その後はいつものルートで小田原へ。
足が回る分心拍数は高めでした。これはこれでいいトレーニングになりそうです。
心肺機能を鍛えるにはうってつけでしょう。
下りで休めてしまう山と違い、平地を延々走るのも意外とキツイものです。

小田原へは朝9時すぎに到着し、堀を見ながら羊羹を食べ、冒頭の写真を撮って帰宅。
ちょうど昼前に戻り、走行距離は129kmとなりました。
早起きしたお陰でこれだけ走ってもまだ昼前。試験勉強や買い物もしっかりする事ができました。

ところで、今日は先日購入した新しいタイツを履いて行きました。
購入したのはパールイズミの「コールドブラック」というビブタイツ。
やはりロングライドにはお腹の締め付けやタイツのずれが無いビブが楽です。
ただトイレはめんどくさかったですね。まあ仕方ありませんが・・・

問題はこのタイツにしても尿道の圧迫感が出たこと。
このタイツはパッドがいいので尿道の圧迫感は出なくなると思っていました。
しかしそうはいかず・・・これはサドルの問題と思われます。
今俺が使っているアリアンテはお尻をしっかりホールドする為角度がついています。
どうもそれが災いし、尿道の圧迫感の原因になっているっぽいです。

俺はサドルに座る際、坐骨の骨盤で体重を支える乗りかたをしています。
アリアンテだとサドルの後ろに角度がついている分、骨盤が前倒し気味になります。
そうなると尿道に体重が乗り、それが圧迫感の原因なのでは?と感じました。
俺は正座をする家で育ったせいか、骨盤をまっすぐに立てやすいっぽいです。
となると、サドルに角度がついていない物の方がいいのでは?と思いました。

家に帰り、自転車を掃除する際とりあえずサドルのセッティングを弄ってみました。
しかしこのサドルだと、元々角度がある分セッティングを平行にするにも限界があります。
もしかしたらうまく行くかもしれませんが、俺はサドルの上で頻繁に腰を前後に動かします。

峠道のアップダウンでは後ろに重心を掛けるし、平地では前乗り気味になるし・・・
なので、角度のついた後ろの部分をどうしても使わないといけません。
そうなると骨盤が倒れ尿道に圧迫感が・・・
じゃあ後ろ乗りをやめれば?となるとどうしても前荷重になる下りが危険です。
なので俺の場合、後ろ乗りは絶対にやめられません。

となると、サドルの交換を考える必要がありそうです。
サドルは難しいんですよね。今回のアリアンテみたいに座ってみないと分かりません。
アリアンテも自分の体の固さとか、色々考えて選んだだけに、こういう事態は予想できませんでした。
サドルはみんな好みや骨盤の形が違う為、絶対的な正解はありません。
なので出てきた問題点を考慮して、自分の尻に合うのを探すしかありません。

今のところ、同じフィジークのアリオネか、セライタリアのフライト、SLRが有力候補。
俺の骨盤の形状を考えると、案外レーシーなモデルでもいいかもしれません。
実際結構レーシーなセライタリアのトランザムでそんなに違和感もなかったし。
サドルも含め課題は多いです。まあこれが面白いんですけどね。

なにはともあれ、今回もいいサイクリングでした。
今後は埼玉方面も攻めてみたいと思います。
サドルについてはおいおい考えていきましょう。
もっと遠くへ楽に行けるよう、平均速度や走れる距離をどんどん上げていきたいです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-06-12 20:12 | 自転車

山の後海へ

c0001632_1820529.jpg

ステムとバーテープを変えて美しくなりましたね♪
それはさておき・・・

c0001632_18213280.jpg

今日は宮が瀬に上った後、

c0001632_18215235.jpg

サザンビーチまで行ってきました。

なんでこんな事になったかというと、宮が瀬の後に行くつもりだった半原越に行けなかったから。
早起きして朝6時に出発し、宮が瀬で写真を取ったのが午前8時。
日曜の朝6時の座間街道、いつもは混むけどさすがにガラガラでした。
宮が瀬まで車も少なく、非常に走りやすかったですね。

今回宮が瀬にはいつもの逆方向(津久井方面)から上りました。
所々きつい場所もありましたが、土山峠から上る方が全然きついです。
この後半原越に挑むつもりでしたが、道に迷いパス。
結局麓まで降りてきましたが、宮が瀬の上りが案外楽だったので不完全燃焼。
時間もまだ朝9時だし・・・という事でもう少し走ることにした訳です。

一旦麓まで降りたので、同じ津久井方面に戻るのも面白くないと考えました。
なので次なる目的地は・・・サザンビーチが距離的にも妥当かな?と。
そして厚木から129を南下しサザンビーチへ10時過ぎに到着。
1日で山と海、両方を楽しんできました。

やはり山と海は雰囲気が全然違いますね。
静かな感じの山に対し、海はどことなくにぎやかで開放的というか・・・
1日で両方行ってみる事で、雰囲気の違いが良く分かりました。
山には山の、海には海の良さがあります。
そのどちらも走れるとは、ちょっとした贅沢ですね。

そんなこんなで、今日の距離は109.5kmとなりました。
いつぞやの190km以来の100km越えです。その割には余力がありました。
宮が瀬からの下りで休んだのが大きかったかもしれません。
上体の疲れもそれほどではなかったので、ステムを変えた効果もあったかもしれません。

久々に土日しっかりと走りこめました。早くも先月の距離は更新です。
もっとたくさん乗りこみたいので、来週も天気に恵まれるといいですね。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-06-05 19:34 | 自転車

久々+ステム交換

c0001632_19103336.jpg

釣りが中止となり、やっと自転車に乗れる日と天気がリンクしました。
という事で、早起きしてヴェルニー公園まで行ってきました。

途中信号待ちでボトルを取ろうとしたら、前輪が意図しない方向に曲がり久々に立ちゴケ(爆)
さすがにちょっと恥ずかしかったですね。
幸い俺にも自転車にも大したダメージ無く済みました。
どこに落とし穴があるか分からないものです。それ以外は行きも帰りも快調でした。

c0001632_19151599.jpg

「ひゅうが」は三陸沖に行っているのか不在でしたが、ちょっと変わった軍艦も見れました。
いつもいる船とは明らかに塗装が違います。どうやらオーストラリア海軍の船のようです。
遠くからわざわざご苦労様です。お陰で珍しいものを見れました。

ところで、サイクリングは午前中に切り上げ、午後にステムを交換して貰いました。
まずは今までのステム周り。
c0001632_19185089.jpg

購入時についてきた90mmのステムです。
下ハンを重視しブラケットを調整して貰ってからというもの、長距離を乗ると腰が痛くなってきました。
ハンドルも遠く、上体に余計な力が入ってしまう気がする為、今回20mm短くして貰う事にしました。

交換後はこんな感じです。
c0001632_2084434.jpg

交換ついでに奮発し、上位グレードのPearl(SX)にしてみました。
ロードバイク用は70mmが無く、ツーリング用をチョイス。
ついでにバーテープも、気分転換を兼ねて色を変えてみました。
クラシックなスタイルであるの俺の自転車には、こうした茶系統の色が映えますね。

ちなみに俺の自転車のステムは、ロードバイクでは絶滅危惧種のノーマルステム。
最近のピストブームで少し盛り返しているものの、ロードバイクでは見かけないステムです。
ロードバイクでは簡単に取り外せるアヘッドステムが主流。ローラー台用のRSR-Fもこれです。

アヘッドステムだとステムを交換するだけなので素人の俺でも全然可能。
ノーマルステムだと変更する時にバーテープを外して、ハンドルを通さないといけません。
なので素人だと時間がかかるので、自転車屋さんにお願いした次第です。
バーテープ巻きの工賃も馬鹿にならないんですけどね。

でも俺はこのノーマルステムの形が好きで、この自転車だとアヘッドステムは考えられません。
ホリゾンタルのフレームと合わせ、自分の自転車ながら見てて惚れ惚れします。
だから工賃がかかるのも仕方ありません。自分でやると確実に日が暮れるし・・・
ここは素直にプロに任せてしまうべき部分でしょう。

ピストも似た形なので格好は好きなのですが、シングルスピード(変速無し)が理解できません。
やはり色んなところを走ってナンボなので、俺に変速は絶対に必要です。
ピストにはピストの良さがあるんでしょうけどね。
ただピストのお陰でノーマルステムが作られているようなものです。
だからこうしてステム交換をお願いできる訳です。ピストブームに感謝ですね。

交換後、自転車屋さんからの帰りに少し乗ってみました。
坂を登ってみたところ、20mm近づけただけあって自転車を引き付けやすくなってます。
これは上りで効果大です。それに加えて通常時の腕のポジションにも余裕があるし。
明日午前中に走りに行くつもりですが、その時が楽しみになってきました。

こうして少しずつ理想の形に近づいていきます。
次はクランク交換を考える順番になりそうです。
軽めのギアを使う事が多い為、俺にはコンパクトクランクの方が効率が良さそうです。
リアのスプロケットのギア比も含め、色々と考えていきましょう。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-06-04 20:32 | 自転車

梅雨入り

今年は梅雨入りが早く、お陰で今週の土日はずっと雨予報。雨の切れ間も無さそうです・・・
ということで今週も自転車には乗れずじまい。部屋のローラー台で我慢の日々が続きます。

今月は前半は風邪、後半は雨だったり、麻雀があったりとなかなか自転車に乗れません。
今月は茅ヶ崎と宮が瀬に行ったきりで走行距離も150kmちょい。
これは1日の最高走行距離(河口湖サイクリングの190km)よりも少ないです。
これではせっかく買ってきたとらやの羊羹も出番待ちの状態です。

ちなみに来週は釣りに行く予定なので、ここも自転車はお休み。
自転車に乗りたいのですが、お天気も含めなかなかタイミングが合いません。
これだとなかなか痩せませんよね。道のりは遠いです。

仕方ないので、いかにローラー台に乗る機会を作るか。ただローラー台も飽きるんだよな・・・
やはり景色が変わっていかないと面白くないです。
まあ手っ取り早い運動にはなりますけどね。

こういう時は部屋の掃除とか、夏場に向けた扇風機の買い出しとかをしておきましょう。
試験勉強に勤しんでもいいかもしれませんね。
せっかく出来た時間、と考えて、有効に使っていきましょう。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-05-28 11:29 | 自転車

PRO3テストその2 お宮参り

c0001632_1945481.jpg

今日はお休みだったので、PRO3のヒルクライムテストとして宮が瀬に行ってきました。

テストコース(?)は土山峠→三ヶ木→三井大橋の75km。
PRO3でヒルクライムやダウンヒルを走ってみるとどう感じるかというのが今回のポイント。
まずはヒルクライム。例の喰いつくグリップのお陰で、1枚重いギアでも登っていけます。

その為、ヒルクライム中の心拍数もいつもより10rpmほど低めで推移。
さすがに土山峠はきつかったですが、それでも4000Sの時よりは楽に感じました。
しかし・・・上りきってからは若干疲れを感じました。
やはりグリップが喰いつく分、足を使わされているのかもしれません。

宮が瀬公園でとらやの羊羹を食べて一服した後、三ヶ木の交差点までダウンヒル。
やはりグリップがいい分、コーナーでの安心感が違います。
よってスピードも乗り、平均30km/h程度、時折40km/h台中盤を計測。
それでも恐怖感はありませんでした。ただ空気圧は若干下げてもいいかなと思いました。

今回はいつも通り8Kを若干超える空気圧としましたが、ダウンヒルで若干突き上げを感じました。
まあダウンヒルはどうしても高速になるので、ある程度仕方はありません。
とはいえ、安心感を取ると8Kちょうどぐらいにしてもよさそうです。
これならばヒルクライムや平地でもそれほど影響は無いものと思われます
パンクしたらその時はその時です。まあ8Kあればいくら俺でもそうそうパンクしないとは思いますが・・・

帰ってきてからは1時間ほど昼寝しました。
自転車に乗っている時はいいが、乗った後にどっと疲れが来る気がします。
今日は平均速度はそれほど上がってはいませんでしたが、向かい風で30km/h巡航とかができていたので、やはり足を使わされていると考えるのが妥当でしょう。
エンジン(俺)の性能が向上している訳ではありませんからね。

まあ、これは一時的なものかとは思われます。
これに慣れれば、俺の出力も向上しているということになりますからね。
今のところ、PRO3だとスピードが出しやすいがゆえに、ついつい出してしまっているのが実情。
とはいえ、転がり抵抗が少ないので力を抜いてもそれなりに走れます。

ということは、次の課題はこのタイヤで100kmをいかに疲労無く走るか。
次はペースを上げずに、楽にロングライドできるのかを試してみたいと思います。
行き先は・・・100kmとなると観音崎が妥当ですね。それなりにアップダウンもあるし距離も適当です。
このタイヤでいかにして長い距離を乗るか、考えていきたいです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-05-18 20:55 | 自転車

タイヤ交換

c0001632_175712.jpg


風邪もすっかり良くなりました。
という訳で、あの190km以来2週間ぶりに乗ることができました。
2週間ぶりだといきなり100km、という訳にもいかないので、まずは足慣らし。
ギヤ比や替えたタイヤのチェックをしつつ、サザンビーチまで行ってきました。

c0001632_1873720.jpg

c0001632_1875762.jpg


タイヤはコンチネンタルのグランプリ4000S(上)から、ミシュランのPRO3(下)へ変更。
PRO3は色が選べるため、青を選びちょっとイメチェンしてみました。
グランプリ4000S(以下4000S)の走行距離はこの前の190kmを加え3600km。
まだ行けそうでしたが、タイヤが台形になってきた上、サイドにもヒビが出てきました。

なので大事をとってPRO3に交換した次第です。
俺は長距離を乗るので、こういうのは早めにしておくべきでしょう。
メタボな俺の体重や峠での酷使を考えると、3600km、半年はよく持った方だと思います。
さすがはロングライドに定評のあるタイヤです。
特に悪い所も無くいいタイヤ、だと思ってました。PRO3に変えるまでは・・・

PRO3に変えてまず思った事は、乗り味がマイルドになった感じを受けました。
(ちなみにチューブも、Panasonicの「R-AIR」からヴィットーリアの物に交換)
4000Sは段差を「コン!」と超えていくのに対し、PRO3は「フワッ」と超えていく感じです。
4000Sが足を固めた車だとしたら、PRO3はリムジンみたいというか・・・

ただその分、レスポンスは4000Sの方がいいような気がしました。
4000Sで踏んだ時は、「ガツン」と加速してくれます。これが結構気持ちいいんです。
それに対しPRO3はじわ~っと加速していくように感じました。
なので4000Sに慣れた俺にとっては、最初はちょっと気持ち悪かったです。

PRO3の良さが分かってきたのは10kmぐらい走ってみてから。
向かい風の直線で、「今日はペースが上がらないな・・・」と思いサイコンを見たときでした。
俺の感覚では24~5km/hのはずが、サイコンが示していたのは28km/h。
「あれ?思ったよりスピード出てる・・・」とちょっと戸惑いました。

向かい風で28km/hだったら、俺の貧脚だといいペースです。
そういえばブレーキの効きも、タイヤを変えてイマイチになった感じがしていました。
感覚よりも早いスピードが出せているという事はどういうことだ?

乗りながら色々考えたら、PRO3の良さが見えてきました。
ブレーキが効かないように思えたのは、感覚より速い速度からブレーキングしているから。
速度を出していないように感じるのは、乗り心地が良く4000Sよりも自転車が安定しているから。
案外速度が出ているのは、タイヤの転がりが4000Sよりもいいから。

グリップもしっかりしているので、タイヤが前に前に自転車を運んでくれる感じがします。
なので気がつけばスピードが出ている。
その為上り坂も4000Sよりも楽に登れる感じがしました。
134号に入ってみても、高速巡行がやりやすいです。
タイヤが転がるので、グングン前に進んでいきます。

気がつけばサザンビーチまでの往路の向かい風で33km/h巡航。
追い風の復路は35km/hで普通に巡航していました。
4000Sでもできなくはないが、心臓がバクバクになるスピードです。
PRO3では結構心拍数があがるものの、まだまだ余裕がある感じでした。

帰り道もお陰で快調そのもの。
道中の環状4号の下り坂では46km/hを記録。それでも恐怖感はありませんでした。
これが4000Sだと、路面からの振動が激しくなるのでついブレーキをかけてしまいます。
4000Sもグリップがいいのは分かっているですが、落車をしたくない俺がビビっているのです。
俺のへたれ加減だと、4000Sのおいしいところは使いきれないみたいですね。

帰宅してサイクリンクに取りこんでみると、平均速度は22.3km/hになっていました。
4000Sでは頑張っても21km/hを超えるのがやっと。普通は20m/h台の前半です。
まして今日は2週間ぶりで、そんなに足が回ったとも感じませんでした。
そんな中でこの記録。このタイヤ、一体どうなっているのでしょう?

上り坂では不思議とダンシングしたくなるし、下り坂のグリップ安定しています。
その上平地の高速巡行も楽だし・・・俺には完全にPRO3の方が合っています。
もはや4000Sへは戻れません。いったい今まではなんだったのでしょう?

唯一難点(?)なのは、あまりにも走れてしまうので足を使わされてしまうこと。
帰った後少し足に張りがありました。長距離になると気をつけるべき部分かもしれません。
PRO3は、俺にとっては4000Sよりも力を引き出してくれるタイヤなのでしょう。

4000Sもいいタイヤではあります。
このタイヤも踏むことができれば、ドンドン回っていくタイヤです。
ただ俺の貧脚だとすぐ売り切れてしまう為、俺には使いきれません。
脚力のあるプロ選手がこのタイヤを使うと速いんでしょうね。
後は自転車を御することができれば・・・とにかく4000Sは「剛」のタイヤという感じです。

それにくらべてPRO3は「柔」と「粘り」のイメージです。
ただ、あくまでもこれはワンデイ、60km走ったのみの感想であり、問題は耐久性と耐パンク性。
果たしてこの乗り味が何km持つのかが問題です。

PRO3は減りが早いとの話も聞きます。基本高グリップのタイヤは減りが早いものです。
せめて2000kmは持ってほしいですね。できれば3000km。
俺の場合2000kmだと調子が良ければ4ヶ月弱で乗ってしまう距離です。
ロングライドをすることも多いだけに、耐パンク性も加え丈夫だといいですね。

この後は新宿に出向き、パールイズミのウェアとグローブ、アームカバーを買ってきました。
今年の夏のコンセプトは、疲労防止の為「日焼けをしない」ということ。
今までみたいに真っ黒になるのはやめようと思います。正直いい歳だし・・・
なのでウェアは薄手の長袖を購入し、グローブもフルフィンガー。
アームカバーもUVカットの物を購入しました。

後は体感で-5℃冷えるという、「クールブラック」のビブがあれば完璧ですね。
「クールブラック」の入荷は6月中旬とのことで、今回は見送りました。
準備をしっかりと整えて、夏場は節電対策の為ロングライドに行きたいです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-05-15 19:57 | 自転車

課題あれこれ

家で養生しているのも正直暇です。
なので、この前の190kmライドで出た課題の内、機材で何とかなる部分を色々考えてみました。

まずこの前出た課題としては、
① もう少し楽に上り坂を登りたい。(あまりにも体力を消耗したので)
② 上り坂の乗りかたがイマイチ。(終盤腰の痛みとの闘いとなった)
③ 安物タイツでの股ずれ。
というのが主なところ。
特に①と②については、機材を考えることで複合的に解決できるかもしれません。

そこで考えたのが、コンパクトクランクの導入。
コンパクトクランクを導入すると、ギアが軽くなるので上りは有利です。
現在、俺はノーマルクランク(アウター53T、インナー39T)で走っています。
コンパクトクランクに変えると、アウター50T、インナー34Tになり、ギア比も低くなる上クロスレシオになるはずなので、効率的にギアが使えるのではないかと考えてみました。

エクセルでギア比を計算してみた結果が以下の表になります。
c0001632_1483716.jpg

ノーマルクランクのオレンジの部分が、現状よく使っているギア。
黄色は追い風や調子のいい時に使うギアで、赤が基本使用してはならないギアになります。
(アウターロー、インナートップはたすき掛けになるので効率が悪い。)

コンパクトクランクに変えたと仮定して、この部分がどうなるのかを比較。
見ての通り、よく使うオレンジの部分が広がっています。
特に登りで使うインナー側の幅が大きくなっているのに加え、インナーローもかなり軽くなります。
そうなると上りでは明らかに有利です。

問題は平地と下り、ギア比が軽くなると当然最高速は落ちます。
ただ現状、53T×13Tはほぼ使いません。この前の道志の下りでも踏むことはありませんでした。
まして平地での巡航を考えても、追い風で53T×15Tを踏むのがいいところ。
それ以上は俺の脚力がついていきません。ましてレースに出る訳でも無いし・・・

そんな俺の貧脚を考えると、ますますコンパクトクランクにすべきと思えます。
表を見る限り、50T×14Tで十分そうですし。
問題は下りのストレートで安定したい時に、敢えて重いギアを踏みたい時ぐらいですかね。
後は足が成長した時に物足りなくなる可能性も。まあその時はノーマルに戻せばいいことです。

ちなみにヴェローチェのコンパクトクランクのお値段は2万円。
それに工賃やチェーンを込みで考えても25000円程度。
急ぎはしませんが、夏ボ辺りで考えてもいいかもしれません。

③の股ずれに関しては、ウェアを新調するのが一番早いです。
今気になっているのが、パールイズミの「コールドブラック」という素材。
この7分丈ビブ(やはりロングライドにはビブか?)と、UVカットの長袖ジャージを考えてます。

夏でも長袖?と思うかもしれませんが、日焼けは疲労を促進するとのこと。
確かに日焼けするとしんどいような気がするし、体に良さそうではありません。
よって、今年から自転車で日焼けするのはやめることにしました。
なので敢えて長袖にして、日焼けを防止しようと考えてます。
素材にもよりますが、下手な半袖よりも涼しく感じるはずです。

最後はホイール。色々考えているうちに欲しくなってきました。
c0001632_1439379.jpg

c0001632_1439538.jpg

とはいえホイールは相当高く、写真のレーシングZEROやシャマルウルトラだと15万円コース。
下手なロードバイクが1台買える値段です。
その分性能も折り紙つきなので、めちゃめちゃ欲しいですけどね・・・w

ただ俺の目的はあくまでもロングライド。ヤビツでタイムを縮めたい訳ではありません。
なのでここまでの投資がいるのか?と言われれば疑問です。
例えば8万円クラスのホイール(ゾンダやレーシング3)でも、今と比べて400gは軽くなります。
そうなると走りは大分変わり、ロングライドも楽にらしいです。

もちろん、俺の肉を落とすことが一番楽になります。ただなかなかうまくいきません。
根性論でいくと、一体いつになる事やら・・・
その間にへたれてしまっては何の得にもならないので、ホイールに頼るのも一考かと・・・
ただロングライド時の耐久性を考えると、手組ホイールという選択肢もあります。
手組ホイールは耐久性もあり、メンテナンスもしやすく、トラブルに強いのでロングライド向きです。
まあホイールは急いではいないので、自転車屋さんとも相談しつつ、じっくり考えたいと思います。

自転車に乗れないのは辛いですが、色々と妄想するのも楽しいです。
早く体調を整えて、自転車に乗りたいですね。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-05-07 14:45 | 自転車

また休みの時に・・・

釣りに行ってから以降、どうも風邪を引いたっぽいです。
最初は喉から来たので黄砂かと思いました。
喉は1日で痛くなくなったのですが、とにかく体がだるくて気力がおこりません。
よって今週末は自転車どころで無く、体調を整えるのが先決となりました。

半年前の1週間休暇の時もこうなったっけ・・・
この時も週の頭の情報処理試験で風邪をもらい、数日体調が悪かった記憶があります。
なぜ今回のG/Wや1週間休暇の時に体調不良が重なるのか・・・

仕事の日が少ない分、どこか気が抜けているのかもしれません。
だから体調を崩すのでしょうか。後は単純に季節の変わり目という事。
こうならない為に自転車に乗っているはずなのですが、なかなかうまくいきませんね。
俺も若くないということでしょうが、自転車に乗っているからこの程度で済んでいると思いたいです。

こんな時は読書だの、自転車のパーツの情報収集だのをしています。
読書は小難しいビジネス書とか禅ではなく、久々に小説を読みました。
読んだのは太宰治の「人間失格」と竹内真の「自転車冒険記」という本。
「自転車冒険記」は小学校を卒業した少年が東京から大阪に行く事を計画する話。
やはり自転車は切り離せませんね。読んでたら熱海に行きたくなりましたw

「人間失格」は言わずと知れた名作。なぜか興味を覚えたので読んでみました。
思った通り、重い話でしたが引き込まれるように読んでしまいました。
この話は、人のいい人間が気を使いすぎることにより精神崩壊していく話。
これを書いた3ヶ月後に自殺する著者の自伝といった感じもします。

人間がみんなどこかしら持っている弱い気持ちや恐れの描写が秀逸でした。
なので、気持ちに共感できる部分が多かったのも事実です。
久々に小説を読んでみましたが、読んで良かったですね。
ビジネス書や新書ばかりでなく、たまにはフィクションもいいものです。

来週からは自転車に乗れるよう、しっかりと養生しましょう。
明日には外に出歩けるぐらいにはなりたいものです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-05-07 09:33 | 雑記

高滝、雨、ノンキー、黄砂・・・

昨日は今シーズンの初釣行で、高滝ダムへ行ってきました。
雨は降る上寒い中、何とかノンキー1本を釣り坊主は免れました。
同行した凄腕の先輩は7本。他のいつものメンツもそれぞれ1~2本は釣っていました。
それもスピンムーブシャッドだの、ラバージグだの、キャロだの、色んなので釣ってましたね。
まあ、皆さん魚をさわって良かったという事で・・・

今回も朝2時半に起きて重いバッテリーやエレキ、アンカーを準備し3時に出発。
朝5時半から、時折雨が降る中夕方17時半まで12時間釣り糸を垂れてノンキー1本を釣り・・・
その後カープ君の運転で高速を抜け、帰ってきたのは22時前。
そして黄砂にやられたのか、翌朝も喉がイガイガしている・・・

この前の河口湖サイクリング(190km)よりも、ある意味過酷に感じました。
体力的にこそサイクリングの方がきついが、あれは6時出発の17時帰宅で済みました。
3時出発、22時帰宅よりは個人的には楽です。
まあ発想そのものが御理解頂けないとは思いますが、その辺はご了承を・・・

3~4年前はよく一人で釣りに行っていましたが、あの頃の情熱は正直言ってありません。
あの頃は行き先も霞や北浦・・・我ながら若かったし時間もあったんですね。
当時は3交代勤務をしていたので、時間に余裕があったので平日釣行も可能でした。
だから夜中に準備するのも苦では無かった感覚があります。
それが今や、自転車に魂を持って行かれたお陰でこの有様です。

ではなぜ俺は釣りに行くのか?
結局、自転車でも釣りでも、「自然の中に身を置く」のが俺は好き。
というのが俺が導き出した結論です。その為に自転車や釣りという手段が必要なのでしょう。
自転車でも峠道や海へはよく行きますが、都心には近付きたくもありません。

こんな奴なので、たまには自転車に乗らずに釣りで湖上に1日浮くのもいい気分転換になります。
そうでないと、違う角度から物が見れない分、自転車でも詰まってしまうでしょう。
まさに、「休むこともトレーニングのうち」というやつです。
なので、今後も釣り部に乗っかる形で、細々と釣りは続けていくつもりです。
自転車に魂を売った為、先輩の車に乗っけてもらう形になりますが、そこはご勘弁を・・・
しんどかったけど楽しい1日でした。次はもう少しいいサイズを釣りたいですね。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-05-04 07:00 | 釣り

河口湖グルメツアー?

c0001632_19575843.jpg


G/W前半戦の真ん中、天気も良かったので河口湖へ行ってきました。

c0001632_19584137.jpg


もちろんこれで。

バス釣りのメッカに、まさか自転車で行くことになろうとは思いませんでした。
ちなみに今日の行程はこんな感じです。

c0001632_19595537.jpg


津久井→相模湖→雛鶴峠と行き、

c0001632_2004289.jpg


峠の茶屋で焼きたてのお饅頭を食べ、

c0001632_201184.jpg


河口湖ではとらやの羊羹を食し、

c0001632_201451.jpg


山中湖経由で道の駅どうしに行き、ソフトクリームを食し、
(この辺余裕が無かったので写真なし。)

c0001632_2023248.jpg


津久井で再びとらやの羊羹を食べて帰ってきました。
とらやの羊羹、相模大野の伊勢丹で1個210円。
俺はとらやの回し物では無いが、嫌みの無い甘さでめちゃめちゃおいしいです!
1個210円と他の羊羹に比べると高いが、補給食よりも安い上うまさは段違い。
これを食べるともうスーパーの羊羹や、まして補給食になぞ戻れないですね。

話が羊羹に逸れてしまいました。本日の走行距離は192km。
なぜこんなに走ったかというと、募金をする為に加え、自己の限界に挑戦したかったから。
当然自己記録は大幅に更新。どうせならば200kmに届かせたかったがこれが限界。
さすがに今日は疲れました。特に腰の張りがひどいです。

本来は西湖へ行こうかと思っていましたが、河口湖が限界でした。
道中の雛鶴峠に加え、139号線の上り坂が執拗でしんどいこと・・・
それに加え富士山から吹き下ろす向かい風。河口湖に着いた時はすでにヘロヘロ。
なので西湖に行くどころか、河口湖を1周する余力すらありませんでした。

帰り道の平坦部分で距離を稼ぎ、200kmにすることもできたが敢えてしませんでした。
今回見えてきた課題を克服すれば、西湖まで行けた可能性は高いです。
だから帳尻合わせで200km走るのもねえ・・・と思ったからです。

ちなみに課題・・・200km近く走ったことで大分見えてきました。
まずは上り坂の走りかたの見直し。
シッティングを多用したせいか、帰り道の道志は腰の痛みとの闘いでした。
もう少しダンシングも織り交ぜ、楽に且つ速く登るべきでしょう。
シッティングの要領だとか、そもそもの乗車フォームとか、課題は多そうです。

そして機材。下り坂のハンドルの問題は解決しました。
解決策は、自転車屋さんにハンドルの角度のセッティングを変えてもらったこと。
下り坂の恐怖感と、下ハンブレーキ時の指の痛みがほぼ無くなりました。
お陰で下り坂が楽しくなってきました。道志の下りは本当に楽しかったです。
いつでもブレーキをしっかりと掛けることのできる安心感は大きいですね。

ただ見えてきた課題はギア比とタイツ。
俺は冬物以外は安物のタイツを履いています。
100km程度ならば全く問題ありませんでしたが、200km近く走るとさすがに股ずれしました。
安物のタイツはパットが違う為、役不足だったのでしょう。
200kmも走るとなると、それなりの物でないとダメなんでしょうね。

次はギア比。山ではアウターローの使用比率が高い気がしました。
ただアウターローはチェーンの掛かり具合がクロスになる為、本来使用すべきでない組み合わせ。
しかも平地で使うギアも、よくよく考えてみると限られてます。
となると・・・俺の貧脚に合うセッティングが存在する気がします。
特に山を走ることを考えると、ワイドレシオなギア比でもいいのかもしれません。

あとは事前の調整方法も考えもの。
実は前日、今日の足慣らしとして50km程走りました。
ただ平地で無く三増峠に行ってしまったので、その疲れが若干残っていた気がします。
峠で足慣らしは、今の俺の脚力を考えると無謀だったのかもしれません。
なので平坦なところ(江の島とかサザンビーチとか)を選ぶべきだったのでしょう。

さすがに192kmはごまかしが効きませんね。いい勉強になりました。
これで今月の走行距離は770km強。これも月間記録更新です。
今日の分も含め、赤十字社への募金は9102円になりました。
(という事は、3月末から910kmも走ったということです・・・アホか。)
俺のやったことの意義はともかく、少しは被災者の方の役に立つといいですね。

ちなみに本日の消費カロリーは5900kcal、走行時間は8時間43分。
休憩等もあるので、朝6時に出て、帰ってきたのは夕方の5時。
自転車に乗って、11時間もウロウロしていたことになります。
とにかく常識外れな数字が並んでますな・・・w

俺も少しは人ができないことをやれるようになってきたのかもしれません。
まあ、たちの悪いバカの可能性も非常に高いですが・・・w
何はともあれ、とらやの羊羹、コーラ、饅頭、クリームパンなど、甘い物をよく食べた一日でした。
だから何とか家に帰りつけたのかもしれません。

次の目標は当然ながら200km。この距離も現実的になってきました。
もっと楽に走れるよう、色々な面を考えていきたいです。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-04-30 20:44 | 自転車

猫と海と羊羹

c0001632_18265297.jpg


ここのところ、休みと雨の日がリンクし2日ほど自転車に乗れませんでした。
しかし今日は雨上がりの快晴といい天気。
風向きも追い風と絶好の条件だったので、観音崎まで行こうかと自転車に。
ただ途中調子が良かったので、城ケ島まで距離を延ばすこととしました。

雨の間ローラー台に乗っていたお陰か、それとも昨日ビールを飲まずに寝たお陰か、はたまた土曜日に乗らなかったお陰かは知りませんが、今日は不思議と調子が良かったですね。
追い風という事を差し引いても足がよく回った気がします。
そんな感じだったので、城ケ島に着いた時もいつもよりも楽な感じがしました。

c0001632_18331769.jpg


城ケ島公園でこんな雄大な海を見ながら、羊羹を食べて休憩。
こんな海を見ていると、細かい事などどうでもよくなりますね。
ちまちまと細かい事を考えがちの俺にとってはいい気分転換です。

ところで、最近ロングライドの際には羊羹をポケットに忍ばせています。
いろんな補給食を試してみましたが、自転車用はとにかくまずい・・・
ということで、ロングライドのお供はCCDドリンク+羊羹に落ち着きました。
この組み合わせが一番です。羊羹は保存もきくから買いだめておけるうえ安いし。
羊羹にももっとこだわっていきたいですね。

そんな休憩の合間に、公園を散策して猫を写真に収めてきました。

c0001632_18344258.jpg

c0001632_18363039.jpg


猫は何をやっててもかわいいですね。どんどん「猫バカ」と化してます。
俺個人的には飼いならされた猫もいいが、こうした公園とかにいる野良猫の方が好き。
動物でありながら、自分の尊厳をもっているのがまた素敵ですね。
まあ、猫はそんなことは絶対に考えていないでしょうが・・・w

もっと猫を写真に収めたかったですが、この2頭しか見つけられませんでした。
まあ、快晴の日の真昼間なんか、木陰で寝ているでしょうからね。
猫たちに癒されてから城ケ島を出発。逗子→鎌倉→江の島経由で帰り124km。
今日も結構走りましたが、まだいけそうな感じもしました。

なので帰り道もいつも流す境川ではなく、アップダウンがある環状4号経由で帰還。
体が動くがゆえに心拍数がなかなか下がらず、クールダウンさせるのに苦労しました。
家に帰ったらさすがに疲れが出ましたが、今日ならば熱海まで行っても全然大丈夫だったと思います。

さすがに今月は大分乗っているので、少しは調子が戻ってきたみたいです。
山中湖や熱海、箱根なんかに行った後に、こんな感じだったらいいですね。
ただ体重は83.1kgとほぼ横ばい。これは元の水準に戻るのに2カ月はかかりそうです。
1か月に-1kgが無理の無いダイエットといいますからね。
いい感じで乗れてきたので、G/Wにさらに乗り込みたいと思います。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-04-24 19:38 | 自転車

ねこと自転車

c0001632_17452973.jpg


今週の土曜日は足慣らしにサザンビーチまで60km。
今日は猫とひなたぼっこしに丹沢まで行ってきました。

c0001632_17554174.jpg


まあ猫が現れたのは偶然ですが。それにしても気持ちよさそうに昼寝してました。
丹沢に行ったのも久しぶりです。釣りでは何度か行きましたが、自転車では初めて。
ここ独特の、何とも言えないのどかさがいいんですよね。

基本246を使い、丹沢まで往復で128km。久々に1日の距離が100kmを超えました。
その割には(アミノバイタル+追い風効果で)調子もよく、気持ちよく走れました。
道中善波峠等のアップダウンもありましたが、足も売り切れずに持ちこたえたみたいです。。

ただ久々に100km走ると、色々な問題点も見えてきました。
まず首はかなり痛かったです。レスプロのマスクは必須なので仕方ないですが・・・
ヘルメットを軽い物にして対策してもいいのかもしれません。
そしてハンドル。やはり下ハンが遠くて下り坂で疲れます。
これも対策ポイントかもしれません。

サドルに関しては可もなく不可も無くという所。
ただ圧迫感は若干あるので、穴あきのサドルの方が俺には合っているのかもしれません。
もしくはアリアンテでも中央部に溝が入っているバーサスシリーズにするか・・・
この辺もおいおい考えていきましょう。

これで丹沢も制覇。あと神奈川で行っていない所は横浜・川崎と秦野の峠ぐらいか?
横浜・川崎は都会だからあまり近寄りたくありません。
正直、走っていてストレス溜まりそうですからね。お盆辺りがチャンスかもしれません。
お盆ならば都心はゴーストタウンと化しますからね。自転車も走りやすいかもしれません。

秦野の峠はいずれ行くつもりです。面白そうな峠も多いし。
ここに行けば、神奈川はほぼ自転車で行きつくした事になりそうです。
そこで最近興味を覚えているのが輪行サイクリング。
電車で自転車を運び、旅先でサイクリングをしてみたいです。

その為に折りたたみ自転車を買うか、それともロードレーサーを輪行するか・・・
まだ考えはまとまっていませんが、見聞を広めるためにも是非やりたいです。
やはり自転車で走ると「こんな所もあるのか。」と勉強にもなるだろうし。
色々と考えながら、楽しく乗っていければいいですね。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-04-17 18:11 | 自転車

大垂水越え

c0001632_1841451.jpg


今日はお休み。前日の雨の残りが懸念されたが、強風ながらもいい天気になりました。
そこで、帰りに向かい風となりそうな南を避け、体力があるうちに向かい風を凌ぐ為北へ。
最近自転車の行先を考える時、こんな知恵がついてきました。
ただ北方面は先週宮が瀬→津久井に行ったばかり。さてどうしましょうか・・・

という事で、以前から機会があれば行ってみようと思っていた大垂水峠へ行く事にしました。
今日は平日だし、甲州街道の車の通行量も少なめかな?というのが狙い。
休日の大垂水峠は、車が多そうなイメージがあります。
なので行くならば平日かな?と思った訳です。

津久井の麓まではいつものルートで行き、その後高尾経由大垂水峠へ。
大垂水峠は勾配はそれほどでもありませんでしたが、距離が長かったです。
調子が良ければそれなりのスピードで登れそうな峠ですね。

ただ今日の俺はそんなに調子が良くなく、インナーローまで投入する始末。
まあ近頃無理をしない事を心がけてますから、とりあえずはこれでいいでしょう。
去年の12月に、山中湖やら箱根やらに行っていた時の体力はまだ戻っていません。
2月、3月のブランクは大きいですね。少しずつ乗って行くしかありません。

そんなこんなで超えた大垂水峠。
斜度がそこそこで距離もあり、トレーニングにはもってこいの峠ですね。
ただ近辺に三増峠や土山峠がある為、行く頻度はそちらが高くなりそうです。

c0001632_1852211.jpg


峠を越えた後は相模湖公園で一休みしつつ昼食。
ポカポカ日よりで気持ち良かったです。途中緊急地震速報は来ましたが・・・

相模湖を出てからは津久井経由で帰宅。
行きの向かい風のせいか、日曜日の疲れがあったのか、帰りもペースはあがりませんでした。
こんな時もあります。なので三井や相模原公園の坂を避けて平坦なコースを選びで帰宅。
ヘロヘロで首も痛かった(レスプロのマスクをして長距離乗ると痛くなります。)けど楽しかったです。

本日の走行距離は81.7km。少しずつ距離が延びてきました。
今週末辺りそろそろ100km越えかな?
ただ花粉、地震の影響はまだまだ続きそうなので、無理は禁物です。
まずは小田原か観音崎、そして花粉が落ち着いたら道志やヤビツもありでしょう。
体力や体重を戻して、その後もしっかりと乗りこんでいきましょう。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-04-12 18:54 | 自転車

今年の花見サイクリング

今年もようやく桜が満開です。
という事で、自転車に乗りがてら花見をする事にしました。

c0001632_2015532.jpg


まずは瀬谷の海軍道路。旧海軍の滑走路後が2kmぐらいの直線になっています。
その両サイドに桜並木があり、この辺では有名な桜スポットです。
桜のトンネルが2kmも続くなんてここぐらいのものでしょう。綺麗でしたね。
その分人も車も多かったですが・・・まあ仕方ないです。
それにしても、2kmも桜並木を作るなんてよく考えましたね。

海軍道路を抜けてからはいつものごとく環状4号へ。
午後から選挙にも行きたかったので、今日は八景島どまりとしました。
(桜といえば湘南平ですが・・・去年クロスバイクで挑み腰を痛めたので自重)
人が多そうな海の公園を避け、野島公園で休憩。

c0001632_20201977.jpg


都会的な海の公園よりも、ここの方が静かなので好きです。
漁港から出船していく釣り船とかの情景がのどかでよかったです。
その後朝比奈→小雀のルートを通っていると、目の前で先行していたサイクリストが落車しました。
信号の手前で歩道に乗り上げようとして、段差に車輪を取られたみたいです。

俺が後ろから来ていた事に気付いて、道を開けてくれようとしたのでしょうか・・・
後ろから見ていた限り、あまり乗りなれていないような感じに見受けられました。
歩道に乗り上げようとした時も斜めに行っていたし・・・
これは自分も経験があるが、ロードバイクでは非常に危険です。
前のサイクリストが歩道に乗り上げようとした時、思わず「危ない!」と言ってしまいました。

落車した後、「大丈夫ですか?」と声掛けに行き無事を確認しました。
人、自転車とも、大した傷は無さそうだったのでよかったです。
こんな事になるのならば、俺はどこかで強引に抜かすべきだったのでしょうか・・・
まあ後続の俺が考えても仕方ありませんね。無事でなによりでした。

ただ、明日は我が身です。改めて気をつけなくてはと思いました。
俺みたいなヘタレでも十分なスピードが出るので、安全運転が何よりです。
ロードバイクに乗る時、常に気をつけているお陰で、注意力は大分上がった気がします。
歩いていても人にぶつからなくなったし、相手の行動が少しは読めるようになったし。
ただ油断は禁物。ロードバイクはちょっとした油断が大事故に繋がります。
なので俺も改めて注意しなくては、と思った出来事でした。

その後は敢えて混んでいる境川へ。
ここに行った訳は、湘南台を少し超えた所にある桜並木。

c0001632_20451570.jpg


ここの桜も綺麗です。案の定人もいっぱいいました。
今年は特に自粛ムードがあるので、みんな近場で済ませるのでしょう。

c0001632_2111925.jpg


ここの桜のトンネルも綺麗でした。
この後は7台ぐらいのロードバイクがトレインを組んで流していたので、それに付いていき終了。
いいクールダウンになりました。

本日の走行距離は71.6km。なかなかいいサイクリングでした。
やっと暖かくなってきたので、次辺り山を含めたロングライドかな?
丹沢、奥多摩、山中・・・候補地はいくらでもあります。
そろそろ100kmぐらい乗って、体力を戻して行く事にしましょう。
[PR]

# by YRV9985-2450 | 2011-04-10 21:05 | 自転車