現場復帰

いつも病気の話ばかりでもなんなので、少し他の事とも絡めた話を…

術後初めてSKE48の現場に足を運びました。といっても映画館ですが。
新百合ヶ丘の映画館で大矢真那卒業コンサートを中継するとの事なので、近くだし、何かあっても映画館だし、現場で全力コールして体力使うわけでもないし、久しぶりのライブだし、という事で復帰にはちょうどいいかな?と思い行ってみました。

俺の中では術前に千葉に行き、あまりにくそ可愛い狼とプライドに勇気を貰って以来のライブ。
今回は映画館でしたが非常に楽しかったです。ライブや公演に行きたくなってきました。

それはさておき。問題は体調の方。
普通に仕事しているので、上映中の2時間ぐらいは体力的には問題なく、家には普通に帰れました。
ただその後、ゴルフを見ながらウトウト…やはり疲れやすくなっているのでしょうか。
それともライブでアドレナリンを消費したせいでしょうか?

この分だと名古屋に行ったり、握手会で千葉に行ったりする場合はコートリルの頓服が必要か?
そもそも、コートリルの頓服は積極的に使用するべき事なのか?出来る限り抑えるべき事なのか?
様々なケースを想定しつつ、主治医とも相談しつつ試行錯誤していくしか無さそうです…

そして今。普段もたまにあるのですが、尿崩症の喉の渇きに耐えてます。
ひたすらお茶と水を飲んでいる状態。この1時間で1ℓ以上の水分を取ってます。
で、30分に1回の割合でトイレに行き、また渇くので水分を取り、の繰り返し。
薬が飲めるまであと40分。これも耐えるしかありません。

尿崩症は動いた後に症状が出る事が多いような気がします。
会社でも集中して仕事している時とかは、喉が渇くような気もするし…

薬を飲むのを忘れかけるぐらい調子がいい日もあるのですが、今日のように明らかに切れる日もあります。
これはコートリルもそうで、日によって効き方が違います。
その原因が何か、どんな時に効かないかは俺もよくわかっていません。

尿崩症の場合、「薬が切れている時間も必要 」らしいので、これはこれでいいのかもしれませんが…
まあ今日のライブ上映中の2時間は落ち着いていたので、これは問題ないでしょう。
問題は夜公演に入る場合どうなるか。薬の効果が今頃切れていると、ちょうど夜公演の時間帯です。
そうなると水分を取り続けないと脱水になるのでキツイ。
劇場公演中は水分を取れないので、ミニリンメルトを先に舐めて耐えるべきか…

色々これから試す必要はありそうですが、まずは一歩前進です。
このまま釣りや運動にも復帰していけるといいですね。
そのためにも自分の状態や症状等、勉強を続けていきたいと思います。

[PR]

by yrv9985-2450 | 2017-09-24 20:23 | 闘病記 | Comments(0)