冬になっての変化?

昨日は今年最後の通院日。以前疑問に感じたことを色々先生に聞いてきました。

まず甲状腺ホルモン。
最近寒がりになった事や風邪を引きやすくなった事を伝えると、次詳しく検査してみる事になりました。
毎回30分安静の上採血を行い様子は見ていますが、今回もやはり正常値。
こういうのは自覚症状が大事らしいので、疑問に思ったことはとにかく伝えた方がいいそうです。
なお「正常値の中で術前から値が下がっている」というのは、あり得る話だとは言っていました。

そして男性ホルモンの方は、昨日から注射が週1回(月曜)→2回(月、金)に増えました。
こちらも別に異常値では無いですが、先生によると週3回の注射がポピュラーなやり方との事。

確かに日によって、「今日は静かにしていたいな…」とか、夕方のガス欠を感じる日があります。
この原因も何なのか今一つ分かりませんが、男性ホルモン(テストステロン)が活力に係わるのも事実。
なので1回増やして様子を見ましょう、という事になりました。

という事で昨日、家に帰ってから早速注射。だいぶ慣れてきましたがめんどくさいです。
特に「ゴナトロピン」という男性ホルモンの元となるものは、注射針で打つしかありません。
その準備でアンプルから薬剤を作るのが結構面倒です。これで10分ぐらい時間が取られます。

準備さえできれば、後は度胸で打つだけなんですけどね。
これも日によって痛さが異なり、どうすれば痛い、痛くないが変わるのかも分かりませんが…

ただ男性ホルモンの薬は高い。特にゴナールエフ。
昨日処方量が増えた分、薬価がひと月分で遂に2万円を超えました。
来年から医療費控除の確定申告が必須ですね。めんどくさいですが仕方ありません。

考えれば考えるほど、まだまだ分からないことばかりです。
またどうやら、冬になった事で色々顕在化してきた事もあるようです。
特に寒がりになったのは対策が必要そうで、暖房器具やダウンジャケットの購入も考えてます。
とにかく、体調最優先で気を付けていきたいと思います。

[PR]

by yrv9985-2450 | 2017-12-23 12:07 | 闘病記