チャンピオンの底力?

釣り部第8戦という事で、今日は亀山ダムまで釣りに行っていました。
いつもの面子ではあるが、野尻湖マスター他1名が家庭の事情(家庭持ちはいろいろと大変だから・・・)で泣く泣く欠席。
(最近なかなか6人揃わないのよね・・・仕方がないが少し寂しいものである。)
それに加えて凄腕の先輩が合流する事になり、計5人での釣りとなりました。

ちなみにチャンピオンは昨日会社の飲み会で遅くまで飲んでいたらしくかなりグロッキー。
行く時も「眠い!」を連発してテンションもかなり低めだったのだ。
(何せ朝3時出発で夜の10時過ぎまで飲んでいたらしい・・・チャンピオンも大変である。)

そういう俺も遅番明けで睡眠時間は実質40分!!
この記事を更新している今でさえ、昨日の昼の13時前に起床して以来睡眠時間累計2時間弱(帰りの車内と釣り中に若干寝たのではなく落ちた・・・)の状態である。
ユンケルがないととっくにくたばっているのは間違いない。
(逆に言うと毎度の事だが、ユンケル顆粒は凄い薬だな・・・)
こんな事では日頃睡眠時間を削りまくっている師匠の心配どころではないな。
そういう話ではないが、師匠にも今度ユンケル顆粒を進めてみるかw

さて、妙なテンション及び決定的な睡眠不足の為大分脱線してしまった。
釣りの話に戻りましょう。
朝の5時に現地へ到着し、5時半に起床。そして準備開始。
みんな釣りバカと言っても差し支えないので、準備をしているとどんどんやる気満々モードにw
何だかんだ言いつつ、6時半に出艇する頃にはテンションもMAXである。
早速ボート屋さんの近く(そこはまた実績ポイントでもある。)で釣りを開始する。

3分後。
チャンピオン早速1本目をGET!
しかもHITルアー、先日俺が神田のGillで購入してチャンピオンに届けたIK-180!!
この人さっきまでグロッキーだったのに早速1本釣りよったよ・・・なんて人だ!
あっけにとられる他3人(俺含む)のかめさんチーム。
やはりルアーを信じるのって大事だね。
チャンピオンは今江信者(今江プロのルアーや竿が好きな人)なので思い入れも人一倍である。
(ちなみに凄腕の先輩もそう。)
俺もIK-180、買ってみようかな?

その後もチャンピオン、本当に昨晩遅くまで飲んでいたのか?といわんばかりの絶好調ぶり!
いくらアリナミンを飲んだとはいえ・・・凄いものである。
行った先のポイントで狙い通りのハンハンジグ(本人曰くラバージグだそうだw)でGETしたり・・・

極めつけは昼下がりの事。
俺らはあるポイントを狙っていたのだがノーバイト。
よって俺らはそこをあきらめて移動。
そこへチャンピオンが「ハイエナ~♪」との掛け声とともに登場し、俺らが散々狙っていたポイントを打つ。
すると・・・いきなり一投目にHITするではないか!!
結果、チャンピオンはそこで30cmのバスをGET!
今までそこで散々粘っていた俺らはなんだったのだろう・・・

ここまで来るともう手がつけられない。
と言う事で、最初から最後までチャンピオンの一人舞台で終わってしまいました。
結局チャンピオンは32cmを筆頭に5本のバスをGETし、見事リミットメイク!
俺ら(かめさんチーム)は3人で3本。(うち1本は参考記録)見事に完敗である。
(ちなみに凄腕の先輩は今回も苦戦し34cm1本のみ。)
3人束になってもチャンピオンに敵わないんだもんな。
そして総合ポイントでもウサギさんチームが見事逆転!
やっちゃいましたね・・・参りました!

さて、チャンピオンの話はさておき、お前の釣りはどうだったんだ?というと・・・
結果から言います。36cm1本GET!
見事ビックフィッシュ賞を獲得し、なんとかチャンピオンに一矢報いる事ができました。
(ただ全然引かずに重いだけだったので、最初は枝だと思った。)
HITルアーはSD-75というワームのスプリットショット。
ちなみにこのワーム、IK-180と同じくIMAKATUのルアーである。
IK-180を買いに行った際に、スプリットになかなか良さげだなと思い購入していたのである。
結局俺も今江プロに助けられたということか。
この1本がなければあわや完封試合になる所だったからね。
それにしても色々とネタがたっぷりの釣りだったので、ここで数点披露します。

通常魚を釣り上げた場合、釣り部公式ルールとしてメジャーでサイズを測り、そのサイズを公式に釣った魚としてサイズで競う。
が、かめさんチームの一人がバスをGETしたのだが、サイズを測らずにリリースしてしまったのだ!
痛恨のミスであるが、これには同情できる部分も多々ありまして・・・

そのバスをHITした際、バスに針を飲み込まれていたのだ。
当然、針を飲ませたままリリースする訳には行かないので外してあげてリリースする訳である。
が、その針がなかなか外せずにいた為に、外れた後にほっとしてリリースしてしまったのだ。
バスフィッシングの大前提としてキャッチ&リリースというのがあるのは周知の通りなので、デッドフィッシュにはしたくないからね。
焦る気持ちもよく分かる。俺にも痛いほど経験があるし・・・
仕方ない事だが、サイズが分からないので参考記録となってしまったのである。
だが、例えこれがちゃんとカウントされていたとしてもチャンピオンの一人舞台は止められなかった訳であるが・・・

後は、俺らの船のバッテリーが瀕死の状態になって足漕ぎのスワンボートに抜かれたり・・・
しかもその際、スワンボートに乗っていた兄ちゃん達に「バッテリーよりも速いぞ!」とか言われてたし。
オールで漕いで追いかけてもよかったが、そんな競争しても大人気ないし第一恥ずかしいので何もしなかったけどね。
バッテリーが瀕死になったのもポイントを探しての結果なので仕方ないし。

それと・・・今年も出ました、亀山のアヒル!
(去年は坊主で失意の片づけ中に馬鹿にするかのように突っつかれた!)
こいつら、人にかなり慣れているらしくて3羽でお菓子をせびってきやがる!
一緒に乗っていた先輩がじゃがりこをあげて遊んでいたのだが、ガアガア鳴きながら次々にお菓子を要求してくるのだ。
それも1回追っ払ったら、なぜか行く振りをしてしばらくしたら3羽して話し合いでもしていたかのようにUターンしてきて近づいてきやがる・・・w
こいつら、人間をナメテやがるw
頭がいいというか、妙な知恵が付いたと言うか・・・
先輩もしばらくはえさ(じゃがりこ)を上げていたが、しまいには「お前らローストチキンにして食うぞ!」と言っていたもんなw
ここのアヒルはどうして賢い(というか小賢しい!)んだろうね。
ちょっと笑ってしまいました。

しまいには帰りの保土ヶ谷バイパスで運転していた同僚と元同じ係だった後輩が偶然横の車線を彼女連れで走っていたりして、なんかいろいろあった釣りでした。
が、主役は間違いなくチャンピオンだったね。
そして俺らは引き立て役・・・なぜかいつも収まる所に収まってしまうのはなぜなんだ?
チャンピオンみたいにいい釣りがしてみたいものだ。
いつも坊主脱出でいっぱいいっぱいになっているからね。

ところで、釣りの最中に風が吹いたりしたら肌寒い季節になってきました。
こうなるともうすぐ今年の釣りシーズンも終わりかな?と実感してしまうね。
去年の今頃の坊主地獄(今年の4月まで続いた)を考えたら、一応1本はコンスタントには獲れている今の状況は贅沢な状況なのかもしれないけどね。
今年はあと何回釣りに行けるのかな?
(冬に釣りに行けなくなる訳じゃないが、釣れ難い・・・やり方がない訳じゃないけど。)
釣り部も来月の最終戦を残すだけだし。
今年の内にもう1本ぐらいは40UPを釣ってみたいね。
[PR]

by yrv9985-2450 | 2006-10-21 23:19 | 釣り